2015年05月31日

都立大学『麺家 八の坊』さんのスープやきそばに“自分流”の成功例を見るの事

或る日のこと、別件を済ませたあとバスに乗り、都立大学駅周辺で下車。帰宅する前にランチを済ませようと思ったので、かねてから気になっていた店に向かった。

150531_01.jpg
麺家 八の坊ラーメン / 都立大学駅

東急東横線・都立大学駅から徒歩1〜2分。駅前の路地裏の一画にあるのが(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)、今回ご紹介する『麺家 八の坊』さん。近隣では評判のラーメン屋さんなのだが、ラーメンではない“あるメニュー”が有名なお店でもある。

150531_02.jpg
店内の様子

妙に年季の入った和風テイストな造りの店内は、カウンター席のみの小型店舗。なにしろ食器を下げるためにお店の方が一旦店外に出て回り込まなくてはならないレベルなのだ。それでも客の入りは良く、コンスタントに席が埋まっていた。

150531_04.jpg
スープやきそば(850円:税込み)

こちらが今回のお目当て、スープやきそば。

150531_03.jpg
店内の張り紙

店内の張り紙の文面を引用すれば、スープやきそばとは「ラーメンのスープに、ソース弱めの焼きそばが入った一品」。なんでも那須塩原のご当地グルメである同品を、店主が自分流で再現したもの……らしい(昔、あるグルメライターがそんなことを書いた記事を読んだような記憶がある。完全うろ覚え 苦笑)。

150531_05.jpg

それはさておき、ソースで若干黒ずんで、しかも焦げ目までついた麺がスープに浸かっている姿は摩訶不思議な光景。ご丁寧に紅生姜まで乗せられているのもポイントが高い。

150531_06.jpg

しかし食べてみたら……おお、焦げができるぐらいシッカリ焼かれ、しかもチャンと味がついた中太縮れ麺の美味しいことよ! ラーメン(と言っていいものなのかどうかは別として)の麺そのものの味についてコメントできるなんてめったにないことだ。

150531_07.jpg

また、麺を受け止める豚骨醤油ベースのスープは脂少なめのアッサリ系で、麺に絡んだソースの味がプラスされてもクドくならず、ラーメンスープとしての美味しさを保っている。

下手に再現しようとせず自分流で作り上げたことで「ソース焼きそばをラーメンスープに入れたもの」ではなく「麺をより美味しく食べるため下拵えをしたラーメン」になっているのが面白い。皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




posted by 只今 at 08:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

みんなのプロフィールSP
ブログランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。