2016年12月23日

春日『源太郎そば』さんで野菜をどっさり食べるの事

或る日のこと、所用で東京ドーム周辺に出かけることになったので、少々足を伸ばし、ちょっと気になっていたお店に向かった。

161223_01.jpg
源太郎そば 春日店そば(蕎麦) / 春日駅後楽園駅本郷三丁目駅

都営三田線、春日駅A2出口から徒歩1〜2分。春日通り沿いに店を構える(詳しい場所は上部リンク先または記事下の地図を参照)『源太郎そば』さん。看板は『◯◯◯そば』だけど店名は『源太郎そば』。全面ガラス張りのお洒落な外観や、

161223_02.jpg
店内の様子

ユッタリとしたスペースで構成された開放的で清潔感がある店内は落ち着いた色合いと雰囲気を醸し出しており、一般的な路麺店(いわゆる「立ち食いそば」形式のお店のこと)が持つチープなイメージとは一線を画している。

161223_03.jpg
手荷物入れ

高級志向の蕎麦屋ならいざしらず、路麺店で手荷物入れが備え付けられているのは結構レアなケースだと思う。

161223_04.jpg
野菜どっさりそば(480円:税込み)

そんな店内で今回頂くのは、同店の人気メニューである野菜どっさりそば。

161223_05.jpg

モヤシ・キャベツ・ニンジンが計150グラムも盛られ、一日に必要とされる野菜摂取量(350グラム)の40%がいただけてしまう優れもの。

なんでも同店がある文京区では、「ぶんきょうHappy Vegetable大作戦(外部リンク)」、通称を「ハピベジ」として、1食あたり野菜は120グラム以上とれるメニューを提供するお店を加盟店として登録し、外食で野菜をタップリ摂れる環境づくりを目指しているのだそうな。

161223_06.jpg

味についての感想は「タンメンの日本そばバージョン」といったところ。野菜のそのものの味を活かすアッサリとした味付けが日本そばの穏やかな美味しさによく合う。味付けが軽やかなだけに、中華ベースのタンメンより量を食べても胃にもたれないのが嬉しい。

店舗の作りからして女性の一人客でも入りやすいと思う。皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 20:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:蕎麦・うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445185407

この記事へのトラックバック

みんなのプロフィールSP
ブログランキング