2015年02月01日

御成門『つばくらめ』さんの1000円ランチに大満足するの事

昨日のこと、所用で日比谷(正確には内幸町)に向かったのだが、ランチのために途中下車した。前々から行ってみたかったお店があり、良い機会と思ったためだ。

150201_01.jpg
つばくらめ魚介・海鮮料理 / 御成門駅大門駅浜松町駅

都営三田線・御成門駅A3出口から徒歩数分、愛宕警察署前の十字路を右折し、同警察署を背にして少し歩くと到着するのが(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)今回の目的地である『つばくらめ』さん。

燕(ツバメ)の別称を店名とする同店は、魚介をメインとする一品料理が評判の割烹料理店である。

150201_02.jpg
店内の様子

入店したのはランチ営業も終盤の13時半ごろ。しかし店内には10名ほどの客がいて、なかなかに賑わっていた。周辺はビジネス街であり、しかも土曜日であることを考えれば結構驚きの光景ではないだろうか?

ともあれ、カウンター席に座って暫し待つ。厨房の様子が伺えるオープンキッチンスタイルのため、料理の行程が垣間見えるのが楽しい。

150201_03.jpg
昼のおまかせ御膳(1000円:税込み)

ランチメニューはセットメニューとなる「昼のおまかせ御膳」一種類のみ。故にお店の方にオーダーを聞かれないし、席についたら調理が済み次第運ばれてくる仕組み。

150201_04.jpg

セットの内訳は、まず愛媛直送地魚盛り合わせ。内容は仕入れ状況等により変化する。

150201_05.jpg

日替わりの小鉢。この日は魚の粗(アラ)の煮物。

150201_06.jpg

つばくらめ名物の鶏もも唐揚。

150201_09.jpg

赤ダシの汁物

150201_07.jpg

そしてご飯に香の物という構成。

150201_08.jpg

肉厚にカットされた新鮮な刺身、味の良く染み込んだ煮物、衣はカラリ肉はジューシーな唐揚と、料理はいずれもハイレベルな美味しさ! ボリューム面でも満足度は高く、この内容で税込み1000円はお値打ちといえるだろう。物の本によれば、平日ランチタイムにおける店頭の行列が界隈の名物と化しているとのことだが、それも納得。皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




posted by 只今 at 09:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

みんなのプロフィールSP
ブログランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。