2015年01月24日

築地『きつねや』さんのホルモン丼を朝から愉しむの事

早朝、仕事の都合で自宅から勤め先のパソコンにVPN接続を試みるも上手く認証せず、結局勤め先まで出向く事になってしまった。用事そのものは短時間で済ませられたものの、図らずも休日出勤になってしまったのを逆手に取って遅めの朝食を取ることにし、早朝からでも多くの飲食店が営業している所として代表的な築地に向かった。

150124_01.jpg
きつねやホルモン / 築地市場駅築地駅東銀座駅

東京メトロ日比谷線・築地駅から徒歩数分、築地場外市場・もんぜき通りの一画に店を構える(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『きつねや』さん。大鍋でグツグツ煮込むホルモンや、牛丼・肉豆腐などを名物とするお店である。日本最大の魚河岸を有する築地のグルメといえば寿司や海鮮丼など魚介類の料理が真っ先に思い浮かぶところだが、それ以外でのジャンルにおける代表格といって差し支えないだろう。

現地に到着したのは朝の9時半ごろだったが、カウンター5席のみという小規模店舗の前には既に長蛇の列ができていた。しかしステンレス製の台が置かれた立ち食いスペースが店の前にあるため、客の回転は思いのほか良い。そのため思ったよりも早く注文まで進めた。

150124_02.jpg
ホルモン丼(850円:税込み)
※写真は半熟卵(50円:税込み)を追加

今回の注文は、同店の看板メニューといえるホルモン丼。なお奮発して半熟卵を追加している。

150124_03.jpg

ジックリ煮込まれたホルモンを、その煮汁ごと豪快にご飯の上に掛けた逸品。

150124_04.jpg

口にして驚くのはホルモンの柔らかさ! トロットロになるまで煮込まれているので、とても美味しくいただける。鮮度が高い故かホルモン特有の臭みがないのも嬉しい。味は八丁味噌ベースで少々濃い目なのだが、そもそも魚河岸で働く男たちのための料理なので納得。ただし口にした瞬間は濃厚だが、上に盛ったネギの効用もあってか、それほど後口はしつこくないことを申し添えておく。

なお「シツコイ味は苦手」であれば、私のように卵(生or半熟)をトッピングしたり、またはお新香を追加注文したり、あるいはご飯と煮込みを別々に注文する、といった方法があるので心配無用。皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 17:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

みんなのプロフィールSP
ブログランキング