2017年03月18日

秩父『そばの杜』さんで秩父名物を一度に楽しむの事

三峯神社への参拝を終え(前回エントリー参照)、秩父市街まで戻ってきた。
秩父市街を散策しつつ、向かった先は……。

170318_01.jpg
秩父ふるさと館

秩父鉄道秩父駅から徒歩5分のところにある、大正時代の問屋店舗兼母屋を改装した、地元の物産品や農作物などを販売する観光施設である『秩父ふるさと館』。

170318_02.jpg
そばの杜そば(蕎麦) / 秩父駅御花畑駅西武秩父駅

その2階に店を構える(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『そばの杜』さん。
古くから蕎麦の栽培が盛んで、かつ荒川上流部という水資源に恵まれた秩父は蕎麦処として知られれ、蕎麦の名店も数多い。同店はそのうちの一件で、地元民にも観光客にも好評を得ている。

170318_03.jpg
店内の様子

店内は靴を脱いで上がる方式。元が大正時代の旧家だからか空間の造りに余裕があり、寛げる。

170318_04.jpg
ちちぶ御膳(1600円:税込み)

今回の注文は、秩父の名物が一度に楽しめる、ちちぶ御膳。

170318_05.jpg

メインとなる蕎麦に、

170318_06.jpg

野菜の天ぷら、

170318_07.jpg

麦とろ御飯、

170318_08.jpg
写真左から、みそポテト・おなめ(とキュウリ)・しゃくし菜の漬物

そして秩父の郷土料理、みそポテト・おなめ(とキュウリ)・しゃくし菜の漬物のセット。秩父では、農作業の合間など小腹がすいたときに食べる郷土料理を小昼飯(こぢゅうはん)と呼んでいるが、これらは小昼飯の代表例となる。

なおそれぞれの簡単な説明は以下の通り。
・みそポテト:蒸(ふか)してから揚げたジャガイモに甘味噌ダレを掛けたもの
・おなめ:刻み野菜などを入れた嘗味噌(なめみそ:それ自体を副菜として食べる味噌)
・しゃくし菜:正式名称は雪白体菜(せっぱくたいさい)。秩父地方で白菜の代わりに生産される葉物野菜

170318_09.jpg

蕎麦は二八の手打ちで、腰が強くやや太め。ツユは風味の強い部類に入るのだが、これに負けない美味しい蕎麦だ。

170318_10.jpg

もちろん天ぷらや、

170318_11.jpg

みそポテトも揚げたてで美味しいし、

170318_12.jpg

麦とろ御飯にも満足!

観光施設内というアクセスの良さも魅力。皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 15:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:蕎麦・うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

上野『国産二八蕎麦 蕎香』さんで駅そばらしからぬ蕎麦を味わうの事

この日、父と会う約束があったので上野駅までやってきた。ただ約束の時間まで少々余裕があったので……。

170121_01.jpg
国産二八蕎麦 蕎香そば(蕎麦) / 上野駅京成上野駅稲荷町駅

昼総合点-

JR上野駅構内の3階にある商業施設「ecute(エキュート)上野」の一画にある(詳しい場所は上部リンク先または記事下の地図を参照)『国産二八蕎麦 蕎香』さん。

170121_02.jpg
店内の様子

駅構内の蕎麦店……いわゆる「駅そば」にも関わらず、店名通り国産蕎麦粉を使用した二八蕎麦を

170121_03.jpg
卓上のポップスタンド

エキュート館内の製麺室にて必要な分だけ作り提供しているという拘り系のお店である。

170121_04.jpg
5種野菜のかき揚げそば(750円:税込み)

今回の注文は、店頭券売機の左上隅ポジションに鎮座する同店の一番人気、5種野菜のかき揚げそば。
麺は温・冷を選べるが、今回は冷(もり)をチョイス。

170121_05.jpg

細身で艶やかな蕎麦は冷水でキュッと締まっており、これだけ見せられたら駅そばの蕎麦と見抜くのは至難の業と思われる。

170121_06.jpg

甘口のツユにつけて手繰れば、蕎麦の香りと美味しさを堪能できること請け合いだ。駅そばで蕎麦の香りまで堪能できるなんて……良い時代になったものだ(しみじみ)。

170121_07.jpg

一方かき揚げはタマネギをベースに5種類の野菜が混ぜ込んである。7〜8センチがあろうかという大きさ(高さ)にも驚きだが、

170121_08.jpg

店内での揚げたてが提供されている事実には更に驚く事だろう! その大きさのため“解体”に苦労するという贅沢な悩みがあるぐらいで、実に美味しいかき揚げである。


上野駅というターミナルステーションの構内にあり、大荷物を持っての来客を想定しているためか店内の作りに余裕がある。駅そばにありがちな手狭感はなく寛げる空間になっているのもポイントが高い。皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 20:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:蕎麦・うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

春日『源太郎そば』さんで野菜をどっさり食べるの事

或る日のこと、所用で東京ドーム周辺に出かけることになったので、少々足を伸ばし、ちょっと気になっていたお店に向かった。

161223_01.jpg
源太郎そば 春日店そば(蕎麦) / 春日駅後楽園駅本郷三丁目駅

都営三田線、春日駅A2出口から徒歩1〜2分。春日通り沿いに店を構える(詳しい場所は上部リンク先または記事下の地図を参照)『源太郎そば』さん。看板は『◯◯◯そば』だけど店名は『源太郎そば』。全面ガラス張りのお洒落な外観や、

161223_02.jpg
店内の様子

ユッタリとしたスペースで構成された開放的で清潔感がある店内は落ち着いた色合いと雰囲気を醸し出しており、一般的な路麺店(いわゆる「立ち食いそば」形式のお店のこと)が持つチープなイメージとは一線を画している。

161223_03.jpg
手荷物入れ

高級志向の蕎麦屋ならいざしらず、路麺店で手荷物入れが備え付けられているのは結構レアなケースだと思う。

161223_04.jpg
野菜どっさりそば(480円:税込み)

そんな店内で今回頂くのは、同店の人気メニューである野菜どっさりそば。

161223_05.jpg

モヤシ・キャベツ・ニンジンが計150グラムも盛られ、一日に必要とされる野菜摂取量(350グラム)の40%がいただけてしまう優れもの。

なんでも同店がある文京区では、「ぶんきょうHappy Vegetable大作戦(外部リンク)」、通称を「ハピベジ」として、1食あたり野菜は120グラム以上とれるメニューを提供するお店を加盟店として登録し、外食で野菜をタップリ摂れる環境づくりを目指しているのだそうな。

161223_06.jpg

味についての感想は「タンメンの日本そばバージョン」といったところ。野菜のそのものの味を活かすアッサリとした味付けが日本そばの穏やかな美味しさによく合う。味付けが軽やかなだけに、中華ベースのタンメンより量を食べても胃にもたれないのが嬉しい。

店舗の作りからして女性の一人客でも入りやすいと思う。皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 20:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:蕎麦・うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

新宿三丁目『香味つけ蕎麦 七並』さんのパクチーつけ麺が意外にマッチしているの事

カレー南蛮は、まだ馴染みの無かったカレーという国外の食文化を日本人が受け入れるのに一役買ったのは間違いないと思う。今回ご紹介するお店も、そんな可能性のある一件。

060402_01.jpg
香味つけ蕎麦 七並そば(蕎麦) / 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

東京メトロ他新宿三丁目駅・C5出口の近くにある雑居ビルの一階に店を構える(詳しい場所は上部リンク先または記事下の地図を参照)『香味つけ蕎麦 七並』さん。一風変わった蕎麦を食べさせてくれることで話題のお店だ。

店内は黒を基調とした小洒落たBARのような作り。棚に並べられた各種アルコール類は言うに及ばず、特にワイングラスハンガーまであるカウンター部分は、どう見てもBARそのもので、とても蕎麦屋とは思えない。なお店内の写真はピントが合っていなかったので省略(苦笑)。店頭の券売機で食券を購入し、席につく。

060402_02.jpg
パクチーつけ麺(850円:税込み)

今回の注文は、同店自慢のパクチーつけ麺。

060402_03.jpg

中国や東南アジア、またインドやメキシコ、ポルトガルなど世界中の様々な国で料理に用いられるが、日本料理では馴染みがあるとは言えないコリアンダーの生葉・パクチー(正確には「パクチー」はコリアンダーのタイ語)が、冷水で締めた蕎麦の上にタップリと盛られている。

060402_04.jpg

これをピリ辛のタレにつけて食べるのだ。

060402_05.jpg

見た目は思いっきり東南アジア系なのだが、食べてみると意外にマッチしているので驚く。思えば蕎麦はネギとワサビを投入した蕎麦汁につけて頂くが、ネギの代わりにパクチー、ワサビを溶かした蕎麦汁の代わりがピリ辛ダレと考えれば合点がいくかもしれない。東南アジア風の味付け全開なのに和風な味で着地するのは蕎麦の効用だろう。

日本人にとってパクチーは好みが割れるのは認める。春菊やミツバが苦手な人が少なくないことでもわかるように、香草類は好き嫌いの差がハッキリ出てしまうものだ。しかしパクチーを「食わず嫌い」の人がいたら、同店のパクチーつけ麺はよい入門編になると思う。皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 22:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:蕎麦・うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

中目黒『豊前房』さんで、口当たりの優しいうどんに出会うの事

或る日のこと、今年最後の散髪を終えた帰り道、ランチのため中目黒に寄り道をした。

151219_01.jpg
豊前房うどん / 池尻大橋駅中目黒駅

東急東横線ほか中目黒駅から徒歩10分ほど。同駅の正面口を出て山手通りを池尻大橋方面に向かい、郵便局の入っているビルの先の交差点を左折して暫くすると到着するのが(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)、目的地の『豊前房』さん。最近では東京でもちょくちょく散見されるようになってきた饂飩専門店である。

151219_02.jpg
店内の様子

ただ白を基調とし、オシャレなテーブルが置かれ、絵画が飾られていたりする明るく開放的な店内は小洒落たカフェのような雰囲気であり、ここだけを見たらとても饂飩屋さんとは思えない。しかし東京でも屈指の饂飩の名店としてメディアにも度々露出する実力派のお店なのである。

151219_03.jpg
豊前房うどん

今回の注文は、店名を冠した豊前房うどん。

151219_04.jpg

おぼろ昆布、複数の練り物、そして軽く炙った京揚げ(中身の生地部分に厚みがある油揚げの一種)と、具沢山な同店の看板商品だ。

151219_05.jpg

なお訪問したのはランチタイムだったので炊き込みご飯がセットでついてくる。

151219_06.jpg

アッサリだが滋味あふれるダシは、おぼろ昆布によりトロ味と深みが増してしみじみと染み渡る美味しさ。

151219_07.jpg

饂飩は手延べで、物の本によれば岡山から直送されるとのこと。手延べ……つまり庖丁で切っていないので角に丸みがあり、口当たりがとても優しい。そして噛み切る際のモチモチした食感もあくまでソフトで柔らかく、しかし自己主張もあるというレベルの高さで、こちらも上出来の美味しさだ。

駅から多少歩くのが難点だが、ルートは比較的分かりやすいはず。皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 16:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:蕎麦・うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

調布『湧水』さんで上出来の蕎麦とオリジナル甘味を味わうの事

繰り返しになるが、先日亡くなられた水木しげる先生を偲び、私は調布・深大寺を訪れた。ご存知の方も多いと思うが、深大寺周辺は東京でも屈指の蕎麦屋密集地帯。ここを訪れたからには蕎麦を手繰らずには帰れない。

151212_01.jpg
湧水そば(蕎麦) / 調布駅西調布駅

京王線調布駅から深大寺行きバスに乗り、終点で下車。そこから武蔵境通りに向かってバスで来た道(深大寺通り)を戻っていくと見えてくるのが(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『湧水(ゆうすい)』さん。名店が集う深大寺周辺の老舗蕎麦屋の中でも、行列の耐えないお店として知られる。

訪れたのはお昼前だったが早くも長蛇の列が出来ていた。寒空の下で待つ客の為、待機用腰掛けの側に膝掛けを用意している辺りは、さすが老舗の心配り。

151212_02.jpg
店内の様子

30分ほど待機した後、二階の座敷席に通された。床の間があったりして、まるで親戚の家にお邪魔したかのような気分で寛げる。

151212_03.jpg
湧水天ざる(1450円:税込み)

今回の注文は、メニューに「当店一番のオススメ!!人気No.1!」と書かれた、湧水天ざる。

151212_04.jpg

同店では九割もしくは二八で蕎麦が手打ちされており、店名である「湧水」を冠するメニューが九割そばとなる。細く切り揃えられた正統派の日本蕎麦に、

151212_05.jpg

エビや季節野菜の天ぷらがついてくる。なお天ツユが蕎麦ツユとは別に出てくるのは「老舗だから当たり前」なのかもしれないが、やはり嬉しいもの。

151212_06.jpg

幾分固めの茹で加減な蕎麦は歯ごたえ、喉越し共に上出来。もちろん蕎麦の味や香りも申し分なし。やや辛めの蕎麦ツユとの相性も抜群な美味しい蕎麦だ。

151212_07.jpg

衣はサックリ・タネは新鮮な天ぷらと共に食べ進めば、あっという間に蕎麦を完食してしまうことだろう。そう考えると、予め蕎麦を大盛り(プラス200円)にしておくのが正解かもしれない。

151212_08.jpg
そばようかん(360円:税込み)

そして、食後のスイーツには同店のオリジナル甘味・そばようかんをお勧めしたい。

151212_09.jpg

蕎麦湯に蕎麦粉(甘皮粉)を加えて固めた生地で羊羹を挟んだ三層構造の菓子だ。

151212_10.jpg

両サイドのモッチリプニプニした食感と羊羹の上品な甘さの調和が見事な美味しさ。羊羹だけだと蕎麦を食べた直後の甘味としては強すぎるかもしれないが、両サイドのモッチリプニプニ部分が良い緩衝材となっており、「口直し」という食後のスイーツ本来の目的にピッタリと思われる。皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 19:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:蕎麦・うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

恵比寿『板蕎麦 香り家』さんで板蕎麦を初体験するの事

或る日のこと、散髪の帰り道で書店に寄ったところ、新しいグルメガイド本を発見したので購入。早速パラパラとめくりながら、その本に掲載されていた一件のお店に向かった。

151024_01.jpg
板蕎麦 香り家そば(蕎麦) / 恵比寿駅代官山駅

JR恵比寿駅から徒歩2〜3分、大通りから脇道に入って直ぐの所にある(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『板蕎麦 香り家』さん。山形県の内陸部で食べられている板蕎麦を都内で楽しめる貴重なお店だ。

151024_02.jpg
店内の様子

小料理屋のような小粋な外見や内装、さらに店内流れるジャズの調べ……これらから醸し出される“高級感”に尻込みしてしまいそうだが、あに図らんやラフな格好のお一人様や幼い子供を連れた家族連れなども来店しているので、心配ご無用。

151024_03.jpg
おためし蕎麦切り(850円:税別)

今回の注文は、おためし蕎麦切り。板蕎麦の大きな特徴は、蕎麦がセイロ(蒸籠)ではなく長方形の木箱に盛られていること。板が蕎麦の余分な水分を吸収してくれるのが蒸籠より優れている部分なのだという。

151024_05.jpg

なにが「おためし」なのかというと、ノーマルの蕎麦汁と胡麻ダレの二種類で蕎麦を「おためし」できるから。

151024_04.jpg

今回、蕎麦は太打ちの田舎そばを選択しているが、細打ちも選べる。

151024_07.jpg

151024_08.jpg

物の本によれば、蕎麦は王道の二八蕎麦。太打ちならではの弾力のある歯ごたえと、太打ちには珍しい鮮やかな喉越しが両立されており、レベルの高い美味しい蕎麦となっている。蕎麦汁はともかく、胡麻ダレは個性が強いので蕎麦自体の出来が良くないと胡麻ダレに負けてしまうのだが、この蕎麦なら問題なく楽しめる。

151024_06.jpg

なおランチタイムにはサービスとして季節の炊き込みご飯(この日はサツマイモの炊き込みご飯)がついて来る。こちらもサービス品とは思えないシッカリとした出来栄え。

普段使いからハレの日まで、使い勝手の良いお店だと思う。皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 12:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:蕎麦・うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

学芸大学『恩家』さんで「行列ができるのも納得」のうどんに出会うのこと

或る日のこと、荒天を押して外出した。かねてから訪れてみたいお店があったのだが、人気店のうえに営業時間が短く、なかなかタイミングを掴めずにいたのだ。

150927_01.jpg
讃岐饂飩 恩家うどん / 学芸大学駅祐天寺駅

東急東横線・学芸大学駅から徒歩数分、学大十字路という路地の一画に店を構える(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『恩家』さん。讃岐うどんのお店としては都内でも屈指の評判店で、ガイドブックやムック本に掲載されること枚挙に暇(いとま)がない。

150927_02.jpg
店内の様子

ご覧のとおり、生憎の空模様で、しかもコアなランチタイムは過ぎたというのに、店内はほぼ満席で順番待ちも出るほど。確かにカウンターとテーブルを合わせても12〜3席程度の小規模店舗ではあるが、学芸大学駅周辺は住宅地であってビジネス街ではないことを考えれば驚愕の集客力だと思う。

150927_03.jpg
醤油うどん(550円:税込み)
※写真は大盛り(プラス100円)

今回は、一番シンプルな醤油うどんをオーダー。

150927_04.jpg
角が立ち、表面がツヤツヤのうどんは、その白さも相俟って随分と艶(なま)めかしい。その他は大根おろしと削り節、刻み海苔に酢橘(すだち)という少数精鋭。

