2008年07月12日

六本木『一蘭』さんで自分好みの美味を追求

自分は食べ物に関するエントリを良く書くが、「味の好みは千差万別」というのも痛感している。誰の舌でも美味しいと感じる絶対的な味の定義は存在しない。飲食店の卓上に醤油や塩を始めとする調味料が置かれているケースが見受けられるのは、それらを用いて提供される料理を自分好みの味へと微調整をかけるためである。

また上記の理由により、自分はお客の好みを細かく聞いてそれを料理に反映させてくれるお店をとてもありがたいと感じている。今日はそんなお店をご紹介したい。

080712_01.jpg 080712_02.jpg
一蘭 六本木大江戸線駅上店 (いちらん)

都営地下鉄大江戸線・六本木駅の出口から程近い場所に店を構える(詳しい場所は上部リンク先を参照)『一蘭』さん。福岡県は博多に本拠をおくトンコツラーメンの名店である。その味も勿論良質であるが、それと共にラーメンを食するに当たって独特のシステムを取り入れていることでも知られている。

080712_03.jpg 080712_04.jpg

食券を購入して店内に入ると

080712_05.jpg

まず驚かされるのが、この一席ごとに設置された仕切りである。同店ではこれを『味集中カウンター』と呼称している。名前のとおり一席ごとに区切ることによって「ラーメンを食べることに集中して欲しいため」に設置したとのことだが、これにより他人の目を気にする必要がなくなるので、例えば一人でラーメン店に入るを躊躇う若い女性客などでも立ち寄れるようになる、という効用もある。

また穿った見方で恐縮だが、このシステムではラーメンを食べ終わった後で連れの客と共にノンビリと話し込むわけにはいかないので、結果として客の回転を早くする効用もあるはずだ。

080712_06.jpg 080712_07.jpg

さて着席すると、席には一枚の紙が置いてある。これが『味集中カウンター』と共に同店の大きな特徴となっている『記入式オーダーシステム』である。麺の固さやスープの濃さ、チャーシューやネギといった具の有り・無しなどを書き込んだら

080712_08.jpg

ボタンを押して暖簾の向こう側にいるスタッフを呼び、紙を渡そう。すると程なく主役のご登場だ。

080712_09.jpg
ラーメン(750円:税込)

若干黄金色にも見える白濁したスープに極細のストレート麺。そしてネギやチャーシューといった必要最低限の具で構成された風情は九州トンコツラーメンの王道スタイルであるが、目を引くのがラーメンの中央に鎮座する赤味。これは『一蘭』さんが独自に開発したフレーバー『唐辛子入りたれ』である。

080712_10.jpg 080712_11.jpg

自分は、トンコツラーメンにおける味の要諦は「スープの生成において、いかにトンコツ臭を出さずに旨味だけを抽出できるか」にあると思っている。この点で『一蘭』さんのスープは嫌味や癖が全くといっていいほど無い。またトンコツスープなのに後口が尾を引かないサッパリとしたタイプなのも珍しい。

この完成度の高いスープに、先ほど記した唐辛子入りたれの辛味と旨味が良いアクセントとなり、麺を心地よく啜りこめる。思わず替玉を注文したくなる美味しさだ。

080712_12.jpg 080712_13.jpg

なお替玉をオーダーする時のように追加注文を行う際には割り箸の袋がオーダー表の代わりを務める。一言も発することなく追加注文できるので、気恥ずかしさから替玉を躊躇う傾向にある女性の方でも安心して欲しい。

080712_14.jpg 080712_15.jpg
完食!

『一蘭』さんの面白さは、件のオーダーシステムにより「自分にとってのベストな美味しさ」を探求できるところにあると思っている。自分も何度か足を運び、味の濃さやこってり度、麺のかたさなどの組み合わせを色々試した結果、自分にとってのベストを導きだした。皆様も『一蘭』さんで「自分好みの美味」を探求してみてはいかが?


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


ラベル:ラーメン 六本木
posted by 只今(橘カヲル) at 20:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:ラーメン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック