2017年08月19日

秋葉原『岡むら屋』さんでボリューミーな丼めしを掻き込むの事

或る日のこと、ガッツリと肉系の丼を食べたくなった私は、秋葉原へと向かった。
昔は飲食店探しに苦労した秋葉原周辺だが、近年では随分と解消されている。

170819_01.jpg
秋葉原 岡むら屋牛丼 / 秋葉原駅末広町駅岩本町駅

JR秋葉原駅の電気街口から徒歩2〜3分、秋葉原UDXの向かいにある(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『岡むら屋』さん。インパクト十分のガッツリ系どんぶり飯を食べられるお店として評判を集めている。

170819_02.jpg
店内の様子

開店直後だったのでテーブル席の人影はそれほどでもなかったが、カウンター席は既に満席に近い状態。空いていた最後のカウンター席に付き、注文を通す。

170819_03.jpg
デラ肉めし(590円:税込み 以下同)
※写真は、ねぎ(50円)と生玉子(50円)を追加

今回の注文は、同店おすすめメニューのデラ肉めし。
奮発して、ねぎと生玉子を追加トッピング。

170819_04.jpg

ぶつ切りにされ、大鍋で煮込まれた牛肉の塊がライスの上に惜しげもなく盛られ、更に同様の手法で調理された大根、豆腐、煮玉子も同席するという、見ているだけでお腹が一杯になりそうな見た目に圧倒される。

170819_05.jpg

もちろん圧倒されるのは見た目だけでない! 物の本によれば、牛バラ肉の一種である希少部位のカッパ(バラ肉の一番外側、牛の前腹の皮と脂身の間の部分)が用いられているという肉塊は、八丁味噌と赤味噌の合わせ味噌によって長時間煮込まれているため柔らかく、かつ旨味が濃くて美味しい。大根、豆腐、煮玉子も味がシッカリと染みている。また、トッピングの刻み葱と生玉子が食感と香りに変化をつけ且つ僅かに感じるクドさを打ち消している。

おかげで、相当にボリューミーな丼だったにも関わらず、あっという間に掻き込み完食した。皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 08:22| 東京 🌁| Comment(0) | 食:和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


みんなのプロフィールSP
ブログランキング