150927_05.jpg

これに醤油をサッと掛け回して麺を啜り込む。物の本によれば醤油は、うどん県……じゃなかった(笑)香川県の地場メーカーの薄口醤油を取り寄せて使っているとのこと。冷水で〆られて心地よい弾力と喉越しを実現した麺と相まって、讃岐うどんとして高い完成度を誇る美味しさとなっている。シンプルなれど飽きの来ない逸品で、行列ができるのも納得だ。

繰り返しになるが営業時間が短い(11:00〜14:00ごろ:売り切れ仕舞い、日・月・祝休)ので予定を合わせにくいのが難点だが、皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 10:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:蕎麦・うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

八丈島『名代一休庵』さんで明日葉うどんを堪能するの事

『すし処 銀八』さんで島寿司をいただき(前回エントリー参照)、宿に戻るべくバス停を目指して歩いていると……。

150912_01.jpg
名代一休庵うどん / 八丈島)

東京都八丈支庁の隣で(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『名代一休庵』さんを発見。明日葉を練り込んだ饂飩(うどん)が名物とのこと。ポッコリお腹が気になる年頃ではあるが、胃袋にはまだ余裕があったし、雨脚が強くなってきたので雨宿りも兼ねて(注:言い訳)入店することに。

ちなみに明日葉とは伊豆諸島などに自生している多年草。「きょう葉を摘んでも明日には芽が出ている」と称されるほどの発育力の強さから「明日葉」と名付けられたほど。近年では健康食品として注目されているのでご存知の方も多いと思う。

150912_02.jpg
店内の様子

閑話休題、店内にはカウンター、テーブル、座敷席と一通り揃っており、収容人数は決して少なく無いはずだが、地元の人から観光客まで大勢の客で賑わっており満席状態。店外で少し待機したのち入店し、カウンター席に座って注文を通す。厨房にある大型冷蔵庫の扉に貼られた『ひょっこりひょうたん島(かつてNHKで放送されていた人形劇で八丈島がモデルとされる)』のキャラクターが写った八丈島の宣伝ポスターを眺めながら暫く待つ。

150912_03.jpg
一休天ざるうどん(1350円:税抜き)

そして待望の天ざるうどんが到着〜♪

150912_04.jpg

うどんには明日葉が練り込まれている。仄かな緑色が美しい。

150912_05.jpg

そして大きなエビが一尾と明日葉の天ぷらがついている。

150912_06.jpg

手打ちのうどんはかなりの太麺。モッチリした歯ごたえで食べごたえ十分。卓上の島唐辛子を漬け汁に入れると、また違った美味しさが楽しめる。

150912_07.jpg

明日葉は味にちょっと苦味があるが、天ぷらにすることでそれも消えて美味しくいただける。もちろんエビの天ぷらも上出来ですぞ。

八丈島には場所が分かりにくい(というより目印となる建物が少ないので説明しづらい)お店もあるが、八丈支庁の隣という抜群の分かりやすさも魅力的。難点を言えば、お店のご主人がお一人で厨房を取り仕切っているので混雑時には料理の提供に少々時間が掛かるぐらいか? 皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 15:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:蕎麦・うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

田端『かしやま』さんで、路麺店らしからぬ拘りを感じるの事

或る日のこと、珍しく早朝の田端駅周辺に出没した。かねてから気になっていたお店に向かうためである。

150627_01.jpg
立喰そば かしやまそば(蕎麦) / 田端駅赤土小学校前駅西日暮里駅

JR田端駅北口から徒歩数分、駅前右手にかかる陸橋に付随する歩行者専用橋を渡り、駅前ホテル近くにある急な階段を降りた付近に店を構える(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『かしやま』さん。1968(昭和43)年の創業以来、40年以上営業を続けている路麺店(いわゆる「立ち食いそば屋」)である。

店内は立ち食いスペースのみで収容人数は6〜7名、お世辞にも広いとは言えず、また客の入りも良かったため店内写真の撮影は断念。

150627_02.jpg
天ぷらそば(320円:税込み)

さて注文を通してから、ものの1分も経たないうちに天ぷらそばが到着。このスピーディーさは有難い。

150627_03.jpg

アミエビやイカが入った掻き揚げは彩りも良好。褐色のツユ・白めの蕎麦との対比も見事で全体の調和がとれている。「路麺店の天ぷら蕎麦かくあるべし」といった見本品のようなビジュアルだ。

150627_04.jpg

もちろん見た目がよいだけでなく、味のレベルも相当なもの。同店のHP(http://www3.kitanet.ne.jp/~kashi/)によれば、

・そば、うどんは自家製麺
・つゆは化学調味料等不使用
・塩は天然塩
・天ぷらも自家製(店揚げ)
・ネギは国産
 ……etc

など、路麺店らしからぬ拘り。ダシの香りが効いたツユは関東風の辛口なれどスッキリした味わい、麺は歯ごたえ・喉越し共に申し分なし。掻き揚げはダシを適度に吸って一層風味を増し、舌を大満足させる美味しさになっている。

150627_05.jpg

特に驚くのは豊かで膨らみのあるツユの美味しさで、思わず飲み干してしまったほど。一般的な路麺店の蕎麦ツユでは塩分が強すぎ、飲み干したら直後に水を求めて彷徨うことは必定なことを考えれば驚愕ものだろう。これだけのクオリティなのに価格は路麺店にしても安めの部類に入る。足繁く通う常連が多いのも納得だ。皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 18:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:蕎麦・うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

新宿『釜揚げうどん 水山』さんで野菜タップリのちゃんぽんうどんに満足するの事

一人暮らしをしていると、どうしても食事に野菜が不足しがちになる。この日も、野菜不足を補おうと、あるお店に向かった。

150614_01.jpg
釜揚げうどん 水山 新宿うどん / 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

JRほか新宿駅の東口から徒歩5分ほど。紀伊國屋書店新宿店のビル地下1階にある(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『釜揚げうどん 水山』さん。繁華街の真ん中にも関わらず、美味しい手延べうどんを食べられると評判のお店である。

150614_02.jpg
店内の様子

30席以上ある店内は、地下店舗にありがちな圧迫感は感じられず、天井も高めで広々とした印象を受ける。地下道直結の好立地も手伝って客の入りは良く、開店直後に入店した私の後を追うようにグループ客が何組か来店し、店内は瞬く間に盛況となった。

150614_03.jpg
水山ちゃんぽんうどん(750円:税込み)

今回の注文は、同店の看板メニューである、ちゃんぽんうどん

150614_04.jpg

艶やかなうどんと、豚肉・イカ・白菜といった大量の具が、醤油を利かせた温かいツユに入っているという構成。パッと見ではうどんというより、ちゃんぽんそのもののようだ。

150614_05.jpg

物の本によれば、毎朝取るダシには胡麻油を加え、更に胡椒も利かせているという。なるほど、肉・海鮮・野菜が持つ旨味に負けず、寧ろ美味しさを膨らましているのはツユの効用か。もちろん、主賓のうどんもフンワリ・ムッチリとした歯ざわりで喉越しも良く、ツユもよく絡む出来の良さ。全体的に、とても完成度の高い一杯に仕上がっている。

ビル地下ということで、厨房の大きさなど諸々制限の有る中で、一定以上のクオリティを保っているのは素晴らしいと思う。皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 15:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:蕎麦・うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

旗の台『百々亭』さんでバーチャル信州体験をするの事

現在は長野市の一部となっている戸隠村で食べられてきた「戸隠(とがくし)そば」は、岩手県の「わんこそば」、島根県の「出雲そば」と共に、日本三大そばの一つと言われている。今日は、都内で戸隠そばが食べられるお店のなかの一件をご紹介。

150510_01.jpg
百々亭そば(蕎麦) / 旗の台駅荏原町駅荏原中延駅

東急大井町線・旗の台駅から徒歩7〜8分ほど、同駅東口にある旗が丘商店街の一画に店を構える(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『百々亭(ももてい)』さん。蕎麦処兼酒処といった感じのお店である。実際、蕎麦以外の一品メニューも充実している。

150510_02.jpg
店内の様子

物の本によれば、同店は「長野県の民宿で食べた蕎麦の美味しさに感動した店主が、長野県戸隠で修行して」開店したお店とのこと。店内が古民家風(民宿風?)の造りなのは、そうした経緯が反映されているのかもしれない。

150510_03.jpg
蕎麦せんべい(揚げそば)

近隣には居酒屋的なお店が少ないためか、グループで事前予約し、来店早々酒肴とアルコールを注文するお客さんが複数見受けられた。突き出しの蕎麦せんべいを摘み、蕎麦茶を啜りながら出来上がりを待つ。

150510_04.jpg
天麩羅蕎麦 (1836円:税込み)

今回は写真映えも考慮し、奮発して蕎麦屋の花形メニューである天ぷら蕎麦をオーダー。

150510_05.jpg

戸隠そばは、馬蹄のような形に整えた一口大の蕎麦を、円形の笊(ざる)に5束並べて盛り付ける「ぼっち盛り」で饗されるのが基本。

まず、なぜ馬蹄状に形成されるかだが、こうすることで切れたり折れたりした蕎麦が自然と選り分けられるからなのだそうだ。これは戸隠地方における蕎麦が、神様へのお供え物や身分の高い人への饗(もてな)し料理だったためである。また5束なのは戸隠地方にある戸隠神社の御祭神が5柱なのに由来するとのこと。

さらに「ぼっち盛り」の「ぼっち」とは「法師(もしくは坊主)」の意味。同地は霊峰戸隠山への信仰を背景に修験道場として栄えた場所。山奥に一人籠もって「ひとりぼっち」で修行する法師の携帯食が蕎麦だったことが語源と考えられているようだ。

【参考】
戸隠神社Webサイト
http://www.togakushi-jinja.jp/shrine/history/togakushisoba/

長野県・戸隠そば【山口屋】Webサイト
http://www.togakushisoba.com/app/Blogarticleview/index/ArticleId/163

150510_06.jpg

閑話休題、天麩羅はタネが8種類も盛られて豪華!

150510_07.jpg

150510_08.jpg

キュッと締まった蕎麦はツルンとした舌触りで喉越しも抜群。濃い口のツユとの相性もよく、噛めば蕎麦の香りと美味しさが口いっぱいに広がる。天麩羅はタネの選択が絶妙で、8種類もあるのに最後まで飽きることなく食べられる。もちろん天麩羅自体の出来も良いので、日本酒のアテにも良いだろう(私は下戸なので試せないけど 苦笑)

古民家風の店内で戸隠そばを手繰れば、バーチャル信州体験ができること間違いなし!? 皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 10:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:蕎麦・うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

中野『田舎そば かさい』さんで食べごたえ満点のソバを愉しむの事

統一地方選挙後半戦、最後の追い込みとなった先週末の土曜日、所用があって中野に出かけた。再開発が進んで綺麗になった中野駅北口駅前の広場では、各候補者および応援者の演説が入れ替わり立ち代わりで行われていた。

その様子を横目で見ながら向かった先は……。

150429_01.jpg
田舎そば かさいそば(蕎麦) / 中野駅

中野駅北口から駅前広場を挟んで直ぐ、アーケードでお馴染み中野サンモール商店街入り口の向かって右側に位置(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)する『田舎そば かさい』さん。同地で約40年もの間、不動の“ポールポジション”を守り続ける路麺店(立ち食いそば屋)である。

相も変わらず客の入りは良く、スペースが空くまで近場で暫し待機。更に空きスペースに入り込んでからも、ワンオペ仕事で些かテンパリ気味だった従業員のオバチャン……もといオネエサマに余裕ができるまで待つこととなった。

150429_02.jpg
メニュー

同店は、基本となる「田舎そば」にトッピングを組み合わせて注文する方式。組み合わせ自由の上に、トッピング2種類以上で割引となるサービスもある。料金体系が複雑になる上に食券制ではないため暗算で代金の遣り取りをしなければならない。ハクション大魔王なみに暗算の苦手な私(笑)は「従業員さんのストレスは相当なものでは?」と心配してしまう。

150429_03.jpg
田舎そば+いか天+わかめ(計460円:税込み)

