2008年09月20日

仙台『ずんだ茶寮』さんで学んだ、弱点のリカバリー方法

自分が子供の頃、仙台名物といえば笹蒲鉾だった。今でもそれは変わらないが、それ以上に全国的に有名になったのが牛タンと、ずんだ餅である。特にずんだ餅が仙台名物として有名になったのはここ数年のことのように思う。

本来、枝豆を擂り潰して砂糖を混ぜ餡にして食べる食文化宮城のみならず福島や山形にも存在し、その土地によって名称も異なる。それなのに仙台の“ずんだ”がこれだけ有名になったのは、やはり東北一の商業圏であることからメディアへ露出する機会に恵まれたためであろうか。

また、このお店の存在も“ずんだ”の訴求に一役買っていると自分は考えている。

080920_01.jpg 080920_02.jpg

ずんだ茶寮 仙台駅西口店 (ずんださりょう) (和菓子 / 仙台)


仙台駅西口、駅ビルの一階に店を構える『ずんだ茶寮』(ずんださりょう) 仙台駅西口店さん(上部リンク先も参照のこと)。同店は仙台土産の定番菓子“萩の月”でおなじみ(株)菓匠三全(かしょうさんぜん)さんがプロデュースした、郷土料理“ずんだ”をデザート感覚で気軽に味わえるカフェである。

テイクアウトスペースも併設されており、地元民はもちろん、土産の購入や列車の発車時刻を待つ旅行者の利用客も多い。このため図らずも同店が県外の人間に“ずんだ”を訴求する発信基地のような役割も果たしている

080920_03.jpg 080920_04.jpg
店内の様子(写真左)、メニュー(写真右)

店内に入ると店員さんから、注文の前に荷物を置くなどして席を確保するよう促される。同店独自のルールである。指示に従って席を確保した後、注文を通す。待つ間に店内にあったリーフレットで“ずんだ”の語源を学ぶ。それによれば以下の二説が紹介されている。

(1)豆を打つ…豆打(ずだ)が転訛した
(2)伊達政宗公が出陣の際に用いる陣太刀(じんだとう)で豆を潰して食べたことから

あくまで個人的な見解ではあるが、2の説で紹介されている陣太刀は通常「じんだち」と発音するはずだから、自分は1の説を支持したい。

080920_05.jpg 080920_06.jpg
ずんだ餅(630円:税込)

…といったことを考えている間に、お目当てのずんだ餅が運ばれてきた。宮城県産の餅米“みやこがね”で作られた餅が三つ、その上に“ずんだ”がタップリとかかっており、これとお茶と塩昆布でセットとなっている。枝豆を元とする鮮やかなライトグリーンが目に眩しく、まずは見た目で楽しめる。

080920_07.jpg

餡は砂糖の甘みが最小限にとどめられ、枝豆の甘みが上手く生きている。また枝豆の潰し方を(おそらくは)わざと荒くすることで、豆としての食感を維持している。どうやら菓子としての甘みよりも原材料である枝豆の個性を生かす方向を追求したようだ。単なる甘い餡であれば小豆を原料にしてもよいのだから“ずんだ”らしさをアピールするのであれば賢い選択といえるだろう。

だがそれによる不都合も少々ある。それは後口も枝豆のものとなってしまうのだ。どうしても枝豆=ビールのお摘みという思い込みがあるせいか、菓子としてこれを食べ続けることに若干の心理的抵抗を感じてしまう…。

080920_08.jpg 080920_09.jpg

そこで、お茶を啜り、付け合せの塩昆布を食べよう! 口の中が完全にリセットされ、気持ちも新たに“ずんだ”を楽しめるようになる。

とりわけ塩昆布を付け合せに選んだのは見事としか言いようが無い。単純に口の中の感覚をリセットするだけでなく、口中を一旦塩気で満たすことで“ずんだ”の甘みが最大限に強調されるのだ。丁度、高く跳躍するために瞬間深く沈みこんで反動をつけるような役目を果たしていると考えてもらうと分かりやすいだろう。この塩昆布、単なる引き立て役に留まらない名バイプレーヤーである。

また塩昆布が盛られた小皿が枝豆の形を模している点も芸が細かい。菓子の長所も弱点も研究し尽くしてきた老舗、菓匠三全さんならではの心配りといえるのではないだろうか。

仙台へ起こしの際は、皆様も『ずんだ茶寮』さんで“ずんだ”体験をされてみてはいかが? 自分も仙台を訪れる際は、定番になりそう。
(⌒-⌒)


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


ラベル:仙台 ずんだ
posted by 只今(橘カヲル) at 18:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:スイーツ・パン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック