2018年01月21日

二子新地『佰老亭』さんで「もう一口欲しくなる……」美味しさを愉しむの事

或る日、私は、近場ゆえ逆に行く機会を作れずにいたお店に向かった。それが今回ご紹介するお店。

180121_01.jpg
佰老亭台湾料理 / 二子新地駅二子玉川駅高津駅

東急田園都市線・二子新地駅から徒歩1〜2分。商店街の道沿いに店を構える(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『佰老亭(ひゃくろうてい)』さん。同地で営業して30年以上になるという、地元の方々に愛される台湾料理のお店である。

180121_02.jpg
店内の様子

店内はカウンター席のほか、小上がりもある。店内は常連の方らしき方々が幾人か、思い思いに一品料理を肴としてアルコールを飲んでいた。

ちなみに常連陣は気さくな方々が多いようで、初訪の私を見ると、ササッと席を詰めてくれた。常連が占拠して一見さんが入れない雰囲気が構築されてしまっているようなお店も多い中、これは地味に有り難い。

180121_03.jpg
牛肉麺(ニューローメン:850円:税込み)

今回の注文は、同店の名物、牛肉麺(ニューローメン)。

180121_04.jpg

唐辛子で炒められたピリ辛の高菜で赤く染まったスープに、柔らかく煮こまれた牛肉が浮いている。青味はパクチーだ。

180121_05.jpg

赤みがかったスープを見ると「相当辛いのではないか?」と身構えてしまうが、いざ啜ってみると、食欲を増幅する程よいピリ辛の刺激であることに気づく。啜るたびに「もう一口欲しくなる……」美味しさだ。

180121_06.jpg

このピリ辛スープと、柔らかめではあるがコシもある平打ちストレート麺が良く合う。
具の牛肉も、スープが牛肉からダシを取っていることもあってピリ辛スープに良く合っている。
結果、とても美味しいラーメンとして楽しめる一杯となっている。

皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 09:45| 東京 ☀| Comment(0) | 食:ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


みんなのプロフィールSP
ブログランキング