2014年08月16日

西荻窪『甘いっ子』さんの、いちごミルク金時白玉で涼をとるの事

自宅のエアコンの効きが悪い状況が続いている。電機店の方にエアコンを見てもらったのだが、特に異常は見当たらず。どうも室外機の設置場所が悪いというマンションの構造上の問題らしい。よって気温が高くなる日中は外出を余儀なくされ……。

140816_01.jpg
甘いっ子甘味処 / 西荻窪駅

JR西荻窪駅から徒歩5分ほど、同駅南口から南下した通り沿いにある(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)、甘味処『甘いっ子』さんまでやってきた。あんみつ・みつ豆が通年の主力商品だが、この時期は、かき氷が看板メニューとなる。炎天下のなか、店外で待つ人達の列ができるほどの人気だ。

140816_02.jpg
店内の様子

暇つぶし用の雑誌や漫画本が置かれた店内は、古きよき昭和の面影が全開。それもそのはず、物の本によれば1965(昭和40)年の創業なのだ。ただ店外に行列ができているにも関わらず相席にしない所には拘りを感じる。店内に設置されたテレビに流れる昼のバラエティー番組をぼんやり眺めながら待っていると……

140816_03.jpg
いちごミルク金時白玉(1,080円:税込)

かき氷の到着! 同店のかき氷は、いちご乃至は宇治金時を基本とし、ミルクや白玉などが追加される方式。私が今回注文したのは、いちごミルク金時白玉。いわゆる「全部のせ」と思って頂いて差し支えない。

140816_04.jpg

現代の錬金術により作られたイチゴシロップではなく、本物の苺から作られた赤色のイチゴシロップは目にも鮮やか。金時の黒色や白玉・氷の白色との対比の妙も見事で、芸術作品のような美しさを感じるほど。

140816_05.jpg

スプーンで掬って口に入れれば、外見を裏切らない鮮やかな美味しさのイチゴシロップや、それに負けないほどシッカリした風味の金時(つぶあん)、プニュンとした食感が楽しい白玉、爽やかなミルク、そして忘れてはいけない氷のキメ細やかさが相俟った至福の涼味に火照った身体が癒やされる。炎天下のなか、並んで待った苦労が報われる味である。

まだまだ暑い日が続いているので、皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 10:32| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 食:スイーツ・パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
甘味処、いいですね。
写真のかき氷の三色が素敵です。

和の甘いものなら、川越がいろいろあっておすすめですよ。
Posted by 坂井綾花 at 2014年08月18日 19:22
>坂井綾花 さん

>和の甘いものなら、川越がいろいろあっておすすめですよ。
川越には友人が住んでいるので、ちょっと情報収集してみます。ありがとうございました。
Posted by 只今@管理人 at 2014年08月24日 09:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

みんなのプロフィールSP
ブログランキング