2018年11月10日

いづろ通『和処 めっけもん』さんで、鹿児島名物てんこ盛りの西郷丼(せごどん)を味わうの事

181110_01.jpg

鹿児島旅行3日めは市内観光。西郷さんの像にご挨拶。

181110_02.jpg
西郷隆盛像

東京住まいなので西郷さんというと着流し姿のイメージが強いから、軍服を纏った西郷さんは新鮮な印象を受ける。

181110_03.jpg
ドルフィンポートより桜島を望む

そして市内をアレコレ散策しているうちに、鹿児島のウォーターフロントにある複合商業施設『ドルフィンポート』までやってきた。
気がつけば時刻は夕方に差し掛かる頃合いとなっており、お腹も空いてきたので、ここで食事をすることに。

181110_04.jpg
和処 めっけもん和食(その他) / いづろ通駅朝日通駅市役所前駅

やってきたのはドルフィンポートの1階で店を構える(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『和処 めっけもん』さん。鹿児島県で人気の回転寿司チェーン『めっけもん』のグループ店で、鹿児島近郊で水揚げされた鮮度抜群の魚介を使った和食料理が味わえると評判のお店である。

181110_05.jpg
店内の様子

店内は、ぶっちゃけていえば和風ファミレス。照明が白熱灯なので柔らかく暖かい印象を受ける。屋外の喧騒を忘れる落ち着いた雰囲気だ。

181110_06.jpg
西郷丼(1382円:税込み)

注文したのは西郷丼。大河ドラマにあやかって「さいごうどん」ではなく「せごどん」と読む。

181110_07.jpg

うずらの卵が乗ったネギトロを中心に、サツマイモの天ぷら、さつま揚げ、キビナゴの刺身、黒豚肉のしゃぶしゃぶが乗った、鹿児島名物を一度に味わえる贅沢メニューだ。

181110_08.jpg
セットの蕎麦

なおセットでついてくる麺類は、うどん/そば、温かい/冷たい、を選べる。

181110_09.jpg

魚介類は鮮度抜群、天ぷらは揚げたて等、いずれも侮れない美味しさ。肉・魚・野菜と食材が闇鍋式に盛られているにもかかわらず、個々の個性がシッカリ感じられ、かつ喧嘩していないのは感心の一言。「鹿児島名物の様々な食材を一度に味わえた!」というお値打ち感も食後の満足度向上に一役買っている。

チェーン展開するお店を軽く見る風潮があったりもするが、料理をビジネスとしてシビアに捉えて向き合う故に、個人経営のお店では生まれない美味しさもあると思う。皆様もお試しあれ。


※余談
今回食した西郷丼だが、私が今回の鹿児島旅行に際して持参したガイドブックには同じメニューが「鹿児島丼」として記載されている。大河ドラマ放送終了後は元の名前に戻るのか、それとも改名したままかは不明。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 23:36| 東京 ☁| Comment(0) | 食:和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


みんなのプロフィールSP
ブログランキング