2013年09月22日

元町・中華街『金陵』さんでジューシーなネギチャーシュウ丼に目を見張るの事

週末、食事のために横浜中華街を訪れることが少なくない。そもそも中華料理が好きなうえ、現在の住まいがある自由が丘からは、鉄道を使えば乗り換えなしで行けるからだ。

今日は数多い横浜中華街の名店のなかから一件をご紹介したい。

130922_01.jpg
金陵中華料理 / 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅

みなとみらい線の終点、元町・中華街駅から徒歩5分ほど、横浜中華街の関帝廟通り沿いに店を構える(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)のが、今回の目的地である『金陵』さん。本来はチャーシュー(叉焼)に代表される広東式の焼き物(焼腊)・煮物(滷味)の小売専門店……なのだが、2階に食事スペースがあり、同店自慢の焼き物を使った丼物が食べられる。

なお、ご存知の方も多いと思うが、日本の一般的なラーメン店で出てくる「チャーシュー」は、中国では「醤肉(ジャンロウ)」と呼ばれる煮豚のこと。本来の「チャーシュー」は、クシ(叉)などに刺し、専用の炉の中で吊して「焼く」ものである(だから「叉焼」なのだ)。

130922_02.jpg
店内の様子

それはさておき、2階の食事スペースに移動する。あくまで本業は小売業のため、内装は簡素なもの。席数も10席強と然程多くはない。

130922_03.jpg
ネギチャーシュウ丼(750円:税込)
※画像は小サイズ

今回の注文は、ネギチャーシュウ丼(メニュー表記に準拠)。ザーサイの小皿とスープがセットでついてくる。サイズは小と大から選べるが、今回は慎ましやかに小を選択。

130922_04.jpg

丼の内容だが、細切りにされたチャーシューとネギをタレで和えたもの(プラス煮玉子)が、ご飯の上にトッピングされている。小サイズとはいえ十分に一人前のボリュームはある。

130922_05.jpg

物の本によれば、20種類のスパイスが効いたタレで味付けされたというチャーシューは、すこぶるジューシーでとても美味しい! 日本のラーメン店でも他店との差別化のためか本来の意味でのチャーシュー(叉焼)を出す所が散見されるようになっているが、悲しいかな肉汁が飛んでしまったパサパサ状態のものが殆どだった。正直なところ、私も「本来のチャーシューはそんなもの」という偏見を持っていたため、同店のチャーシューを初めて食べた時には驚きで目を見開いてしまったほどだ。

食事の後は、同店の1階でチャーシューなどをお土産用に購入するのも有りかと思う。皆さんも訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




posted by 只今 at 11:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:中華 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

みんなのプロフィールSP
ブログランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。