2013年08月11日

浅草『ときわ食堂』さんで朝からシッカリ食事をするの事

130811_01.jpg
雷門

ここ数年来、お盆期間の恒例となっている浅草寺詣でにやってきた。現地に到着したのは朝9時ごろと時間的に余裕があったので、朝食を取ってから参拝することに。

130811_02.jpg
浅草 ときわ食堂定食・食堂 / 浅草駅(東武・都営・メトロ)浅草駅(つくばEXP)田原町駅

東京メトロ銀座線浅草駅から徒歩数分、雷門通り沿い……というか雷門の正面左から2軒め、という驚くほどアクセスの良い場所に店を構える(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『ときわ食堂』さんが今回の目的地。1922(大正12)年の営業開始以来、平日は朝9時から、土日祝日は朝8時から営業し、和食を中心とした様々な料理で昔も今も人々の胃袋を支え続けている老舗の大衆食堂である。

130811_03.jpg
店内の様子

「老舗の大衆食堂」とはいうものの、数年前に建て替えをした事もあって店内は明るく清潔。だが没個性的とはならず、壁に市松模様を取り入れたり、飾り羽子板をディスプレイしたりして、浅草に相応しい和風の雰囲気を演出している。

130811_04.jpg
とん皿(600円:税込)&ごはんセット(ごはん・味噌汁・お新香 400円:税込)

同店は大衆食堂らしく、刺身や焼き魚・煮魚、揚げ物や炒め物など一通り揃っているが、今回注文したのは同店の名物メニューのひとつである、とん皿。

130811_05.jpg

その正体は、豚肉をすき焼き風に調理したもの。

130811_06.jpg

このように溶き卵を絡めるのがオススメの食べ方とのことだが、甘辛い割下で味付けられた豚肉・ニラ・タマネギ・シラタキの和風テイストな美味しさは、そのまま食べても全く問題なく頂ける。もちろん溶き卵を絡めれば、まろやかな味わいへと変わるので、その違いを愉しむのも一興。

130811_07.jpg

濃い目の味付けなので、ごはんの友としても最適だ!

130811_08.jpg
浅草寺

胃の腑もシッカリ満たされ、浅草寺参詣も無事終了。皆様も浅草来訪の折には、訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 18:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

みんなのプロフィールSP
ブログランキング