2009年02月14日

それとこれとは別問題――或る不法滞在問題に関して思ったこと

「娘残して帰れない」…国外退去確定の比一家、涙の会見
読売新聞

国外退去処分が確定となったため、在留特別許可を求めていたフィリピン人の埼玉県蕨市のフィリピン人夫妻と、長女のカルデロン・ノリコさん(13)。だが法務省が長女しか在留を許可しない姿勢を示したことを受け、三人は記者会見を行った。日本生まれで日本語しかできないノリコさんは「私にとって日本は母国。将来のためにも勉強を続けるためにも家族3人で残りたい」とコメントし、両親もまた情状酌量を訴えた。

090214_03.jpg
読売新聞より

事の発端は、今を遡ることおよそ15年前、ノリコさんの両親が、それぞれ他人名義のパスポートを使い日本に不法入国したことだ。2人は不法滞在発覚後の18年11月に強制退去処分を受け、処分取り消しを求めた訴訟も昨年9月に敗訴が確定している。一家は支援者らの力を借りて昨年11月に法務大臣に当てて在留特別許可を求める嘆願書を提出していた。

さて本件に関し、一家の支援者である渡邉彰悟弁護士がブログで意見を述べておられる。

カルデロン・アラン・クルズ一家に在留特別許可を!
http://blog.goo.ne.jp/izumibashilaw/e/79205ba093cc070798b5e603c4b39c49

法律の素人である自分が、合格には困難を極める司法試験をパスして弁護士になった方の意見に異議を唱えるなど恐れ多いのだが、ブログで述べられている主張で気になった部分があったので書いてみたい(以下、枠内は引用部分)。

1 現在の状況
行政及び司法の判断はカルデロン家族に対して退去を命じています。
しかし,私は,この家族の中の特に子どもについて,子どもの権利条約3条の「最善の利益」に照らして,日本での教育の継続こそが必要であると考えてきましたし,その考えは現在も変わりません。
~以下略~

だから「両親ともども日本に在留させてください」という主張だろうか? まぁ他人名義のパスポートを使い、過失ではなく故意に日本へ不法入国した両親は論外だが、たしかにノリコさんに罪は無い。よって未成年なのだから本来であれば両親ともども国外退去処分もやむなしであるところ、ノリコさんには温情措置が取られた。これは日本政府にすれば最大限の譲歩といってよい。

2 「法治主義」という言葉について

日本は「法治主義」国家なんだから帰ってもらうしかない,ということがよく言われます。

ただ,ここに言われる「法治」が,「法律」による支配のみを意味しているとすれば,その主張に対しては,日本における「法治」はあくまで,憲法・条約を含めた「法」によるものであることを私は訴えたいと思っています。だからこの家族のことを考えるときに,子どもの権利条約が定めている子ども権利に対する最大限の考慮が必要であるにもかかわらず,その考慮が充分になされた処分・判断であるのかとの疑問があります。
~以下略~

勘違いされておられるようだが、子供の権利に対する最大限の考慮がなされたからこそ、子供に関しては温情措置が取られたのである。

今回のケースを考えるときに,参考になる前例があります。
 
皆さんもご承知のキンマウンラ家族,ジラン家族,ムスタファ家族です。
~以下略~

軍事独裁政権を敷くミャンマーからの難民であるキンマウンラ家族、またクルド人難民であるジラン家族やムスタファ家族のケースと、他人名義の偽造パスポートによる不正入国が争点になっている本件を同列で語るのはナンセンスである。

3 カルデロン一家の在留を現時点で求める理由

なんといっても第一にのり子ちゃんの「最善の利益」です。

~中略~

小学校高学年にもなれば様々な人格形成上重要な時期にさしかかっていく,そして言語能力も構築されていきます。のり子ちゃんは,まさにその時期にいます。この子どもを現在の教育環境,社会環境から切り離して,全く異なる言語的環境・社会的環境におくのは,この子どもにあまりにも大きな負担を強いることになります。実際に,タガログ語のできないのり子ちゃんがフィリピンに帰国すれば,小学校1年生に編入されることになり,一年生と机を並べて勉強をいちからやり直しということになります。このような状況に追い込むことはしたくありません。

要するに「ノリコさんが日本語しかできないからフィリピンに出国させるのは可哀想」という論調だが、これは不法入国した両親を日本に滞在させる理由とは無関係だ。そもそも意図的か純粋に忘却しているかは不明だが「現地の日本語学校に通う」という選択肢が完全に抜け落ちている。

4 親の不法入国の問題

のり子ちゃんの両親は確かに不法入国をしました。

しかし,その後15年以上の長きに渡り日本の社会の中で懸命に生き,そして子どもを育ててきました。父親であるアランさんは会社で信頼される人間であり,仲間に支えられ,そして職長として日本人の人たちに仕事を教えることのできる立場にある人です。

確かに,ご両親の入国時の行為は正しくなかった,これはそのとおりです。しかし,入国時の過ちのみによって,現在のこの局面で彼らを退去に追い込まなければならないほどのものでしょうか。日本社会の中で定住してきた彼らを日本社会から引き剥がすことは日本の社会にとって必要なこととは思えません。

