2014年10月04日

五反田『梅林』さんで「プロが本気出して作ったソース焼きそば」を味わうの事

縁日の屋台における花形のひとつ、ソース焼きそば。それ故に、ソース焼きそばには「縁日の屋台で売られているチープな食べ物」というイメージが付きまとっている気がする。好きなのに……。

141004_01.jpg
梅林中華料理 / 五反田駅大崎広小路駅高輪台駅

ということで(?)、美味しいソース焼きそばが食べたくなったので、JR山手線五反田駅より徒歩5分ほど、大通りから少し入った住宅地で清泉女子大学の近くにある(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『梅林(めいりん)』さんまでやってきた。

その外見から漂う雰囲気に違わぬ「街の中華料理店さん」であり、ランチタイムには近隣の方々で行列必至の人気店である。

141004_02.jpg
店内の様子

店内は、街の中華料理店さんにありがちな壁や天井のくすみはなく、白を基調とした清潔感がある。入店したのはコアなランチタイムを過ぎた14時過ぎだったが、それでも店内は盛況だった。因みに2階席もあるので収容人数は思いのほか多い。

141004_03.jpg
肉ソースやきそば(850円:税込)

さて今回の注文は、同店の看板メニューである肉ソースやきそば。物の本によれば、お客さんのリクエストから生まれたそうな。

141004_04.jpg

普通盛りでも1.5玉分の麺が使われているので、ボリューム満点。食の細い人は少なめでオーダーした方が無難かも。

141004_05.jpg

口にしてみると驚くのが麺の美味しさ。縁日の屋台における焼きそばの麺は「細長い小麦粉の塊」でしかないが、同店の麺は一本筋が通った自己主張がある。俗な言い方をすればコシがあるのだ。なんでも特注麺を一度蒸してから焼き上げるとのことだが、この製法は、ご当地グルメブームの火付け役である富士宮やきそばに通じている。なるほど印象に残る食感のはずだ。

さらに肉や野菜といった具材は大きめにカットされており食べごたえは十分。麺と具材を纏め上げるソースは酸味が効いており、良いアクセントになっている。

皆様も「プロが本気出して作ったソース焼きそば」を食べに、訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




posted by 只今 at 18:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:中華 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

みんなのプロフィールSP
ブログランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。