2015年05月23日

新橋『かおりひめ』さんで2大郷土料理を一度に味わうの事

手軽にご当地気分を味わえることもあり、私は自治体のアンテナショップに行くのが好きだ。中には食堂を併設していて現地の料理が気軽に味わえたりもする店舗もある。

150523_01.jpg

JRほか新橋駅から徒歩数分、駅前大通りである外堀通りに面した一画に佇む香川・愛媛両県の共同アンテナショップである『香川・愛媛せとうち旬彩館』。

150523_02.jpg
かおりひめ郷土料理(その他) / 新橋駅汐留駅内幸町駅

その2階にあるのが今回ご紹介する『かおりひめ』さんで(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)、両県の地元素材を使った郷土料理を提供している。

150523_03.jpg
店内の様子

思いのほか広々とした店内は、どことなく田舎の古民家を連想させる造り。新橋駅前という立地の良さも手伝い、ひっきりなしにお客さん(グループ客多し)が訪れていた。

150523_04.jpg
鯛めしとミニうどんのセット(880円:税込み)

今回の注文は、一日限定50食の人気メニューである、鯛めしとミニうどんのセット。

150523_05.jpg

漂う鯛の香りが食欲を唆る鯛めし(鯛の炊き込みご飯)に、

150523_06.jpg

ダシの香りが鼻腔をくすぐる讃岐うどんをツートップとし、

150523_07.jpg

香の物、冷奴、小鉢が脇を固める布陣。

150523_08.jpg

鯛めしは、加熱されて香りだけでなく風味も強まった鯛の身の旨さが光る。ご飯との相性も抜群だ。

150523_09.jpg

讃岐うどんは、コシのあるうどんの出来も良い上に、薄口だがシッカリとダシの味がするツユも美味しい。

『かおりひめ』さんで食事のあとは、一階の『香川・愛媛せとうち旬彩館』で御土産購入、なんて利用も乙なもの。皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 21:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

みんなのプロフィールSP
ブログランキング