2016年04月02日

新宿三丁目『香味つけ蕎麦 七並』さんのパクチーつけ麺が意外にマッチしているの事

カレー南蛮は、まだ馴染みの無かったカレーという国外の食文化を日本人が受け入れるのに一役買ったのは間違いないと思う。今回ご紹介するお店も、そんな可能性のある一件。

060402_01.jpg
香味つけ蕎麦 七並そば(蕎麦) / 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

東京メトロ他新宿三丁目駅・C5出口の近くにある雑居ビルの一階に店を構える(詳しい場所は上部リンク先または記事下の地図を参照)『香味つけ蕎麦 七並』さん。一風変わった蕎麦を食べさせてくれることで話題のお店だ。

店内は黒を基調とした小洒落たBARのような作り。棚に並べられた各種アルコール類は言うに及ばず、特にワイングラスハンガーまであるカウンター部分は、どう見てもBARそのもので、とても蕎麦屋とは思えない。なお店内の写真はピントが合っていなかったので省略(苦笑)。店頭の券売機で食券を購入し、席につく。

060402_02.jpg
パクチーつけ麺(850円:税込み)

今回の注文は、同店自慢のパクチーつけ麺。

060402_03.jpg

中国や東南アジア、またインドやメキシコ、ポルトガルなど世界中の様々な国で料理に用いられるが、日本料理では馴染みがあるとは言えないコリアンダーの生葉・パクチー(正確には「パクチー」はコリアンダーのタイ語)が、冷水で締めた蕎麦の上にタップリと盛られている。

060402_04.jpg

これをピリ辛のタレにつけて食べるのだ。

060402_05.jpg

見た目は思いっきり東南アジア系なのだが、食べてみると意外にマッチしているので驚く。思えば蕎麦はネギとワサビを投入した蕎麦汁につけて頂くが、ネギの代わりにパクチー、ワサビを溶かした蕎麦汁の代わりがピリ辛ダレと考えれば合点がいくかもしれない。東南アジア風の味付け全開なのに和風な味で着地するのは蕎麦の効用だろう。

日本人にとってパクチーは好みが割れるのは認める。春菊やミツバが苦手な人が少なくないことでもわかるように、香草類は好き嫌いの差がハッキリ出てしまうものだ。しかしパクチーを「食わず嫌い」の人がいたら、同店のパクチーつけ麺はよい入門編になると思う。皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 22:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:蕎麦・うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

日吉『旅湾喫茶TA TA TEA』さんで台湾の定番グルメを味わうの事

或る日のこと、私が大好きな台湾料理を気軽に味わえるカフェがあると聞きつけ、現地に向かった。

160320_01.jpg
旅湾喫茶TA TA TEAアジア・エスニック(その他) / 日吉駅

東急東横線ほか日吉駅西口から徒歩数分、商店街の中央通りを直進し、脇道に逸れてメイルロード(注:商店街の通りの名称のひとつ)に入って暫く歩いていくと到着するのが(詳しい場所は上部リンク先または記事下の地図を参照)『旅湾喫茶TA TA TEA(りょわんきっさタタティー)』さん。物の本によれば、台湾出身の女性が始めたお店で、本場の味が気軽に楽しめると評判を集めているとのこと。

160320_02.jpg
店内の様子

白と青を基調とした店内は開放感に溢れ、また台湾関連の印刷物などもおいてあるところから、台湾の海沿いのカフェみたいなコンセプトでデザインしたのかな、と思う。

160320_03.jpg

有り難いことに15:30までランチメニューがオーダーできるので、今回はランチBセット(1250円:税込み)を注文。まずはミニサラダで軽く胃の腑を満たす。水菜が中心だが、レンコンのスライスを揚げたものや砕いたナッツが良いアクセントになっている。

160320_04.jpg
台湾ルーロー飯
※写真は大盛り

そしてセットのメインディッシュは4種類から選べるのだが、今回は台湾ルーロー飯(ファン)を注文。
ご存知の方も多いと思うが、ルーロー飯は漢字では魯肉飯と書き、豚肉の煮込み掛けご飯のこと。台湾グルメの代表格だ。

160320_05.jpg

ただし同店のルーロー飯は、豚肉の煮込みだけでなく、目玉焼きや高菜なども乗っている賑やかなもの。
無料で大盛りにできるので遠慮無く(苦笑)大盛りを注文。

160320_06.jpg

台湾直輸入の調味料や薬味を用いた甘辛いタレで煮込まれた細切れの豚肉は、旨味が詰まっていて美味しい。他の賑やかな具材のおかげで味に変化がつくので、大盛りでも飽きずに食べられる。

160320_07.jpg
台湾定番ミルクティー(単品だと330円:税込み)

そしてルーロー飯を食べ終えたころ、タピオカドリンクが到着。ミルクティーなどに大粒のタピオカパールが幾つも入った、台湾発祥の飲み物である。タピオカパールごとドリンクを飲むためにストローも太め。

160320_08.jpg

一般的な上白糖ではなく、きび砂糖(ミネラルバランスが良いとされる)で甘みをつけているそうなのだが、そのおかげで後口のしつこくない爽やかな甘さ。食後の口直しには最適だ。


『旅湾喫茶TA TA TEA』さんはカフェなのでドリンクのみの利用もOK。Wi-Fiやコンセントが用意されているのも有り難い。皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 10:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:中華 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

「貴乃花の長男がイタリアで靴職人修行」の記事に思うこと

貴乃花の長男がイタリアで靴職人修行 学歴とはサヨナラ
(NEWSポストセブン)
http://www.news-postseven.com/archives/20160312_393347.html

元横綱・貴乃花(現:貴乃花親方)の長男、花田優一 氏(20歳)が、イタリアで靴職人の修行に励んでいると記事は伝えている。難関の“お受験”を突破して私立幼稚園に入り、大学までエスカレータ式で進学できたはずなのだが、その道を選ばず、高校を卒業するとアメリカに留学。その後、イタリアのフィレンツェに渡り、今は靴職人になるための修業をしているとのこと。

貴乃花親方の父親は、名大関として人気を集めた初代・貴乃花。父親と同じ道を選び兄と共に角界入りして以降、角界における史上最年少記録を次々と更新して“若貴ブーム”を巻き起こし、相撲人気の向上に大きく貢献。そして遂に父が成し得なかった横綱へと昇進し、引退までに22回の幕内最高優勝を果たすなど、押しも押されもせぬ平成の大横綱の地位を確立した。

だがその栄光の一方で、貴乃花親方が日々抱えていたストレスとプレッシャーは尋常ではなかったはずだ。スポーツの世界に限ったことではないが、父親と同じ職業を選択すると何かと比較されるもの。まして貴乃花親方は結果を出したが故に、父親超えを望む周囲の期待感が異常に膨れ上がってしまい、さらなる苦労を背負い込んでしまったように見える。

そんな貴乃花親方が、息子には角界入りを無理強いしない方針で育てていたというのは、随分前から耳にしていた。角界の名門、花田家の男子なのだから角界入りを望む周囲の声も決して小さくなかったと思われるが、

「偉大な父親を持つと、子どもは苦労するなあ」
(by.ウルトラマンタロウ:ウルトラマンギンガ より)

160313_01.jpg
ウルトラマンギンガ 2 [Blu-ray]

という想いをトコトン味わったであろう貴乃花親方としては、息子にそのような想いをさせたくなかったのだろう。

それにしても息子さん、せっかく大学までエスカレータ式で進学できたのにそれをせず、高校卒業で海外留学とは思い切ったものだ。とはいえ大学には年齢を重ねてからでも入れるし、一方で若い時でないと挑戦できない事は多い。せっかく親も認めてくれているのだから、自分の進みたい道を模索して挑戦していくのは良い事だと思う。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 06:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感:社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

西武新宿『つるかめ食堂 歌舞伎町店』さんで肉天定食を堪能するの事

この日、私は日本屈指の歓楽街、新宿区歌舞伎町界隈に出没していた。といっても目的は如何わしいお店への訪問(苦笑)ではなく……。

160312_01.jpg
つるかめ食堂 歌舞伎町店定食・食堂 / 新宿西口駅西武新宿駅新宿三丁目駅

歌舞伎町公園というビルの谷間にある小さな公園の近くにある(詳しい場所は上部リンク先または記事下の地図を参照)『つるかめ食堂 歌舞伎町店』さん。物の本によれば1956(昭和31)年の創業というから、かれこれ半世紀以上、この地で人々の食欲を満たし、歌舞伎町の変遷を見守ってきた大衆食堂である。ちなみに新宿西口・思い出横丁の有名店『つるかめ食堂』さんとは親戚関係とのこと。

160312_02.jpg
店内の様子

店舗は改装をしているので小奇麗。「歴史ある大衆食堂」といって想像する、うらぶれた感じは無い。
私が入店した際、客の入りはそれほどでもなかったが、直後に数グループが立て続けに入店して盛況となった。昼下がりだったからかブルーカラー系と思しき方が多かったが、一般の学生や社会人的な方も混じっていた。

160312_03.jpg
肉天定食(850円:税込み)

今回の注文は、同店のオリジナルメニューとして人気を集める肉天定食。

160312_04.jpg

その正体は、豚肉の天ぷらの上に千切りにした大根・人参・キュウリがカキ氷の如く盛り付けられ、その上に更に大根おろしとショウガが載り、醤油系のタレが回しかけられている、という代物。その他はライス・味噌汁・小鉢(マカロニサラダ)・香の物という構成

160312_05.jpg

豚肉の天ぷらだけなら重すぎると感じる方もいるかもしれないが、千切り野菜と醤油系のサッパリとしたタレ、さらに大根おろしとショウガの効用で、驚くほどアッサリと胃に収まっていく。野菜不足になりがちな定食メニューにおいて、極めて自然に野菜を摂取できるのは有り難い。もちろん豚肉の天ぷら自体も美味しく、スタミナ回復間違い無しだ。

最寄り駅は西武新宿駅だが、新宿駅からも新宿三丁目駅からも十分に徒歩圏内。皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 13:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

羽根付餃子の元祖『你好』さんの支店を目黒で発見するの事

或る日、野暮用で目黒駅前に差し掛かった時のこと。

160305_01.jpg

見覚えのある看板に巡りあった。

160305_02.jpg
你好 目黒店中華料理 / 目黒駅白金台駅

見上げると「元祖 羽根付餃子」の文字。ここって……。京急蒲田にある餃子の名店、『你好』さんの支店じゃあないか!?(詳しい場所は上部リンク先または記事下の地図を参照)

160305_03.jpg
2階に登る階段付近

いくつか支店があるとは耳にしていたが、なんと目黒にあったとは!
ラッキーハプニングに胸を踊らせつつ、急ぎ足で入店した。

160305_04.jpg
店内の様子

入店したのは15時過ぎという中途半端な時間だったため、人の入りはそこそこ。小奇麗で広々とした空間は落ち着いて寛げる。

160305_05.jpg
焼き餃子(300円:税込み)

もちろん注文したのは焼き餃子。

160305_06.jpg

餃子同士の間に引っ付いている薄い膜状のものが、俗に「羽根」と言われるもの。創業者の方が大連の焼きまんじゅうをヒントにして、焼く際の仕上げに小麦粉を溶いたものを餃子にかけたのが始まり。いまではすっかり蒲田界隈のご当地ソウルフードの地位を確立した……なんて説明は、もはや不要だろう。なにしろ冷凍食品にもなっているぐらいだ。

160305_07.jpg

物の本によれば、餡に使われる豚肉は自社工場で挽き、人の手により包丁で刻んだ白菜・長ネギと合わせる。更に特製スープを加えて一晩寝かせ、それを人の手で皮に包んでいるという。なんとも手間のかかった餃子だが、皮はもっちり歯ごたえよく、餡は肉汁をタップリ含んでいるにも関わらず後味が潔く、パリパリした羽根はスナックのようで味にアクセントをつけている。長々と書いているが、端的に言えば「美味しい餃子」ということだ。

160305_08.jpg
レタスチャーハン(750円:税込み)

お腹も空いていたのでレタスチャーハンも注文。

160305_09.jpg

米粒がパラパラ・フンワリで美味しいのはもちろん、レタスが油っこさを消してくれるので「中華料理は油っぽくて苦手」という人もにもお勧め。


JR目黒駅からすぐの場所にあり、訪れるのも容易。皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 21:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:中華 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

