2008年08月24日

中目黒『カフェ・ド・ヴェルサイユ』さんにて塩ケーキの正体に迫る

フランスのママンの味にハマる! 「塩ケーキ」
Excite Bit コネタ

「塩ケーキとは何ぞや?」上の記事を見かけて以来、ずっと気になっていた。一応、記事中には「塩ケーキ(ケーク・サレ)とは、ベーコンやチーズ、野菜などを練り込んで焼いた“甘くないケーキ”のこと」とあるのだが、どうにもピンと来ない。

おそらく塩ケーキの“ケーキ”とは我々が思い浮かべるような洋菓子を指す時の“ケーキ”ではなく、[a fish cake]=魚肉だんご(プログレッシブ英和中辞典 より)というように、一定の形をした個体を指す際の用法なのだろうとは思うのだが…。

080824_01.jpg 080824_02.jpg

カフェ・ド・ヴェルサイユ (Cafe de Versailles) (カフェ / 中目黒)


よって、その真偽を探るべく、記事でも紹介されていた『カフェ・ド・ヴェルサイユ』を訪問して確かめることに。東急東横線・中目黒駅から山手通りを五反田方面に10分ほど歩き、おもむろに路地に入ると閑静な住宅街の一角に忽然と姿を現す。詳しい場所は上部リンク先を参照していただくか、あるいは『カフェ・ド・ヴェルサイユ』さんの公式サイトをご覧いただきたい。

080824_00.gif
カフェ・ド・ヴェルサイユ公式サイト

080824_03.jpg
店内の様子

テイクアウトを基本とする同店だが喫茶スペースもあり、噂のケーク・サレをこの場で頂くことも出来る。白壁の店内は明るくて良い感じ。12時から14時までの時間限定で饗されているランチセットをオーダーし、暫し待つ。その間に店内にあった、同店を紹介している雑誌の切り抜きを読んだのだが、それによると塩ケーキは本国フランスでは軽食やワインのつまみ、パーティーのオードブルなどで大活躍する一般的な料理なのだとか。

080824_04.jpg 080824_05.jpg

まずはセットの一品である、鮮烈なバジルの香りが鼻孔を刺激する野菜スープが運ばれてきた。沢山の具による複雑な旨味が楽しく、これからやってくるメインディッシュへの期待を高める。

080824_06.jpg

暫くすると三種類のケーク・サレと生ハムのサラダ、そしてピクルスが載ったメインプレートが運ばれてきた。写真手前に鎮座しているのが噂のケーク・サレ。ようやくのご対面に胸の鼓動が高まる。

080824_07.jpg 080824_08.jpg

写真は定番メニューである、焼き玉葱・ベーコン・グリーンピースが入ったケーク。想定していたよりも大量に具が入っており、栄養バランスも良さそうだ。味に関してだが、口にするまで自分は「要するに惣菜パンのような味だろうか」と想像していたのだが、惣菜パンよりも遥かに口当たりが軽い。そして思ったよりも味付けは控えめだ。

正直一口めは拍子抜けしたのだが、皿を運んできてくださった店長さん(雑誌の切り抜きにお顔が掲載されていた)が勧めてくれたように、サラダ用のドレッシング(左がシーザー、右がオリーブオイルベース)を塗ってから食べると…あら不思議、想像以上に味が膨らみをみせ、美味しくなったには驚いた。下手な喩えで恐縮だが、ご飯をそのまま食べたときと、ご飯にフリカケをかけて食べた時のような印象の違いを受けたのだ。

惣菜パンの使命は単品で満足感を与えることであるため一般的に強めの味付けとなっているが、逆に言えば個性的過ぎるタレントがそうであるように共演者が限られてしまう。毎日の食卓で他のオカズと共に日常的に食べ続けるには向かない。

だがケーク・サレはドレッシングをかけることで単品で満足感を得ることができるし、そのままなら控えめな印象が逆に功を奏してメインディッシュやアルコールの引き立て役として毎日でも食べられる。「いかなるポジションにおいても結果を出せるユーティリティプレーヤー、それがケーク・サレなのか…」と自分は思った。

080824_09.jpg 080824_10.jpg

さてケーク・サレを食べ終わった後に運ばれてきたのはランチセットのトリを飾るドリンクとデザート。ドリンクは珈琲か紅茶が選べ、デザートはケーク・スクレ(甘いケーキ)から一種類を選ぶ。自分はアイスティーとケーク・オ・ショコラを選んだ。写真にある黒いケーキがそれにあたる。どうもサービス期間中のようで、ケーキは特別にもう一つついてきた。レモン・ケーク(ケーク・シトロン)とのこと。

さらに、写真では分かり辛いかもしれないがリンゴジャムも添えられていた。店長さん曰く「ヴェルサイユ宮殿の菜園で採れた」リンゴを使ったジャムなのだとか。実は、同店はケークの他にもジャムや塩、オリーブオイルといったフランスの食材も販売しているのだ。

080824_11.jpg

このケーク・スクレもシットリとした食感で且つ控えめだけれども甘さが十分印象に残る逸品。ジャムを塗って食べれば単品の時とは違った美味しさが拡がるのはケーク・サレと同様。同店のケークのレベルの高さが伺える。

駅から遠いので直接訪れるのは辛いかもしれないが、同店のケークはインターネットでも購入可能なので、折を見て試してみてはいかが?


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


ラベル:中目黒 カフェ
posted by 只今(橘カヲル) at 20:49| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 食:スイーツ・パン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
当店カフェ・ド・ヴェルサイユをご紹介いただきましてありがとうございます。
ご紹介いただいた文章もとても素晴らしく、私達が上手く言いたくても、言えなかった事をとても上手に表現されているのに感心しました。
写真も手前味噌ですが、おいしそうに映っていますね。とても当店とは思えません(笑)また、宜しければお寄りください。お待ちしております。
Posted by カフェ・ド・ヴェルサイユ at 2008年09月20日 21:15
>カフェ・ド・ヴェルサイユ さん
お褒めに預かり恐縮です。
(;^_^A
今後も美味しいケーク・サレをお客様に提供していってください。折を見て、また伺いたいと思います。
Posted by 只今@管理人 at 2008年09月21日 15:10
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック