2009年05月09日

荻窪『高橋の酒まんじゅう』は、一品で勝負できる逸品

090509_01.jpg 090509_02.jpg
JR荻窪駅

暫くご無沙汰していた荻窪までやってきた。土曜日の午前中からワザワザ乗り込んだ訳は、お昼過ぎには売り切れてしまうほどの評判を呼んでいる「あるもの」を購入するためである。

090509_03.jpg 090509_04.jpg

荻窪駅北口から天沼八幡通りを歩くいていくと

090509_05.jpg 090509_06.jpg
高橋の酒まんじゅう (和菓子 / 荻窪)

程なく到着するのが『高橋の酒まんじゅう』さん(詳しい場所は上部リンク先を参照)。「名は体をあらわす」の言葉通り、同店は酒饅頭の専門店である。

饅頭とは小麦粉などの粉を捏ねて作った皮で餡を包み、蒸すか焼くかして作った菓子のこと。日本には奈良時代に中国から伝わったとされている。そして饅頭の皮を作る際、昔は膨張剤のようなものが無かったから米麹(こめこうじ)を用いて小麦粉を発酵させる技法が生まれた。米麹を用いての発酵は日本酒の製造過程にも通じるものであり、また出来上がった饅頭からも日本酒の香り(正確には発酵臭)がすることから、酒饅頭と呼ばれるようになり、現在に至っている。

現在では米麹を使わずに酒粕や日本酒そのものを利用して手軽に作る方法が一般的となっているようだが『高橋の酒まんじゅう』さんでは米麹を用いる昔ながらの製法を採用している。開店直後に訪れたにもかかわらず、近隣の方が自転車にて続々とお店に訪れては纏め買いする光景が見受けられた。

090509_07.jpg

同店の店内にはイートインスペースなどはなく、店頭販売のみ。よって購入した酒まんじゅうを手に駅ビル施設内のベンチまで移動。腰を下ろして包装を解くと…。

090509_08.jpg
酒まんじゅう(一個105円、写真は四個で計420円:税込)

艶やかな白い柔肌に包まれた酒まんじゅうと感動のご対面! ひとつひとつが薄いラップで包装されているので、焦る気持ちを抑えつつラップを剥ぐ。

090509_09.jpg

手にした感じは、一般的な酒饅頭よりはちょっと小ぶりで平べったい。ただ酒饅頭は地方によって様々な形状や製法があるので何をもって一般的と定義するかといわれると説明に難儀するが(笑)。

090509_10.jpg

そして手にした酒まんじゅうを割った時に驚かれるかもしれない。なぜなら皮がまるで餅でできているかのようにムチッとしているからだ。いや、極めてハイレベルな中華まんの皮のような感じだと表現したほうが適切か。それまで酒饅頭の皮といえば厚ぼったくて水分の無いバサバサしたものか、あるいは餡に辛うじて張り付いているような薄いものしか知らなかったとすれば、これは新たな発見となるであろう。

皮そのものの出来がよいし、餡も素直な甘さで喉を良く通る。日本酒の香りは仄かに漂う程度なので「酒の香りがプンプンするのが酒饅頭だ」と思っている人は戸惑うかもしれないが、自分は同店の酒まんじゅうを食べて「匂いの強い酒饅頭は後から意図的に香りを付け加えているのではないか?」と思った。自分のようにアルコールの苦手な人間は、同店のように匂いが強くないほうが有難い。なんだかんだで4つの酒まんじゅうをアッという間に平らげてしまった。

『高橋の酒まんじゅう』さんでは「皮が硬くなりましたら、焼いたり、むしたり、天ぷらにして、又一味違った味をご賞味いただけます」(パンフレットより抜粋)とアナウンスしている。これだけの製品なので、焼いても蒸しても天麩羅にしても美味しいであろう。だが、まずは店頭で買ったものを直ぐに味わっていただきたいと願う。

予約も受け付けているので、皆様もご賞味されてみてはいかが?


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 20:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 食:スイーツ・パン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次
Excerpt: 09年5月9日  土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・世襲とは{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・今日の気になる新聞記事{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) ..
Weblog: 護憲+グループ・ごまめのブログ
Tracked: 2009-05-09 20:10