2008年06月16日

次の悲劇を止めるため…ブログに「死ね」と書かれて自殺した女子生徒の父の決意

高1自殺:ネット上に「死ね」と書かれ苦に 北九州
毎日新聞

先月末、福岡県北九州市で高校一年生の女子生徒が自殺する事件が起こった。この女子生徒は中学時代の友人と作ったインターネットのホームページ上でブログを運営していたのだが、報道によれば自殺の原因「ブログに誹謗中傷のコメントを書き込まれたから」だという。学校側の説明も学校にイジメは全くなかった。生徒にもインターネットの怖さを教え、ブログなどのサイトを利用しないように指導してきた。自殺は本当に残念だ。原因を究明し、女子生徒の家族にきちんと報告したい」とのことだった。

しかし、この事件に関しては当初から「イジメが原因ではないか?」とのとの疑問が投げかけられていた。確かに、これまで全く普通に平穏に暮らしていた人が、何の前触れも予兆も無く突然「ブログに『死ね』と書き込まれたから」という理由“だけ”で死を選ぶ、とは考えにくい。第三者である自分がそう思うぐらいだから、残された親族の方々などはその思いを更に強く持ったはずだ。そして程なく自殺した少女のブログに実際に非難めいた書き込みをした同級生が判明するに至り、

北九州・女子高生自殺 父親、遺書とブログ公開 「死ね」と書き込み 侮辱容疑、同級生告訴へ
「次の悲劇止めたい」 会見の父 北九州・女子高生自殺
西日本新聞

女子生徒の父親が、書き込みをした同級生の女子を侮辱容疑で掲示告訴するそうだ。父親は女子生徒の自殺原因に関してイジメの可能性を指摘し、真相究明を訴えたとのことだ。実際、少女は生前「仲間外れにされた」などと漏らしていたという。

自分は警察でも裁判官でもないので、何の確証も無しに女子生徒の自殺原因をイジメという名の人権蹂躙にあると断言できる立場にはない。なので女子生徒の自殺原因に関しては是非徹底的な真相究明を望むとだけ言わせてもらうことにする。

だが、その代わりに声を大にして言いたいことがある。

現時点で人権蹂躙行為の加害者、もしくは傍観者の立場にある人がいるのならば、今回の事件を我が事のように受け取り、己のあり様を反省し、これ以上、同じ原因による犠牲者を増やさないように努めてもらいたいのだ。

「人間は、人間が過去に犯した過ちを、自分たちの痛みとして背負っていかない限り、本当に変わったりはできないんじゃないか」
(by藤宮博也=ウルトラマンアグル:ウルトラマンガイア より)

080616_01.jpg
アクションヒーローシリーズ ウルトラマンアグル

「こんなのワタシには関係ない」と思っている人が限り、悲劇は繰り返される。しかも「こんなのワタシには関係ない」と思っていた人の周りで…


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今(橘カヲル) at 22:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑感:地域 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

【ネット犯罪】秋葉原事件の影響? ネットへの書き込み/一方でネット書き込み生徒を告訴
Excerpt: 秋葉原の事件後にネット上に殺人予告を書き込む愉快犯が急増しているようです。 ネットに書き込んだ中学男子を補導 新潟県警の例にもあるように、愉快犯なのか本当に心を病んでいる人なのか不明ですが、類似事件..
Weblog: 【本音トーク】 EVOLUTION
Tracked: 2008-06-16 23:06