2017年02月04日

関内『バンバン番長』さんで、お得でお値打ちな「ねぎとろ兄弟丼」を頂くとの事

この日、横浜方面に行く用事ができたので、近隣でランチを取れるところを調査していたところ、面白いお店を発見、向かうことにした。

170204_01.jpg
バンバン番長居酒屋 / 馬車道駅日本大通り駅関内駅

JR関内駅か、みなとみらい線の馬車道駅から徒歩6〜7分、弁天通三丁目の交差点から少し日本大通り駅方面に入ったビルの2階にある(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『バンバン番長』さん。

かつて横浜市中央卸売市場で働いていた、大の横浜DeNAベイスターズファンのオーナーが開いたお店。店名の「番長」は、長らくベイスターズのエースとして活躍した「ハマの番長」こと三浦大輔・元選手に由来する。

170204_02.jpg
店内の様子

いかにも市場出身らしい威勢のいいオーナーの声が響き渡る店内はカウンター席と小上がりというベーシックな構成。

170204_03.jpg
店内に飾られたグッズの数々

だが圧巻なのは、店内に飾られた三浦氏の直筆サイン入りユニフォームを始めとするベイスターズに纏わるグッズの数々。ベイスターズの本拠地である横浜スタジアムに近いこともあり、ファンの交流場所としての機能も果たしているようだ。

170204_04.jpg
ねぎとろ兄弟丼(1000円:税込み)
※夜営業時は1200円

今回の注文は、ねぎとろ兄弟丼。

170204_05.jpg

同店の名物にして看板メニューに、三浦氏のトレードマークであるリーゼントに見立てた大量のネギトロを丼飯の上に盛った「ねぎとろ番長」がある。そして、ねぎとろ番長には醤油と塩という2種類の味があるのだが、これはその2つが半分ずつ盛られたお得感溢れる一品となっている。

170204_06.jpg

加えてオカズ3品に味噌汁までついて、ジャスト1000円とはお値打ち感満載だ!

170204_07.jpg

もちろん単に量が多いだけでは食べ進むうちに飽きがきてしまうが、同店のネギトロは醤油・塩のいずれもゴマ油やニンニクなどでシッカリと下味がついているので、大量に盛られているにも関わらず、最後まで美味しく頂ける。

正直、加齢と共に胃の許容量が低下しているので、膳が運ばれていたときには「食べ切れるかな……」と内心不安だったのだが、オカズ等も含めてあっという間に完食してしまった。皆様も訪れてみては? なお同店のメニューは、単品を複数でシェアするのは禁止なのでご注意されたし。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

みんなのプロフィールSP
ブログランキング