2012年02月12日

吉祥寺『中村屋@ウエストパークカフェ』さんでオシャレに塩ラーメンを愉しむの事

10~20代半ばまでは、1日3度ラーメンを食べるといった無茶をしたこともあったが、今では流石に胃腸が持たない(涙)。ただ私にとってラーメンが好物であることに変わりはなく、時折無性にラーメンが食べたくなるのだ。

120212_01.jpg
中村屋@ウエストパークカフェ 吉祥寺店ラーメン / 吉祥寺駅井の頭公園駅

そんな思いに突き動かされ、今回は吉祥寺駅北口から徒歩数分、吉祥寺中道通り商店会を少し進んだ所にある(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『中村屋@ウエストパークカフェ』さんまでやってきた。

ここは塩ラーメンブームの立役者の一店として知られる神奈川の名店『中村屋』さんと、オープンエア・レストランのパイオニア『ウェストパークカフェ』とのコラボレーション店舗。吉祥寺という街に溶け込むスタイリッシュな外観は、ラーメン屋だと思って探していると、同店に初めて訪れた時の私のように気づかないで通りすぎてしまうこと請け合いだ(苦笑)。

120212_10.jpg
店頭のメニュー

それはさておき、同店は1階席でラーメンを、2階席でカフェレストランとしてハンバーガーを楽しめる仕組み。しっかり食事がしたいときは1階で、のんびり寛(くつろ)ぎたい時は2階で、というように、用途によって使い分けられるのだ。

120212_02.jpg
店内の様子

そんな業態のため、店内に入るとスタッフの方が開口一番「カフェですか? ラーメンですか?」と訪ねて来る。今回はラーメンが目的のため、1階にて着席。外観同様、店内もカフェレストラン風のスタイリッシュな作りだが、ラーメン屋としては珍しくカウンター席が無い。

120212_03.jpg
あじ玉らーめん(800円:税込)

今回の注文は、ベーシックな塩ラーメンに半熟玉子をトッピングした、あじ玉らーめん。

120212_04.jpg

澄んだスープに必要最低限の具。大食漢御用達のガッツリ系ラーメンとは対極にある容貌だ。

120212_05.jpg

早速スープを啜る。物の本によれば鶏ガラをメインにカツオやサバなどをブレンドしたというスープは、一言でいえば塩ラーメンにしては相当に濃い味。しかし不快な塩辛さを感じない美味しいスープだ。スープにオーストラリア産の海塩が用いられているそうで、これが味の決め手なのだろう。

120212_06.jpg

麺は細めのストレートタイプ。塩ラーメンの麺としては、これ以外に無いというチョイスだが、スープを確り絡めてくれるのは良い感じ。なお注文の際に「麺固め」とオーダーしていたのも功を奏したのかもしれない。

120212_07.jpg

具は前述した半熟味付玉子のほかには、

120212_08.jpg

チャーシュー、メンマ、青菜という構成。玉子もチャーシューも出来が良い。チャーシューに炙りを入れるなど、具にも工夫があるのが嬉しい。

120212_09.jpg
完食!

前述したとおり塩ラーメンにしては相当に濃い味だったにもかかわらず、スープを飲み干すのが苦にならなかった。化学調味料を使ったスープでは、こうはいかない。繁華街にあるので訪れるのも容易だし、皆さんも試してみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




posted by 只今(橘カヲル) at 09:30| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 食:ラーメン | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。