武蔵小杉『お肉屋さんのラーメン家 生治ミート』さんで“大豚”と激闘するの事

この日、私は決死の覚悟で或るお店へと向かっていた。大ボリュームのラーメンがあるとの噂を聞き、戦いを挑むと決意したためだ。

160227_01.jpg
お肉屋さんのラーメン家 生治ミートラーメン / 武蔵小杉駅向河原駅新丸子駅

東急東横線・武蔵小杉駅の南口から徒歩5〜6分、開発著しい武蔵小杉エリアにあって昔からの風情が残る商店街のひとつである法政通り南壱番街の一角に店を構える(詳しい場所は上部リンク先または記事下の地図を参照)『お肉屋さんのラーメン家 生治ミート』さん。店名は「しょうじミート」と読む。「お肉屋さんのラーメン家」という言葉通り、同じく武蔵小杉にある精肉店が数年前に開店させたお店である。

160227_02.jpg
店内の様子

カウンター9席×テーブル12席の店内は、比較的最近できたラーメン店にしては内装がシンプルだが、定食系も扱っているタイプのお店だし、昔ながらの商店街に店を構えているのだから、このほうが落ち着く。店頭にある券売機で食券を購入してからカウンター席に陣取り、しばし待つ。

160227_03.jpg
三匹の子豚麺(1450円:税込み)

そして到着したのが、今回のお目当て、三匹の子豚麺!

160227_04.jpg

特大サイズのチャーシュー(×3)、分厚い豚の角煮、さらにラーメンの具としては極めて珍しいトンカツまで乗っかった、ビジュアルだけで胃袋に衝撃をもたらすラーメン。3種類の豚肉系具材が乗っかっているので三匹の子豚麺というネーミングなのだが、各具材の手加減抜きの大きさに「どこが“子豚”じゃ、“大豚”やんか〜!」と怪しい関西弁でツッコミを入れずにはいられない。

160227_05.jpg

はやる気持ちを抑え、まずはスープから。存外にもアッサリな醤油とんこつ系なのだが、これだけ脂ギッシュな具材がスープの上に乗っかっていることを思うと、意図的にアッサリ系に調整して全体のバランスを取っているのかもしれない。

160227_06.jpg

そして麺は細麺で弾力のあるタイプ。主食として十分な美味しさを持っていると思うが、食べ終わってみると、なぜか箸休め的な印象が残るから不思議。それは何故かと考えたら、やはり、このラーメンの主役が三匹の“大豚”であるがゆえだろう。

160227_07.jpg

160227_09.jpg

160227_08.jpg

口の中で柔らかく蕩けるチャーシュー、脂が乗った濃密な甘辛さを持つ豚角煮、オーダーが入ってから一枚ずつ揚げるためスープに浸っているにもかかわらず衣サクッ中ジュワッの感触が味わえるトンカツ……さすが精肉店が営むだけあって、いずれも主役を張れるだけの美味しさの持ち主だ。


注意点を挙げれば、半端じゃ無いボリュームなので胃袋への負担が尋常ではないところ。皆様も、お腹をペコペコにし、かつ体調を万全に整えたうえで訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 20:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

元町・中華街『龍鳳酒家』さんで、中華街の料理人たちも支持するパイコー飯を頂くの事

160214_01.jpg

或る日のこと、春節(しゅんせつ:旧暦の正月で中華圏最大の祝日)に沸く横浜中華街を訪れた。以前にも書いたと思うが、現在の住まいから列車一本でいけるので、私は横浜中華街で昼食・夕食を食べることがしばしばある。今回訪れたのは……。

160214_02.jpg
中華料理 龍鳳酒家広東料理 / 日本大通り駅石川町駅元町・中華街駅

横浜中華街・善隣門の近く、中華街大通り(中山路)から脇道に入った所にある(詳しい場所は上部リンク先または記事下の地図を参照)『龍鳳酒家』さん。中華街の料理人たちも通い詰めるという、美味しい広東料理が食べられるお店である。

160214_03.jpg

入店したのは夜の部が始まってから少し経った18:00ごろ。客層は中高年からファミリー層まで幅広い。

160214_04.jpg
パイコー飯(800円:税抜き)

今回の注文は、同店名物のパイコー飯。

160214_05.jpg

排骨飯(パイコーハン、パイクーハン)というと、豚の骨付きスペアリブ(排骨)にカレー粉等で下味をつけて揚げたものを乗っけたご飯ものを想像するが、同店の排骨はトウチ(中華の調味料の一種。黒豆に塩を加えて発酵させ、水分を飛ばしたもの)などで煮込んだもの。

160214_06.jpg

お肉は口の中で軽く歯を使うだけで簡単に骨が取り除けるほど柔らかいだけでなく、肉そのものにも旨味がタップリ。「骨の周りの肉は美味しい」とはよく言うが、それを実感できる美味しさだ。また肉に絡んでいるソースもコクと香りが尋常ではなく、これだけでも十分ご飯が進む。

160214_07.jpg
広東式水餃子(700円:税抜き)

こちらは、もう一つの同店名物である水餃子。

160214_08.jpg

味が付いているので、そのままパクリ。水餃子にしては薄手の皮――水餃子は茹でる際に皮が破けるのを防ぐため、焼餃子よりも皮が厚めな場合が多い――に、餡がギッチリと詰まっている。おかげで餡の美味しさをダイレクトに味わえるし、思いの外アッサリした味なので飽きが来ない。こちらもお勧め。

160214_09.jpg

そうそう、いい忘れてた。パイコー飯を注文すると杏仁豆腐がサービスでついてくるよ!

リーズナブルな価格も魅力のひとつ。皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 09:17| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:中華 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

中野『オリエントスパゲティ』さんは「オシャレ系なのにガッツリ系」の事

或る日のこと。中野駅の北部で所要を済ませていたら、14時近くになっていた。帰宅のために同駅に向かい歩を進めていたが、途中でお腹が空いてきたので寄り道することに。

160211_01.jpg
オリエントスパゲティパスタ / 中野駅新井薬師前駅沼袋駅

JR中野駅の北口から徒歩7〜8分、薬師あいロード商店街の一角にある(詳しい場所は上部リンク先または記事下の地図を参照)『オリエントスパゲティ』さん。イタリア公式認定のオーガニックパスタが食べられるお店である。

160211_02.jpg
店内の様子

しかし店内はパスタ屋というよりも瀟洒なバーといった趣。特にカウンター席はそんな感じ。それも道理で、同店のもう一つのセールスポイントはオーガニックワイン。だから店頭にも「オーガニックパスタとワインの店」と書かれている。

160211_03.jpg

ランチタイム15時までと長めで、ドリンクとミニサラダが無料セットとなる。サラダをつまみながら暫く待っていると……。

160211_04.jpg
ミートソースフランク半熟卵(1242円:税込み)
※写真は大盛り(無料)

お目当てのパスタがご到着! いろいろな種類があったのだが、今回はド定番のミートソース。

160211_05.jpg

さらに奮発して、ブツ切りにされたフランクフルトソーセージと半熟卵が入ったバージョンを注文した。

160211_06.jpg

物の本によれば、麺はチーズ・バター・タバスコで和えられ下味がついているとのこと。一方のミートソースは国産牛と香味野菜を煮込み、バジリコで香りをつけられた濃厚なもの。濃厚なソースの味を麺がガッチリ受け止め、口にするたびに物理的にも精神的にもガッツリとした満足感でいっぱいになる。またソーセージのガッシリとした食べごたえは絶好のアクセントになるし、半熟卵を崩せは味の変化も楽しめる。

中休みが無いのも使い勝手の良さに繋がる『オリエントスパゲティ』さんに、皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 13:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

西早稲田『ひまわり』さんで美味しい肉じゃがに出会うの事

或る日、私は西早稲田界隈に出没していた。「美味しい肉じゃがを味わえるお店がある」との情報を聞きつけたからだ。

160207_01.jpg
ひまわり定食・食堂 / 西早稲田駅東新宿駅新大久保駅

東京メトロ副都心線・西早稲田駅より徒歩5分ほど。明治通りを新宿方面に南下していくと通り沿いにある(詳しい場所は上部リンク先または記事下の地図を参照)『ひまわり』さん。ありがたいことに朝の6時から営業している定食屋さんで、老若男女を問わず人気。