今回の注文は、同店の花形トッピング・いか天と、写真映えを考慮してわかめをプラス。

150429_04.jpg

丼からハミ出す巨大いか天と、威勢よく盛られたわかめ。費用対効果抜群のビジュアルである。

150429_05.jpg

同店はソバの薬味としては珍しく下ろし生姜を置いてあるのでそれを適量投入したのち……。

150429_06.jpg

食す!「田舎そば」と銘打つだけあり、麺は相当太めであり、濃い目で若干甘目のツユをよく絡める。食べごたえが有って美味しい。下ろし生姜の功徳で後口もサッパリして良い。いか天も歯切れが良くイカの美味しさを楽しめるし、ボリューム的にも満点。皆様も中野に訪れの際には、ぜひお試しを。


以下余談

常連客の一人が従業員のオ…ネエサンに「選挙演説がうるさい」旨の話を振ったら「政策内容じゃなく名前を連呼しているだけだからうるさく感じるのよ」との返事。色々考えさせられる一言だ。政治家および政治家を志す皆様、今後の参考にされたし。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 10:43| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:蕎麦・うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

西武新宿『いわもとQ』さんのリーズナブルな茹でたて・揚げたての天ぷら蕎麦を大晦日に食するの事

今日は大晦日、ということで年越し蕎麦を食べるために外出したのだが、お目当てとしていたお店が臨時休業だったりメニューが限定されていたりという空振りが続いた。こんな時に頼りになるのが路麺店(いわゆる“立ち食いそば”タイプのお店)。夏季休暇シーズンや年の瀬であっても通常営業している所が多いからだ。

141231_01.jpg
いわもとQ 歌舞伎町店そば(蕎麦) / 新宿三丁目駅西武新宿駅新宿西口駅

やって来たのは西武新宿線・西武新宿駅から徒歩数分、メフィスト病院……じゃなかった(汗)、新宿区役所の裏手にある(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『いわもとQ 歌舞伎町店』さん。住所が歌舞伎町なので便宜上西武新宿駅を最寄り駅としたが、JR新宿駅や地下鉄の新宿三丁目駅からも十分に徒歩圏内である。

141231_09.jpg
店内の様子

歌舞伎町は「夜の街」のイメージが強いかもしれないが、昼の人口も相当なもの(区役所あるぐらいだしね)。さらに大晦日ということもあり、店内は盛況だった。

141231_02.jpg
店内の掲示

もちろん盛況の理由はそれだけではない。同店はツユも蕎麦も自社製とするなど、最近増えてきた「味に拘るタイプの路麺店」なのだ。

141231_03.jpg

また場所柄、日本語の不得手な客が少なくないのか、かけ・もり・ひやの違いが写真つきで説明されていた。

かけ=Hot
もり=Cold(Without soup)
ひや=Cold(Within soup)

もりとひやの違いは、英語表記にするとわかりやすいと再発見……。

141231_04.jpg
天ぷらセット大盛り(590円:税込み)

それはさておき今回の注文は、蕎麦屋の花形メニューである天ぷら蕎麦。

141231_05.jpg

嬉しいのは、路麺店にありがちな「茹で麺の温め直し」ではなく「生麺の茹でたて」の蕎麦であり、

141231_06.jpg

刮目すべきは「作りおき」ではなく「揚げたて」の天ぷらであること! また蕎麦ツユと天ツユが別々なのは、路麺店では相当に珍しいと思う。

141231_07.jpg

141231_08.jpg

同店運営会社のWebサイトによれば、同店の基本コンセプトは「鮮度は熟練に勝る」。素人が作ったけれど茹でたて・揚げたての蕎麦・天ぷらの方が、熟練の職人が作ったけれど時間が経ってしまったものより美味しいという考え方だ。異論はあるかもしれないが、確かに作りたての持つ美味しさは他に代えがたい。実際、茹でたてを冷水で締めた蕎麦は喉越し良く、サックリ衣で熱々の天ぷらはそれだけで御馳走だ。

茹でたて・揚げたての天ぷら蕎麦を普通の蕎麦屋で食べようと思ったら、相当な出費を覚悟しなければならないが、ここならリーズナブルに楽しめる。皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 18:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:蕎麦・うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月14日

荻窪『MASAKIYA』さんで味もボリュームも満足な肉汁うどんに大満足するの事

某所で所用を済ませた帰り道、列車乗り換えのため荻窪まで来たのだが、同地には暫く訪れていなかったので、散歩がてら途中下車してみることにした。

141214_01.jpg
MASAKIYA  荻窪店うどん / 荻窪駅

JR荻窪駅の南口、すずらん通りを歩いていると「〜武蔵野うどん〜 コシ自慢 肉汁うどん」と大書された看板を発見(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)。興味をもったので、そのまま吸い込まれるように『MASAKIYA』さんに入店した。

なお、ご存じない方に説明しておくと「武蔵野うどん」とは東京都多摩地域と埼玉県西部に伝わるご当地うどんである。

141214_02.jpg
店内の様子

店頭の券売機で食券を購入し、接客スタッフの方に渡して席につく。黒を基調としたスタイリッシュな店内やリユース箸を用意しているところなどは、うどん屋さんというよりイマドキの小洒落たラーメン店といわれたほうがシックリ来る。

141214_03.jpg
肉汁つけうどんDX(1000円:税込)

注文したのは、券売機の小さな写真でもインパクト十分だった肉汁つけうどんDX。なお注文時に「(うどんは)中盛まで無料」と告げられたので、うどんは有り難く中盛にしてもらった。

141214_04.jpg

なにより目を引くのは、丼を覆い尽くさんばかりの巨大さを誇る鶏の唐揚げ。ちょっと見た感じでは台湾名物の排骨麺のようだ(排骨は豚のスペアリブだけど……)。その辺りから着想を得たのだろうか?

※調べてみたら、この唐揚げは「メガ唐」と称する某ラーメン店の人気商品。このメニューは、その某店とのコラボで誕生したのだとか。

141214_05.jpg

さて漬け汁は豚肉が入った、いわゆる肉汁。温かい漬け汁に冷水で締めた麺をつけて食べるのが武蔵野うどんのスタンダード。

141214_06.jpg

さっそく麺を啜ってみる。武蔵野うどんならではの、食べ慣れていなければ「生煮えか?」と疑うぐらいの力強いなコシが心地よい。また表面のゴツゴツした感じと麺の不揃いさは、口中を程よく刺激して食欲を増進させるだけでなく漬け汁を上手く絡めて美味しさの向上に繋がっている。卓上にある胡麻や唐辛子で味に変化をつけても良い。

141214_07.jpg

そして唐揚げであるが、予め醤油ベースのタレに漬け込んで下拵えしてあるとのこと。そのまま食べても十分に美味しいが、漬け汁に浸してから食べても美味しい。揚げたてで熱々なのもポイントが高い。

141214_08.jpg

麺を食べ終わった後の漬け汁は、卓上のポットにある魚介ダシで割って飲むと、これまた美味しいのでオススメ。

モッチリしたコシとツルンとした喉越しを特徴とする讃岐うどんも好みだが、無骨で小麦粉の味をダイレクトに愉しむ事を目的とした麺料理といえる武蔵野うどんも、もっとメジャーになって欲しいと願うばかりである。皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 11:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:蕎麦・うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月07日

池袋『生そば玉川』さんでボリューミィーな肉そばにありつくの事

ある週末、実家に寄った帰り道で、乗り換えのために池袋駅で途中下車した。私の現在の住まいが東京23区でも南側にある自由が丘のため、同駅周辺への出没頻度は低い。良い機会と思い、少し早めの昼食をとることにした。

141207_01.jpg
玉川 池袋東口店そば(蕎麦) / 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅

JRほか池袋駅東口から徒歩数分、駅前ロータリーを挟んで向かい側の区画にある(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『生そば玉川』さん。手羽先唐揚専門店『鳥良』や海鮮居酒屋『磯丸水産』を運営する会社が手がける路麺店(いわゆる“立ち食いそば”のこと)だ。

141207_02.jpg
店内の石臼

141207_03.jpg
店内にあった粉袋

141207_04.jpg
店内の張り紙

ただし路麺店とはいったも、店内で製粉・製麺する拘り派。最近では路麺店でも、こういうお店が増えつつ有るのは嬉しく思う。

141207_05.jpg
店内の様子

都内屈指のターミナルタウンである池袋の駅前という立地のためか、店内の収容人数は多めとなっている。入口付近にある券売機で食券を購入し、カウンターでスタッフの方に渡す。注文の品が出来上がれば声が掛かる仕組みだ。

141207_06.jpg
肉そば(580円:税込)

今回の注文は、同店の一押しメニューである、肉そば。

141207_07.jpg

丼に盛られた蕎麦の上に煮込んだ牛バラ肉が載せられたビジュアルは、まるで牛丼のようだ。なお、えらくボリューミィーな容姿だが、これで並盛りである。

141207_08.jpg

これを、ラー油を浮かせた漬け汁につけて食べる。

141207_09.jpg

辛いものが苦手な人はラー油を別添にして貰えるが、メインディッシュとなる牛バラ肉が甘辛い味付けなのも手伝って、そこまで辛さが全面に押し出されてない。だから神経質になるほどではないと思う。麺は太めの平打ちで、牛肉の旨味に負けない食べごたえがあるのも良い。結構ボリュームがあるが、最後まで美味しく食べられる満足の一杯だ。

アクセスも便利なうえ、24時間営業なの有難い。皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 11:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:蕎麦・うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

飯田橋『豊しま』さんで「是れはうまい!」肉そばを食するの事

本格的な日本蕎麦も好きだが、路麺店(いわゆる“立ち食いそば”のこと)のそばも好きな私は、この日、或る場所へと向かった。

141123_01.jpg
豊しま 飯田橋店 そば(蕎麦) / 飯田橋駅後楽園駅牛込神楽坂駅

目的地は、JRほか飯田橋駅から徒歩数分、駅近くの五叉路から目白通りを進むと程なく到着する(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『豊しま』さん。看板にも「是れはうまい!」と書かれている「肉そば」を名物とする路麺店で、近隣では著名な存在。お店の前からはダシ汁の良い香りが通りに向かって放たれており、吸い込まれるように立ち寄る人多数。私が訪れたときも、下校途中と思しき小学生がお店の前を通りながら「いい匂い〜」と口にしていた。

141123_02.jpg
厚肉そば(680円:税込)

さて同店には大きな豚バラ肉が載った看板メニューの「肉そば」と、その上位バージョンである「厚肉そば」があるが、今回は厚肉そばを注文。

141123_03.jpg

文字通りノーマルの肉そばに載る肉よりも厚切り(厚さは約1センチ!)にスライスされた豚バラ肉の煮込みが、丼の中に相当な容積を締めて鎮座している。その迫力たるや圧巻で、680円という路麺店にしては高めの値段ながら昼過ぎには品切れになってしまう事があるほどの人気なのである。

141123_04.jpg

この肉、もちろん単にサイズが大きいだけではない。適度な歯ごたえがありながらも硬くなりすぎず、しかし煮汁の味が肉にシッカリ染みている。看板メニューだけに力を入れているのがよく分かる。

141123_05.jpg

麺やツユは一般的な立ち食いそばの味なのだが、真っ黒いツユにも関わらず、意外なほどしょっぱくない。おかげでスルスルと胃に収まって……。

141123_06.jpg

麺だけでなくツユまでアッサリ完食できてしまう! 特に関東系の立ち食いそばのツユは味が濃すぎて飲み干しきれないケースも少なく無いので、これは結構レアではないだろうか? こうした麺・ツユの食べやすさがあるからこそ、分厚い肉を載せても難なく食べられるのだろう。皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 16:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:蕎麦・うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月18日

自由が丘『二八庵 さらしん』さんで食欲不振中でも胃を満たすの事

この日、疲れが溜まっていたのか中々寝床から出られず、身体が動かせるようになったのは日が暮れてからだった。何か食べようと思ったのだが、胃袋は未だ本調子ではなかった。「でも蕎麦なら食べられそうだ」と思い……。

