2014年03月21日

大岡山『ひるがお 大岡山店』さんで、絶品塩ラーメンが夜でも食べられる朗報を得るの事

祝日は、出社しない場合でも基本的に自宅待機となるため、食事の際も遠出は控えなければならない。しかし腹は減るので……。

140321_01.jpg
ひるがお 大岡山店ラーメン / 大岡山駅緑が丘駅北千束駅

現在の住まいがある自由が丘から2駅、東急大井町線の大岡山駅を降りて北口商店街を歩くこと数分(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)の所にある、塩ラーメンで有名な『ひるがお 大岡山店』さんにやってきた。“塩ラーメン”と“ひるがお”というキーワードでピンときた方もいるだろう。ここは東急田園都市線・駒沢大学駅にある塩ラーメンの名店『ひるがお』の支店にあたるお店である。

140321_02.jpg
店内の様子

店の入口付近にある券売機で食券を購入し、席に付く。店内はカウンター席とテーブル席があるが、スペースの関係上テーブル席は申し訳程度で、基本的にはカウンター席メインのお店と思ってよい。だからリユース箸が入ったケースの上を胡椒などの薬味置き場にするなどして、限られた空間を有効活用している。

140321_03.jpg
塩玉ラーメン(800円:税込み)

写真映えを考慮し、今回の注文は基本のラーメンに半熟玉子のトッピングを追加した。

140321_04.jpg

澄みきったスープの中に漂う麺や具には、絵画的な美しささえ感じる。

140321_05.jpg

もちろん見た目が美しいだけではない。物の本によれば、ベトナムの天日塩のタレや・大山鶏のガラ、また宗田節や貝柱、昆布や煮干しなどの魚介類などから旨味を抽出しブレンドしたというスープは、俗に“淡麗系”とも称される澄んだ塩スープの到達点のひとつともいえる、王道の美味しさだ。

140321_06.jpg

一方で麺は自己主張控えめの細身ストレート、またアオサ海苔やホタテフレークといった独自の具(薬味)もスープとの相性で選んだと思われ、同店は「ラーメンの主役はスープ」と捉えているようだ。

140321_07.jpg
完食!

さて、駒沢大学にある本家のお店はラーメンガイドブック掲載の常連店であるが、同一店舗で昼は塩ラーメンの『ひるがお』、夜は醤油ラーメンの『せたが屋』として営業する珍しい方式を採用している。つまり『ひるがお』の塩ラーメンを食べられるのは日中のみなのだ。加えて本家のお店は最寄り駅から距離があって10分ほど歩かなければならず、美味しいお店とは知っていても頻繁に訪れるのは難しかった。

しかし、こちら大岡山店に関しては夜の帳が下りた仕事帰りの時間になっても『ひるがお』のラーメンが頂けるのだ。私にとって朗報である。皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




posted by 只今 at 16:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

みんなのプロフィールSP
ブログランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。