160207_02.jpg
店内の様子

外見に比べ店内は奥行きがあって席数も多く、かなりユッタリしている。店名に因んでヒマワリの写真が額に入れて飾ってあったりするが、大衆食堂は店内の装飾には無頓着なケースが少なくないので、こうした風流があるのは心が和む。

160207_03.jpg
肉じゃがとメンチカツ定食(800円:税込み)

今回の注文は、日替定食のひとつに入っていた、肉じゃがとメンチカツ定食。

160207_04.jpg

大きなジャガイモの塊が2つも入った肉じゃがは迫力満点。これだけでも十分な量なのに、

160207_05.jpg

大ぶりのメンチカツまでついてくる嬉しい仕様なのだ。

160207_06.jpg

その他は小鉢と香の物、そしてご飯というラインナップ。

160207_07.jpg

ネットリとした舌触りが心地よいジャガイモは、大きいのに中までシッカリ味が染みていて美味しい。味付けが甘すぎないのも有り難い。甘みが強いとご飯のオカズには不向きだと私は思っているので……。

160207_08.jpg

メンチカツは衣サックリ、中はジューシーで肉の旨味もバッチリの理想形。1個しかないのが惜しまれる。

酒類も充実しているので、肉じゃがなどを単品で注文して酒肴にするもよし。皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 08:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

日銀のマイナス金利導入について一言

日銀追加緩和でマイナス金利導入、株価は乱高下
(ロイター)
http://jp.reuters.com/article/boj-policy-rate-idJPKCN0V70AM



日本銀行(日銀)は、昨日の金融政策決定会合にて追加の金融緩和策を決定。金融機関の手元資金である当座預金の一部金利をマイナスにする、いわゆる「マイナス金利」の導入に踏み切った。マイナス金利の導入は日本では初の試みとなる。

原油価格の下落と中国の景気失速で世界経済の先行きへの不安が強まり、日本の景気浮揚・デフレ脱却が遅々として進まないなか、日銀が断固とした姿勢を見せたことが評価されたものの、資金供給量を増やすといったような即効性のある政策ではないことや、一般の銀行に対しては(理由は後述するが)収益の悪化に繋がりかねない政策のため、日経平均株価は乱高下の展開となった。

一方で外国為替市場については、金利格差の観点から円高への対抗策になると解釈され、決済による反落を消化しつつ1ドル121円台を回復して週の取引を終えている。

さてマイナス金利とは何か? 銀行などの金融機関は、融資量に応じて日銀の当座預金口座に資金を預けており、一定額以上の分については現在、日銀が年間で金利0.1%をつけている。今後は、これの一部が金利マイナス0.1%となり、金融機関が日銀に資金を預けていても金利分だけ目減りしていく。

そのため、銀行は日銀に資金を預けっぱなしにはせず今まで以上に融資を積極的に行う必要に迫られ、融資を受けた企業は設備や人材に資金を回せるようになるので実体経済を刺激する効果があるとされている……とはいうものの、

「何事も、教科書通りにはいかないんだよ!」
(by.ジュドー・アーシタ:機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST より)

160130_01.jpg
機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST PlayStation 3 the Best

というのが世の常。0.1%とはいえ今までノーリスクで得られていた収益分に代わるだけの融資先を銀行が簡単に見つけられるかどうかには疑問の声も少なくなく、体力の無い地方銀行などは合併を迫られる展開になるかもしれない。

しかし日銀がマイナス金利を導入したのは、銀行がおカネを貯めこむだけで市中に回そうとしないからという面もある。日銀はマイナス金利を導入することで、一般の銀行に対し「金利をアテにせず自分で稼げ! 顧客から預かったカネを日銀ではなく利率の良い所に貸し出して金利差益で儲ける、銀行の本来の業務に邁進しろ!」と尻を叩いたのだ、と私は解釈している。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 18:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感:経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みんなのプロフィールSP
ブログランキング