141018_01.jpg
二八庵 さらしんそば(蕎麦) / 自由が丘駅奥沢駅九品仏駅

自由が丘駅正面口から徒歩1分、自由が丘デパートの向かいにある(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『二八庵 さらしん』さんにやってきた。自由が丘で約80年営業を続ける蕎麦の名店である。

141018_02.jpg
店内の様子

テーブル席と座敷席が用意された店内は、天井も高く照明も明るいこともあり、実際のスペース以上にユッタリと落ち着ける。花番(はなばん:給仕役のこと。蕎麦屋の職制の一つ)の方の丁寧な対応も心地よい。

141018_03.jpg
梅かいわれそば(1150円:税込)

今回の注文は、梅かいわれそば。

141018_04.jpg

カイワレやキュウリを梅肉と絡めた冷たい蕎麦で、同店が発祥なのだとか。ちなみに、上に乗っかっているのはカツオブシ。

141018_05.jpg

梅肉の酸味とカイワレの辛味、そして蕎麦つゆの甘味が、北海道産の蕎麦粉で打たれた細身の蕎麦と絡んで、とても美味しい。蕎麦そのものの味もよく、特に喉越しの良さが印象に残る。胃の調子が優れない時でもスルスルと食べられるし、酷暑の時にも箸が進むのが有難い。

自由が丘にお立ち寄りの折、皆さんも訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 22:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:蕎麦・うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

新宿三丁目『楽庵』さんで外界の喧騒を忘れ本格蕎麦を堪能するの事

私は新宿周辺で所用を済ませることが多いため、食事も新宿周辺で取ることが多い。この日も例によって、そんなパターンになったのだが、今日は蕎麦が食べたい気分だったので……。

140830_01.jpg
楽庵そば(蕎麦) / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅新宿駅

地下鉄・新宿三丁目駅のC8出口から徒歩数分、数多くのカオティックゾーンが存在する“魔界都市”新宿においても特にジェンダーレス方面では群を抜くとされる(もっとも一時期ほどの勢いは無いとの説もある……)新宿2丁目、その中心となる仲通り交差点の近くにある(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『楽庵』さんまでやってきた。

大都会のど真ん中で本格的な手打ち蕎麦がいただける同店は、土地柄もあって深夜(平日のラストオーダーは27:30)まで営業しており、多くの人びとに重宝されている。

140830_02.jpg
店内の様子

小じんまりとした店内は外界の喧騒とは切り離された落ち着いた雰囲気で、ここが日本……いや世界屈指の大都会である新宿の繁華街の一角であることを忘れてしまいそうになる。

140830_03.jpg
からみ餅そば(1400円:税込)

今回の注文は、からみ餅そば。

140830_04.jpg

冷たい蕎麦が盛られた器にツユを張り、その上に一口大の揚げ餅、大根おろし、ナメコ、ネギ、細切りのシソの葉、刻み海苔が盛られている。

140830_05.jpg

物の本によれば北海道産の蕎麦粉を使用した二八蕎麦とのこと。蕎麦粉は粗挽きで、口にすると良い意味でザラッとした舌触りがする。そして歯ごたえはモッチリとしており、相当に出来の良い美味しい蕎麦である。

140830_06.jpg

だからこそ、揚げ餅や大根おろし、ナメコ等々と一緒に口にしても蕎麦の風味が負けないのだろう。揚げ餅の効用もあってボリューム感もあり、一杯で胃の腑も十分満足するのが有難い。

繰り返しになるが、『楽庵』さんは大都会新宿のど真ん中で本格的な手打ち蕎麦がいただける貴重なお店。新宿2丁目という立地に恐れる事無く(苦笑)、皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 17:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:蕎麦・うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

渋谷『嵯峨谷』さんでリーズナブルな十割蕎麦をいただくの事

蒸し暑い日が続き、冷たい蕎麦が恋しい季節になってきた。更に足繁く通いたいと思えば、値段の割に味の良い、つまりコストパフォーマンスの高いお店に足が向くというもので……。

140705_01.jpg
蕎麦 冷麦 嵯峨谷 渋谷店そば(蕎麦) / 神泉駅渋谷駅

JRほか渋谷駅から徒歩5分ほど、東急百貨店本店の斜向かい、ドン・キホーテの少し手前にあるプラザ道玄坂ビルの1階にあるのが(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)今回ご紹介する嵯峨谷(さがたに)さん。

140705_02.jpg
店頭で稼働する石臼(店内より撮影)

本格的な蕎麦屋ではなく路麺店(いわゆる「立ち食いそば」業態のお店)でありながら、「石臼挽き」の「十割蕎麦」を「リーズナブルな価格」で食べられる「24時間営業」の有難いお店である。

140705_03.jpg
店内の様子

店内はカウンターのみで20席強。朝はお得なセットメニュー、昼はランチ需要、夜は生ビールが飲めるといったこともあって、店内には常に利用客の姿が有る。

140705_04.jpg
納豆そば(450円:税込み)

「もりそば280円」をはじめ良心的なプライスが並ぶ同店のメニューから、今回は納豆そばを注文。

140705_05.jpg

ツユに浸った冷たい蕎麦の中央には卵の黄身が鎮座。その他、ひき割り納豆・海苔・鰹節の粉・ネギ、といったラインナップ。

140705_06.jpg

ツユの味そのものは甘くもなく辛くもないバランスタイプで些かマイルドな味わいだが、幅広で角の立った麺がツユを多めに絡めるのでトータルではバランスの良い味に仕上がっている。自家製麺した生麺を茹で立てで提供するため麺のコシも十分だ。そんな麺を粘りのある納豆と共にかき込めば、夏バテ気味で食欲のないときでもスルッと喉を通ることうけあいだ。

もちろん超一流の蕎麦の名店と比べるのは野暮だが、コストパフォーマンスという観点からは申し分ない美味しさといえるだろう。24時間営業で渋谷のど真ん中という立地なので使い勝手も良いはず。皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 21:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:蕎麦・うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みんなのプロフィールSP
ブログランキング