2009年04月05日

大井町『永楽』さんのラーメンで、実力を再認識。

諸般の事情により浦安方面に遠征しての帰り道、大井町駅に降り立った。それほど腹が空いているわけでもなかったのだが、学生のころから見知っている店の近くまできたので衝動を抑え切れず、

090405_01.jpg 090405_02.jpg
中華そば 永楽 (ラーメン / 大井町)
写真左:外観 写真右:店内の様子

東急線大井町駅から直ぐ、「裏路地」という言葉が良く似合う(注:褒め言葉)東小路商店街の一角に店を構える(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『永楽』さんへ寄ることにした。同店は地元で長年支持を集めている老舗中華料理店である。またラーメンガイドブックへの掲載も多々あるなど、古くからラーメンに定評があることでも知られる。

090405_03.jpg
ラーメン(600円:税込)

同店のラーメンを特徴づけているのは、スープにタップリと浮いた焦がしネギ。ものの本によれば台湾のラーメンなどに見られる技法とのこと。

090405_04.jpg

その香ばしさが醤油ベースのスープを引き立て、美味しくいただける。昨今流行の動物系プラス魚介系の混合スープなどと比べるとシンプルなテイストであるが、それが逆に10年以上通っても飽きを感じさせない要因となっている。

090405_05.jpg

麺は名古屋名物きしめんのように平たく形成された珍しいタイプ。麺の湯で加減は自分が知る限り極限まで柔らかい部類に属する。湯で加減云々というよりも、その珍しい形状のせいで伸びやすい――というか熱が通りやすいのかもしれない。学生のころは少々不満だったが、年齢を重ねた今は「このスープには寧ろ、このぐらいの食感の方が合うかな」と思うようになった。

090405_06.jpg

090405_07.jpg

090405_08.jpg

具はチャーシュー、煮卵、モヤシ。なかでもモヤシは醤油ベースのスープの醤油臭さを消すのに一役買っている。また油通しをして焦がしたネギが浮いている関係で、他店と比べ油の印象が強くなる傾向にある同店のラーメンをサッパリと食べさせる役にも立っている。モヤシは意外と個性を主張するのでラーメンの具としては扱いづらい部分もあるが、個性の強さを逆に利用しているのは上手いと思う。

090405_09.jpg
完食!

気がつけば一杯完食していたことに、自分自身で驚いた。繰り返すが、それほど腹が減っていたわけではない。むしろ「若いころとは違うし、食べきれるかな…」と心配していたぐらいだ。それなのに完食できたのは『永楽』さんのラーメンが飽きずに食べられる味だからだろうか?いまさらながら同店の実力に感心し、その場を後にした。

なおご存知の方もいらっしゃるかもしれないが、同店のラーメンに関して「常連客から『ゴミラーメン』と呼ばれている」という都市伝説がある。スープに浮かんだ焦がしネギがゴミに見立てられたのが由来…とのこと。自分もこの記述を何かのガイドブックで読んだことがあるが、冒頭にも記したように、学生時代から通っているが店内でそのように呼称されているのを聞いたことが無い。真相をご存知の方、ご教授下さい。
m(_ _)m


永楽 [ ラーメン ] - Yahoo!グルメ





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 09:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:ラーメン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック