2016年02月27日

武蔵小杉『お肉屋さんのラーメン家 生治ミート』さんで“大豚”と激闘するの事

この日、私は決死の覚悟で或るお店へと向かっていた。大ボリュームのラーメンがあるとの噂を聞き、戦いを挑むと決意したためだ。

160227_01.jpg
お肉屋さんのラーメン家 生治ミートラーメン / 武蔵小杉駅向河原駅新丸子駅

東急東横線・武蔵小杉駅の南口から徒歩5〜6分、開発著しい武蔵小杉エリアにあって昔からの風情が残る商店街のひとつである法政通り南壱番街の一角に店を構える(詳しい場所は上部リンク先または記事下の地図を参照)『お肉屋さんのラーメン家 生治ミート』さん。店名は「しょうじミート」と読む。「お肉屋さんのラーメン家」という言葉通り、同じく武蔵小杉にある精肉店が数年前に開店させたお店である。

160227_02.jpg
店内の様子

カウンター9席×テーブル12席の店内は、比較的最近できたラーメン店にしては内装がシンプルだが、定食系も扱っているタイプのお店だし、昔ながらの商店街に店を構えているのだから、このほうが落ち着く。店頭にある券売機で食券を購入してからカウンター席に陣取り、しばし待つ。

160227_03.jpg
三匹の子豚麺(1450円:税込み)

そして到着したのが、今回のお目当て、三匹の子豚麺!

160227_04.jpg

特大サイズのチャーシュー(×3)、分厚い豚の角煮、さらにラーメンの具としては極めて珍しいトンカツまで乗っかった、ビジュアルだけで胃袋に衝撃をもたらすラーメン。3種類の豚肉系具材が乗っかっているので三匹の子豚麺というネーミングなのだが、各具材の手加減抜きの大きさに「どこが“子豚”じゃ、“大豚”やんか〜!」と怪しい関西弁でツッコミを入れずにはいられない。

160227_05.jpg

はやる気持ちを抑え、まずはスープから。存外にもアッサリな醤油とんこつ系なのだが、これだけ脂ギッシュな具材がスープの上に乗っかっていることを思うと、意図的にアッサリ系に調整して全体のバランスを取っているのかもしれない。

160227_06.jpg

そして麺は細麺で弾力のあるタイプ。主食として十分な美味しさを持っていると思うが、食べ終わってみると、なぜか箸休め的な印象が残るから不思議。それは何故かと考えたら、やはり、このラーメンの主役が三匹の“大豚”であるがゆえだろう。

160227_07.jpg

160227_09.jpg

160227_08.jpg

口の中で柔らかく蕩けるチャーシュー、脂が乗った濃密な甘辛さを持つ豚角煮、オーダーが入ってから一枚ずつ揚げるためスープに浸っているにもかかわらず衣サクッ中ジュワッの感触が味わえるトンカツ……さすが精肉店が営むだけあって、いずれも主役を張れるだけの美味しさの持ち主だ。


注意点を挙げれば、半端じゃ無いボリュームなので胃袋への負担が尋常ではないところ。皆様も、お腹をペコペコにし、かつ体調を万全に整えたうえで訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 20:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

元町・中華街『龍鳳酒家』さんで、中華街の料理人たちも支持するパイコー飯を頂くの事

160214_01.jpg

或る日のこと、春節(しゅんせつ:旧暦の正月で中華圏最大の祝日)に沸く横浜中華街を訪れた。以前にも書いたと思うが、現在の住まいから列車一本でいけるので、私は横浜中華街で昼食・夕食を食べることがしばしばある。今回訪れたのは……。

160214_02.jpg
中華料理 龍鳳酒家広東料理 / 日本大通り駅石川町駅元町・中華街駅

横浜中華街・善隣門の近く、中華街大通り(中山路)から脇道に入った所にある(詳しい場所は上部リンク先または記事下の地図を参照)『龍鳳酒家』さん。中華街の料理人たちも通い詰めるという、美味しい広東料理が食べられるお店である。

160214_03.jpg

入店したのは夜の部が始まってから少し経った18:00ごろ。客層は中高年からファミリー層まで幅広い。

160214_04.jpg
パイコー飯(800円:税抜き)

今回の注文は、同店名物のパイコー飯。

160214_05.jpg

排骨飯(パイコーハン、パイクーハン)というと、豚の骨付きスペアリブ(排骨)にカレー粉等で下味をつけて揚げたものを乗っけたご飯ものを想像するが、同店の排骨はトウチ(中華の調味料の一種。黒豆に塩を加えて発酵させ、水分を飛ばしたもの)などで煮込んだもの。

160214_06.jpg

お肉は口の中で軽く歯を使うだけで簡単に骨が取り除けるほど柔らかいだけでなく、肉そのものにも旨味がタップリ。「骨の周りの肉は美味しい」とはよく言うが、それを実感できる美味しさだ。また肉に絡んでいるソースもコクと香りが尋常ではなく、これだけでも十分ご飯が進む。

160214_07.jpg
広東式水餃子(700円:税抜き)

こちらは、もう一つの同店名物である水餃子。

160214_08.jpg

味が付いているので、そのままパクリ。水餃子にしては薄手の皮――水餃子は茹でる際に皮が破けるのを防ぐため、焼餃子よりも皮が厚めな場合が多い――に、餡がギッチリと詰まっている。おかげで餡の美味しさをダイレクトに味わえるし、思いの外アッサリした味なので飽きが来ない。こちらもお勧め。

160214_09.jpg

そうそう、いい忘れてた。パイコー飯を注文すると杏仁豆腐がサービスでついてくるよ!

リーズナブルな価格も魅力のひとつ。皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 09:17| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:中華 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

中野『オリエントスパゲティ』さんは「オシャレ系なのにガッツリ系」の事

或る日のこと。中野駅の北部で所要を済ませていたら、14時近くになっていた。帰宅のために同駅に向かい歩を進めていたが、途中でお腹が空いてきたので寄り道することに。

160211_01.jpg
オリエントスパゲティパスタ / 中野駅新井薬師前駅沼袋駅

JR中野駅の北口から徒歩7〜8分、薬師あいロード商店街の一角にある(詳しい場所は上部リンク先または記事下の地図を参照)『オリエントスパゲティ』さん。イタリア公式認定のオーガニックパスタが食べられるお店である。

160211_02.jpg
店内の様子

しかし店内はパスタ屋というよりも瀟洒なバーといった趣。特にカウンター席はそんな感じ。それも道理で、同店のもう一つのセールスポイントはオーガニックワイン。だから店頭にも「オーガニックパスタとワインの店」と書かれている。

160211_03.jpg

ランチタイム15時までと長めで、ドリンクとミニサラダが無料セットとなる。サラダをつまみながら暫く待っていると……。

160211_04.jpg
ミートソースフランク半熟卵(1242円:税込み)
※写真は大盛り(無料)

お目当てのパスタがご到着! いろいろな種類があったのだが、今回はド定番のミートソース。

160211_05.jpg

さらに奮発して、ブツ切りにされたフランクフルトソーセージと半熟卵が入ったバージョンを注文した。

160211_06.jpg

物の本によれば、麺はチーズ・バター・タバスコで和えられ下味がついているとのこと。一方のミートソースは国産牛と香味野菜を煮込み、バジリコで香りをつけられた濃厚なもの。濃厚なソースの味を麺がガッチリ受け止め、口にするたびに物理的にも精神的にもガッツリとした満足感でいっぱいになる。またソーセージのガッシリとした食べごたえは絶好のアクセントになるし、半熟卵を崩せは味の変化も楽しめる。

中休みが無いのも使い勝手の良さに繋がる『オリエントスパゲティ』さんに、皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 13:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

西早稲田『ひまわり』さんで美味しい肉じゃがに出会うの事

或る日、私は西早稲田界隈に出没していた。「美味しい肉じゃがを味わえるお店がある」との情報を聞きつけたからだ。

160207_01.jpg
ひまわり定食・食堂 / 西早稲田駅東新宿駅新大久保駅

東京メトロ副都心線・西早稲田駅より徒歩5分ほど。明治通りを新宿方面に南下していくと通り沿いにある(詳しい場所は上部リンク先または記事下の地図を参照)『ひまわり』さん。ありがたいことに朝の6時から営業している定食屋さんで、老若男女を問わず人気。

160207_02.jpg
店内の様子

外見に比べ店内は奥行きがあって席数も多く、かなりユッタリしている。店名に因んでヒマワリの写真が額に入れて飾ってあったりするが、大衆食堂は店内の装飾には無頓着なケースが少なくないので、こうした風流があるのは心が和む。

160207_03.jpg
肉じゃがとメンチカツ定食(800円:税込み)

今回の注文は、日替定食のひとつに入っていた、肉じゃがとメンチカツ定食。

160207_04.jpg

大きなジャガイモの塊が2つも入った肉じゃがは迫力満点。これだけでも十分な量なのに、

160207_05.jpg

大ぶりのメンチカツまでついてくる嬉しい仕様なのだ。

160207_06.jpg

その他は小鉢と香の物、そしてご飯というラインナップ。

160207_07.jpg

ネットリとした舌触りが心地よいジャガイモは、大きいのに中までシッカリ味が染みていて美味しい。味付けが甘すぎないのも有り難い。甘みが強いとご飯のオカズには不向きだと私は思っているので……。

160207_08.jpg

メンチカツは衣サックリ、中はジューシーで肉の旨味もバッチリの理想形。1個しかないのが惜しまれる。

酒類も充実しているので、肉じゃがなどを単品で注文して酒肴にするもよし。皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 08:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

日銀のマイナス金利導入について一言

日銀追加緩和でマイナス金利導入、株価は乱高下
(ロイター)
http://jp.reuters.com/article/boj-policy-rate-idJPKCN0V70AM



日本銀行(日銀)は、昨日の金融政策決定会合にて追加の金融緩和策を決定。金融機関の手元資金である当座預金の一部金利をマイナスにする、いわゆる「マイナス金利」の導入に踏み切った。マイナス金利の導入は日本では初の試みとなる。

原油価格の下落と中国の景気失速で世界経済の先行きへの不安が強まり、日本の景気浮揚・デフレ脱却が遅々として進まないなか、日銀が断固とした姿勢を見せたことが評価されたものの、資金供給量を増やすといったような即効性のある政策ではないことや、一般の銀行に対しては(理由は後述するが)収益の悪化に繋がりかねない政策のため、日経平均株価は乱高下の展開となった。

一方で外国為替市場については、金利格差の観点から円高への対抗策になると解釈され、決済による反落を消化しつつ1ドル121円台を回復して週の取引を終えている。

さてマイナス金利とは何か? 銀行などの金融機関は、融資量に応じて日銀の当座預金口座に資金を預けており、一定額以上の分については現在、日銀が年間で金利0.1%をつけている。今後は、これの一部が金利マイナス0.1%となり、金融機関が日銀に資金を預けていても金利分だけ目減りしていく。

そのため、銀行は日銀に資金を預けっぱなしにはせず今まで以上に融資を積極的に行う必要に迫られ、融資を受けた企業は設備や人材に資金を回せるようになるので実体経済を刺激する効果があるとされている……とはいうものの、

「何事も、教科書通りにはいかないんだよ!」
(by.ジュドー・アーシタ:機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST より)

160130_01.jpg
機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST PlayStation 3 the Best

というのが世の常。0.1%とはいえ今までノーリスクで得られていた収益分に代わるだけの融資先を銀行が簡単に見つけられるかどうかには疑問の声も少なくなく、体力の無い地方銀行などは合併を迫られる展開になるかもしれない。

しかし日銀がマイナス金利を導入したのは、銀行がおカネを貯めこむだけで市中に回そうとしないからという面もある。日銀はマイナス金利を導入することで、一般の銀行に対し「金利をアテにせず自分で稼げ! 顧客から預かったカネを日銀ではなく利率の良い所に貸し出して金利差益で儲ける、銀行の本来の業務に邁進しろ!」と尻を叩いたのだ、と私は解釈している。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 18:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感:経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

「過去最大の素数発見」発見の報に思うこと

「史上最大の素数」、更新される
(WIRED.jp)
http://wired.jp/2016/01/22/discover-your-own-prime-number/

過去最大の素数発見、2233万8618桁 米大学教授
(朝日新聞デジタル)
http://www.asahi.com/articles/ASJ1R1W3LJ1RUHBI007.html

昨年9月、米セントラルミズーリ大学のカーチス・クーパー教授によって、過去最大となる2,233万8,618桁の素数が発見されていたことがわかった、と記事は伝えている。2013年に発見されたものよりも約500万桁大きいとのこと。同教授は2の累乗数から1を引いた数で表されるメルセンヌ数から素数探しを続けているとのこと。

素数とは「1より大きく、1とその数以外で割り切れない整数」である。私も学生時代に学んで知識としては知っていたが、実生活でそれを意識することは殆ど……いや、全くと言い切っていいほど無かった。

しかし以前、勤め先の業務の都合で、学生時代にクーパー教授と同じく巨大素数探しを研究していたという、某ゲームソフト開発メーカーのプログラマーに出会った。その方に「純粋な学術的興味から(巨大素数を)研究していたのか?」と質問したところ、「コンピューター関連のセキュリティ技術に応用するのだ」と聞かされ、驚くと同時に納得したのを覚えている。

私は素数を意図的に使う人なんて

「落ちつけ…………心を平静にして考えるんだ…こんな時どうするか…… 2…3、5…7…11…13…17……19。落ちつくんだ…『素数』を数えて落ちつくんだ…『素数』は1と自分の数でしか割ることのできない孤独な数字……わたしに勇気を与えてくれる。」
(エンリコ・プッチ神父:ジョジョの奇妙な冒険第六部 より)

160124_01.jpg
超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第六部 77.エンリコ・プッチ(荒木飛呂彦指定カラー)約16cm PVC・ABS製 塗装済み可動フィギュア

どこぞの神父様だけかと思っていたからだ(笑)。

しかし「素数がコンピューター関連のセキュリティ技術に応用できる」なんてことは、それこそ最近になってから分かったことで、それまでは純粋に学術的興味というか、好奇心から研究が続けられてきたはずだ。

そう思えば、現段階では学術的好奇心を満たす以上の役には立ちそうもないように見える研究も、将来的には思いがけない知識や技術に転用できる日が来るのかもしれない。やはり学術研究や技術開発への投資を惜しんではいけないのだなぁ……特に日本のような資源の無い国は。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 09:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感:社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

『2016年 元祖有名駅弁と全国うまいもの大会』レポート

160117_01.jpg
会場の様子

新春恒例、京王百貨店新宿店の駅弁大会『元祖有名駅弁と全国うまいもの大会』レポート。今年は休日出勤の帰りに寄り道(毎年このパターンだなあ……)。では今回の“戦利品”のご紹介。

160117_02.jpg

160117_03.jpg
印籠弁当(1080円:税込み)

まずは水戸駅・印籠弁当。茨城県水戸の有名人といえば常陸水戸藩の第2代藩主で名君の誉れ高い徳川光圀。光圀公の官位が中納言、中納言の唐名が黄門だったため、別称を水戸黄門という。

それはさておき、テレビドラマ「水戸黄門」でお馴染み三葉葵の紋所が入った印籠を模した楕円形のプラスチック製容器は、二段重ねの重箱になっている。下段は貝・鶏肉・蛸・錦糸卵などが載った炊き込みご飯、上段は梅の名所である水戸偕楽園に因んで青梅の甘露煮や豚肉の梅和えなどが用意されている。

それぞれの食材が生かされた、あっさり系で飽きのこない美味しさ。また楕円形の容器は手に馴染んで持ちやすく、スペースが限られる列車内での食事にはありがたい。

160117_04.jpg

160117_05.jpg
鮑の炊き込みめし(1400円:税込み)

お次は小淵沢駅・鮑の炊き込みめし。二枚貝の形に編まれた竹籠容器が秀逸。上蓋を開けると薄紙に包まれた白いトレーがあり、その中に貝の炊き込みご飯・エリンギやゴボウ、馬肉といった煮物類、デザートに巨峰寒天餅が入り、トドメに鮑の煮貝が2つ入る。

メインディッシュとなる鮑の煮貝は小ぶりではあるが、味は濃厚で楽しめる。オカズとなる各種煮物も良いお味。少々割高なのと、容器が嵩張るのが難点ではあるが、容器は持ち帰って小物いれにしてもよし。

160117_06.jpg

160117_07.jpg
しゃもじかきめし(1200円:税込み)

そして広島駅・しゃもじかきめし。特徴的な杓文字(しゃもじ)型容器の中に牡蠣飯を入れ、その上に錦糸卵・紅生姜・青海苔を散らして牡蠣の煮物を3個載せる。更に牡蠣フライと牡蠣の味噌和えが1個ずつ入り、紅白なます、じゃこ煮、広島菜漬が添えられる。

弁当の宿命でご飯もオカズも出来立ての温かさは無いのだが、そんなハンディキャップを微塵も感じさせない牡蠣好き大満足の美味しさで、私のお気に入り駅弁のひとつ。押しも押されもせぬ広島駅を代表する駅弁だが、10月頃から翌3月までの期間限定発売なのでご注意を。

160117_08.jpg

160117_09.jpg
ひっぱりだこ飯(1000円:税込み)

160117_10.jpg
※会場内の販売ブースにあった断面模型

最後は西明石駅・ひっぱりだこ飯。蛸壺をイメージした焦茶色の陶器を入れ物として醤油味の炊き込みご飯を入れ、マダコの旨煮や穴子の時雨煮、蛸の揚げ蒲鉾などがオカズとして参戦する。身が引き締まっているけれど柔らかい蛸の味は秀逸で、これも私のお気に入り駅弁のひとつ。

なお掛け紙に電子レンジでの加熱が推奨されているが、加熱するとオカズとして入っている味付け菜の花の良い香りが広がり、食欲を刺激するのでお試しあれ。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 10:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:駅弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

ニューイヤー駅伝のアクシデントに思う「リードは飼い主の思いやり」

ニュース系の記事を書くのは何ヶ月ぶりだろう……。


毎年1月1日に開催される全日本実業団対抗駅伝競走大会、通称『ニューイヤー駅伝』は、箱根駅伝と並ぶ正月の定番スポーツ大会である。

全日本実業団対抗駅伝競走大会(Wikipedia)

元日のまったりしたムードのなか、毎年視聴している方も多いのではないだろうか?
今年(2016年)の同大会はトヨタ自動車の連覇で幕を閉じた。

<ニューイヤー駅伝>トヨタ自動車が連覇 3回目のV
http://mainichi.jp/articles/20160101/k00/00e/050/129000c

しかし、このアクシデントがなければ、結果は違っていたかもしれない。

【ニューイヤー駅伝】選手が犬とぶつかり転倒 「運営側に規制が必要」という声も
(ガジェット通信)
http://getnews.jp/archives/1330026

アクシデントが発生したのは、全区間で唯一外国人選手が走れるため「インターナショナル区間」とか呼ばれる2区。優勝候補の一角・コニカミノルタ所属のP.クイラ選手が、突然歩道から飛び出してきた犬に躓いて転倒してしまったのだ。



映像でも分かる通り、当時のレースは俗にいう団子状態だったため選手は他選手の動向に気を取られがちだったことと、クイラ選手は集団で一番歩道寄りを走っていたこと、なにより

「犬につまづいたァーっ なんで犬が出てくるんだァーっ!!」
(by.アヌビス神:ジョジョの奇妙な冒険第三部 より)

160102_01.png
ジョジョの奇妙な冒険 (21) (ジャンプ・コミックス)

歩道から犬が飛び出して来るなんて想定の範囲外だっただろうから、避けられなかったと思われる。

このアクシデントにより、コニカミノルタは順位を大きく落とし12位に後退。その後の区間で他選手がリカバリーし、優勝争いに絡んだものの、トップと僅か20秒差で2位に甘んじた。

さて、映像をよく見てもらうとわかるが、飛び出してきた犬は観客が連れてきたもので、しかも飼い主と思しき人物は幼い子どもを抱きかかえつつ応援用の小旗を持っているのが見て取れる。その上でレースに気を取られれば、リード(引き紐)を持つ手への意識も散漫になろうというものだ。

そもそも愛犬家の中には犬をリードでつなぐことに否定的な人が少なくない。しかし今回のアクシデントも、飼い主がリードをシッカリ持っていれば防げたのだ。レース進行を邪魔された主催者側から威力業務妨害等で訴えられたり、レース結果に影響を及ぼされたコニカミノルタ側から損害賠償を請求される可能性だってあるのだから、軽く見てはいけない。

リードは飼い犬の“拘束具”ではない。愛犬を事故やトラブルから守るために必要不可欠な、飼い主の“思いやり”なのだ、と私は思う。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 05:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感:社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

謹賀新年

160101_01.png
ラブライブ! カレンダー2016


謹んで新春のお慶びを申し上げます。

旧年中はひとかたならぬご高配にあずかりまして誠にありがとうございました。

今年こそ「叶え!みんなの夢――」

皆様が大きく飛躍を遂げる一年となりますよう祈念いたします。

そして私自身も、大きく変化し、脱皮し、躍進を遂げる一年とするよう、
日々の一歩一歩を積み重ねて行きたいと思います。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
m(_ _)m


平成28年元日

ブログ『ただいまに生きる』管理人
只今 拝


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

新宿『豚珍館』さんで行列必至のとんかつを堪能するの事

年の瀬も押し迫った或る日のこと。新宿周辺に出没して所要を片付けたのち、少々……いや、かなり遅めとなってしまったのだが、昼食も済ませる事にした。

私は幼少の頃、隣駅の代々木に住んでいた事もあり、新宿周辺には土地勘がある。そのため、このブログでも新宿周辺のお店の紹介が多くなるのだが、それでも紹介しきれないぐらい良店の多いエリアでもある。そして今回ご紹介するのは……。

151231_01.jpg
豚珍館とんかつ / 新宿駅都庁前駅新宿西口駅

JR新宿駅から徒歩5分ほど。新宿駅西口エリアの新宿郵便局周辺、牛丼チェーン松屋横の路地を進んだ先にある雑居ビル2階に店を構える(詳しい場所は上部リンク先または記事下の地図を参照)『豚珍館』さん。「行列のできるトンカツ屋」として知られている。

なにしろ、この日、同店を訪れたのはコアなランチタイムはとっくに過ぎた、昼の部の閉店時間も近い15時近く。にもかかわらず、私は(数人ではあったが)順番待ちの列に並ぶことになったぐらいだ。さらに、私の後にも2名ほど行列に並んだのである。

なお、同店は場所柄もあるのか日本語に不慣れな客もよく訪れるようで、この日も、私のあとに並んだ2人連れがアジア系と見て取った店員さんが、バリバリのジャパニーズイングリッシュ(他人の批判ができる立場ではないが 笑)で事前注文を伺っていた。

151231_02.jpg
店内の様子

閑話休題、客の回転は良い模様で、それほどの待ち時間はなく入店できた。当然の如く店内は満席なので、当然の如く相席となった。

151231_03.jpg
とんかつ定食(900円:税込み)

さて、行列に並んでる最中にオーダーを通していた事もあり、席に着いてから然程間を置かずに同店の主力メニュー、とんかつ定食が到着。

151231_04.jpg

トンカツは、1000円を切る価格でありながら非常に大ぶりで肉厚!

151231_05.jpg

ご飯も、普通盛りでもボリューム満点!

151231_06.jpg

更に豚汁まで付いてくる大盤振る舞い。

151231_07.jpg

トンカツの衣はカリッとやや固め、一方で中の肉は歯ごたえはあるが決して固くはなく、心地良い噛み心地と旨味を提供してくれる。塩を軽く振っただけで、大満足の美味しさを享受できるのだ。新宿という飲食店激戦区で、このコストパフォーマンスの良さなのだから行列必至も納得だ……。

151231_08.jpg

もちろん、卓上にある自家製ソース(辛口・甘口の2種類あり)をかけて食べても美味しい。ただ個人的には、衣のカリッと感を味わいたいので、あまりかけ過ぎない、もしくは食べる直前に都度かけるほうが良いと思う。

アクセス至便なので訪れるのは難しくないはず。皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 08:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みんなのプロフィールSP
ブログランキング