2014年07月06日

大井町『麺壱 吉兆』さんは「路地裏の名店」の事

路地(家と家との間の狭い通路)を入り込んだ、表通りに面していない所を路地裏と呼ぶ。路地裏には美味しいお店が何故か多く、テレビ番組などで特集が組まれることもしばしば。本日はそんな「路地裏の名店」のひとつをご紹介したい。

140706_01.jpg
麺壱 吉兆ラーメン / 大井町駅鮫洲駅青物横丁駅

JRほか大井町駅より徒歩3〜4分。駅前の大通りから一本入った路地「平和小路」の端にある(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『麺壱 吉兆』さん。都内では珍しい、福島県白河市のご当地ラーメンである白河ラーメンが食べられるお店である。

140706_02.jpg
店内の様子

店内はカウンター7席のみの小規模店舗。評判店なので行列に並ぶのは覚悟されたし。

140706_03.jpg
中華そば(670円:税込み)

今回の注文は、同店で最も基本的なメニューである中華そば。

140706_04.jpg

醤油ベースのスープにナルトやホウレン草、海苔がトッピングされており、東京ラーメンとの類似性が高いノスタルジックな外見となっている。

140706_05.jpg

ただしスープを啜ると一般的な東京ラーメンよりも醤油の風味が強く、浮いた脂も多めで「あぁ、寒い地方のラーメンの味だなぁ……」と感じる。濃味だが飲み下すのが苦にならないのは出来の良い美味しいスープゆえ。

140706_06.jpg

麺は店内に飾られた青竹を使って打たれた太めの縮れ麺。コシの強いプルンとした食感に加え、複雑な縮れがスープを良く絡める。

140706_07.jpg

厚めにカットされたチャーシューも圧巻。煮豚では無く焼豚なのもポイント高し。ちなみに他店で言うところのチャーシューメンは、同店では焼豚麺と呼称する。

あえて難点を挙げれば、お店の収容人数が少ないため多人数での訪問には向かないことぐらいか? 皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




posted by 只今 at 07:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

みんなのプロフィールSP
ブログランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。