2008年08月18日

詐欺事件は「騙されるほうが悪い」論に対して一言

お年寄りらから68億円集める=「投資のプロ」元本保証-4人逮捕・愛媛県警
時事通信

投資のプロを名乗って、元本保証と年5~12%の利息を約束した上で「投資のプロに預ければ絶対間違いない」などと言葉巧みに持ちかけて30都道府県のお年寄りら約550人から総額約68億円を集めたグループが逮捕された。直接の容疑は出資法(出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律)違反であるが、詐欺容疑も視野に入れて捜査が進められているとのこと。

銀行に預けていても僅かな金利しかつかない昨今、この手の詐欺話は後を絶たない。よく老人がターゲットにされるのは、生活のためにある程度の蓄えを持ち合わせていることに加え、体力の低下から気力も衰えている人が多く、また親類縁者や友人知人との死別といったような原因で交友関係が狭まった結果、信頼できる人間が側にいない人も増えているため、詐欺師にとっての最後の切り札である、気弱な人を脅す・他者から得た信頼を裏切るという手段が使えるからであろう。

新卒時代に当時の人事担当者から聞いた話なので確りとした裏づけのある話ではないのが恐縮だが、いまでも忘れない話がある。金(gold)の地金を用いた詐欺商法で大問題となった豊田商事の営業マンは、ターゲットとした老人に対し、食事を作り・風呂に入れ・排泄物の世話までして信頼を勝ち取り、おカネを預けてもらっていたのだそうだ。

参考:豊田商事事件
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

だから、この手の詐欺事件が起こるたびに出てくる「騙されるほうが悪い」「楽して金儲けしようとするからだ」的な論調には、自分は与しない。いや、与することができない。「もし自分が歳をとり、体の自由もままならなくなったとき、排泄物の世話までしてくれる人間の頼みを断ってカネを預けないということが、果たしてできるだろうか…」という一抹の不安があるからだ。

まぁ「騙されるほうが悪い」論を展開する皆様は「どんな状況であろうともオレは大丈夫。絶対に騙されたりしない」という確固たる自信がお有りなのだろう。だが

「その過信は自分の足を掬うぞ」
(byクワトロ・バジーナ:機動戦士Zガンダム より)

080818_01.jpg
MG 1/100 リック・ディアス(クワトロ機)

といったことの無いように注意されたい。人間誰でも歳をとり、体力も気力も衰える。老境に到った己が、若いころと同じ判断を下せるとは限らないのだから…。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 22:46| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑感:事件 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
絶対騙されない人間というのは、
ひっくり返せば誰も心底信用することは出来ない人間とも言えるわけで… 
はぁ。
Posted by valvane at 2008年08月22日 11:27
>valvane さん
>絶対騙されない人間というのは、ひっくり返せば誰も心底信用することは出来ない人間とも言えるわけで…はぁ。
まさに痛し痒しといったところでしょうか。果たしてどちらが良いものなのでしょうか…。
Posted by 只今@管理人 at 2008年08月24日 21:46
お年寄りから蓄えを根こそぎ…なんてヘビーなことされると (_ _|||) だけど、
バックパッカーVS客引きのおっちゃんの丁々発止?の腹の探りあい…と言うか、釣り合い?だと、ちょっとおもしろかったり、…うっとおしかったり。
騙すのでも「小金を稼がせてくれ」くらいだったら、多少ほっとく気にもなれますが、「根こそぎ」はダメですいよね。つい、通報したくなる。
Posted by valvane at 2008年08月26日 14:32
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック