2017年07月16日

自由が丘『石焼き牛かつ 二階堂』さんで牛カツを初体験するの事

ある日のこと。天候不順で遠出を諦めた私は、かねてから気になっていた自宅近くのお店に出撃した。

170716_01.jpg

170716_02.jpg
石焼き牛かつ 二階堂牛料理 / 自由が丘駅九品仏駅奥沢駅

東急東横線ほか自由が丘駅から徒歩4〜5分、大丸ピーコックがある学園通りを北上し、ABCマートの向かいにある路地を入っていくと見えてくるのが(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『石焼き牛かつ 二階堂』さん。近年、トンカツに比肩する人気となり、専門店も増えてきた牛カツレツ……牛カツ専門店の一件である。実は私、牛カツは未食だったので、訪問の機会を伺っていたのだ。

170716_03.jpg
店内の様子

店内はテーブルが3卓とカウンターが5席ほどの小規模店舗。内装の作りから、元々バーやスナックとして使われていたと思われる店内は半地下なので窓が無いのだが、思いのほか圧迫感はない。

170716_04.jpg
牛カツ御膳(120グラム:1400円)
※写真は漬物の代わりに牛すじ煮込み(プラス200円)を選択

待つこと暫し、牛カツ御膳(定食)のご到着〜。
なお、雑穀米と味噌汁はおかわり自由となっている。

170716_05.jpg

牛カツは、トンカツよりも遥かに短い揚げ時間で仕上げるため、衣の中の肉はレアのまま。
希少部位である牛ミスジ(肩甲骨の内側部分の肉)の赤身が美しい。

170716_06.jpg
もちろんそのまま、わさび醤油や、にんにくヒマラヤ岩塩などをつけて食べても、薄いがカリッと揚がった衣と、まるでローストビーフのようなシッカリとした肉の旨味を感じられて美味しいのだが……。

170716_07.jpg

各々の目の前に用意されている七輪を使った溶岩石で、軽く焼いてから食べても美味しい!
ただ個人的には、折角のレア肉の美味しさを味わうため、あまり焼きすぎず炙る程度にしておいた方が良いと思う。

皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 10:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

みんなのプロフィールSP
ブログランキング