2012年02月05日

中目黒『ヨハン』さんのチーズケーキには自然と足が向いてしまうの事

中目黒でランチを済ませた(前回記事参照)帰り道、ストレートに帰宅の途にはつかずに寄り道をした。というより、中目黒に来るたび自然と足が向いてしまう場所へ向かった。

120205_01.jpg
ヨハンケーキ / 中目黒駅代官山駅

その場所とは、中目黒駅から徒歩数分、目黒川沿いに佇む(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)、美味しいチーズケーキの専門店として各種メディアへの露出も数知れない『ヨハン』さんである。

私は中目黒に来たら同店のチーズケーキを購入し、ホントはその場で食べてしまいたいのだが(笑)イートインスペースがないので逸る気持ちを抑えて手土産として住まいに持ち帰るが習わしなのだ。

同店は今から30年以上も前の1978(昭和53)年に創業し、当時としては珍しかった諸々の添加物を使わないレシピを守り続けて現在に至っている。物の本によれば、創業者の方が米国人の友人宅で食べたホームメイドのチーズケーキの味に感動してレシピを受け継ぎ、定年退職後に開店させたのだとか。

そして現在同店でチーズケーキを作るのは、同じく定年退職を迎えたオジサマ方。創業者と同じ会社の工場に勤務していた皆様が、工場での工程がチーズケーキ作りに応用できたことから、現役時代に培ったノウハウを生かして味を守り続けているとのこと(※以前にテレビで見た話のうろ覚えなので細部は違っているかも。間違っていたらごめんなさい)。

120205_02.jpg
ナチュラル(340円:税込)

さて無事に帰宅して撮影を開始。同店で販売されているチーズケーキは4種類。トップバッターの『ナチュラル』はオーストラリア産のフィラデルフィアクリームチーズの濃厚な美味しさとバターの良く効いたタルト生地部分の美味しさのハーモニーが味わえる。

120205_03.jpg
メロー(340円:税込)

次は『メロー』、見た目は『ナチュラル』と同様だが柑橘系の香りと味が効いていて後口が爽やか。「チーズケーキはチーズの味が強すぎて苦手」という人には特にお勧め。

120205_04.jpg
サワーソフト(380円:税込)

これはサワークリームが乗った『サワーソフト』。牛乳から作ったチーズと、牛乳から作られる生クリームを乳酸菌で発酵させたサワークリームの相性は抜群。私のような乳製品好きには特に堪らない一品。

120205_05.jpg
ブルーベリー(340円:税込)

最後は、私の一押しである『ブルーベリー』。チーズケーキにブルーベリーのゼリーが乗っている。

120205_06.jpg

ブルーベリーの紫色とチーズケーキの黄色の対比が見た目に美しいだけでなく、ブルーベリーの酸味とチーズケーキの濃厚な味わいが相乗効果を生み出し、クセになる美味しさを生み出している。

『ヨハン』さんのチーズケーキを知って以降、コンビニなどで売っている一般的なチーズケーキを食べると、まるで水で薄めたような味がするようになってしまった。同店のチーズケーキが余計な混ぜ物を加えていない証明だと思う。なお、同店のチーズケーキはスーパーの成城石井でも取り扱いがある模様。皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m






posted by 只今(橘カヲル) at 17:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:スイーツ・パン | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。