~以下略~

この理屈は、例えて言えば「盗んだカネを元手に事業を起こしました。現在では成功を収め、社会的にも評価されています。だからカネを盗んだ罪を問うべきではありません」というに等しいのではないのか? 「それはそれ、これはこれ」である。罪は罪であり、法律上償わねばならないのなら償うのが筋だ。

出入国管理は、日本国の治安に直結する国の大事である。個人的にはノリコさんの現在の境遇に同情するが、この問題は融通が効かないぐらいでちょうど良いと思う。

そして彼女の両親は、子供を盾にとって不正入国を正当化しようとする努力の前に、他人名義のパスポートで不正入国した己の所業を省みるべきだ。そして

「その報いがこの有様か。すまなかったな、シンジ」
(by碇ゲンドウ:新世紀エヴァンゲリオン より)

090214_02.jpg
劇場版 NEON GENESIS EVANGELION - DEATH (TRUE) 2 : Air / まごころを君に [DVD]

…というように、娘に真摯に侘びてほしい。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




「娘残して帰れない」…国外退去確定の比一家、涙の会見
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090213-00000064-yom-soci
posted by 只今(橘カヲル) at 14:21| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑感:社会 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まだ13歳なんでしょ。十分言葉覚えられるよ。
ましてや、フィリピンに住んでいれば、半年もすれば言葉なんか覚える。だからこそ、小さいうちに帰ったらよかったのに。フィリピンはいい国ですよ。お父さん、お母さんの国のことももっと知って欲しい。

同じような立場で、海外から日本に帰って来る帰国子女たちも頑張っているよ。のりこさんが本気で勉強すれば、日本語、英語、タガログ語も使えるようになって、将来は明るい。頑張れ。

親は、どうしようもないな。。。。
Posted by るりこ at 2009年02月14日 22:03
失礼ながら最後のセリフに吹きました…。

えーと…、とにかく同感です。
そもそもここまでこの一家を見過ごしていた人達にも一時の感情で物事の本質を考えようとしなかった責任があると思う。

ノリコさんの境遇には同情しますが…

早く3人で帰国されるのがベストかと思います。
あと不法滞在者の摘発を強化してほしい。

てかなんでこんなうましかな弁護士や人権団体がいるんだろう…やんなっちゃうなもう
Posted by 通りすがり at 2009年02月15日 00:39
うーん・・・しかしうまい解決はないものか。
じゃあ「観光」での滞在と同じ扱いにするとかどうなんでしょうね?滞在は許すけど、国籍はあくまでフィリピンという。
各種公共のサービスは受けられないけどそれでも構わないなら残りなさいとかそんな。
Posted by 記号士 at 2009年02月15日 16:41
>るりこ さん
>親は、どうしようもないな。。。。
なぜか、マスメディアでの報道は彼らが他人名義のパスポートで不法入国した事実について殆ど触れません。これは「かわいそう」で済む問題ではないはずです。

>通りすがり さん
>てかなんでこんなうましかな弁護士や人権団体がいるんだろう…やんなっちゃうなもう
1.一旦、一家揃って国外退去
2.ノリコさんだけ改めて入国
3.支援者の方々(笑)が彼女の日本での生活をサポート
が一番法律的にもしっくりくるはずですが、なぜか彼らは「不法入国者の事実を打ち消す」ことに執心しています。正規のルートで苦労して入国した人たちに対して失礼だと思うのですが。

>記号士 さん
>うーん・・・しかしうまい解決はないものか。
おそらく政府の提示案が現状考えうる「一番うまい解決」方法でしょう。これでも相当譲歩しているはずです。
Posted by 只今@管理人 at 2009年02月15日 19:13
蕨・西川口、埼玉寄りの東京・赤羽の駅周辺の一等地は戦後、三国人が奪い手早く大金を稼げる風俗に力を入れた
70年代にはアジア女も来日
アジア人パブが乱立
関東の男なら大々的な宣伝に釣られ足を運んだ人も多い
蕨から電車ですぐの赤羽には教会がありフィリピーナが礼拝に訪れ屋台や露店で日本人が通れない
昔からコミュニティが出来ノリコがタガログ語を話せない?
コミュニティが無いなら日本語も判らず来日したノリコ母は土地柄を考えても売春してた事になる
堅気の仕事をしてたと言い張るならコミュニティがあったから日本語すら話せないのに仕事を見つけられた事になる
埼玉は北朝鮮による拉致被害者が多い
日本人に成りすました朝鮮人が埼玉県民に近づき言葉巧みに連れ出した
似た顔を持つ外国人に警戒心は強い
首都圏だが物価が安い
世界中の後進国の人が爆発的に増殖
ニュースで蕨市民が署名してる画像が繰返し報道ww
若い外人に仕事を奪われた熟年日本人が荒川の土手でホームレス
風俗で大儲け、今は堅気になった人達が埼玉の政治・経済を牛耳ってる


Posted by 通りすがり at 2009年03月10日 21:18
>通りすがり さん
興味深いお話ですね。ありがとうございました。
m(_ _)m
Posted by 只今@管理人 at 2009年03月15日 18:57
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック