2013年06月15日

世田谷『長崎ちゃんぽん』さんにて、至福の時間を堪能するの事

汗っかきの私には、そろそろ外出が辛い季節になってきた。しかし「美味しい物が食べたい」という根源的欲求には逆らえず、この日も私は東京に残る希少な路面電車形式の鉄道のひとつである東急世田谷線に揺られ、目的地を目指した。

130615_01.jpg
長崎ラーメン / 世田谷駅松陰神社前駅上町駅

東急世田谷線の世田谷駅で降車し、世田谷通りを三軒茶屋方面へ暫く進むと見えてくるのが、今回の目的地である『長崎ちゃんぽん』さん(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)。長崎県長崎市発祥の麺料理「長崎ちゃんぽん」を出すお店だから、店名が『長崎ちゃんぽん』。あまりの分かりやすさに驚愕するが、料理としての長崎ちゃんぽんが未だマイナーだったころの命名なのだろう。

130615_02.jpg
店内の様子

麺類と定食もの、及び一品料理の名がズラリと書き込まれたメニューが壁一面に掲げられた店内の様子は、一般的な「街の中華料理屋さん」を思い浮かべていただければ間違いない。写真ではカウンター席しか写っていなが、店内の奥にはテーブル席もあるので思いのほか収容人数は多い。しかし店内に掲げられた数多の著名人のサインが証明するとおりの人気店なので、後から後から引っ切り無しに来店があるので店内は常に活況となっている。

130615_03.jpg
ちゃんぽん(850円:税込)

野菜を始めとする大量の具材を炒め、寸胴鍋から掬ったスープと絡め、更に極太麺を投入して……という厨房での手際よい調理の様子を眺めているうちに、ちゃんぽんが完成。

130615_04.jpg

キャベツ・モヤシ・豚肉・竹輪・エビ・アサリ・さつま揚げ・ピンクのカマボコ(長崎では「はんぺん」と呼称)といった大量の具材が丼内を占拠する容貌は、迫力満点!

130615_05.jpg

物の本によればスープのベースは鶏ガラとトンコツとのことだが、そこに前述した大量の具材から出る旨味が加わった結果、力強いうえに極めて複雑な味のスープとなる。これが美味しい……。

130615_06.jpg

そんな美味しいスープの味が十二分に馴染んだ具材や麺を豪快に口に運ぶと至福の時間が堪能できる。量の多さも尋常ではなく、食べ終えてお店を出るころには下を向くのが困難になるほどだ。皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


Nゲージ NT80 東急 300系 (304F アップルグリーン) Nゲージ NT107 東急 たまでん デハ80形 初期/赤電塗装 (M車2輌セット) Nゲージ NT54 東急 300系 (307F ラベンダー)


posted by 只今 at 22:15| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 食:ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Posted by 履歴書の郵送 at 2013年09月02日 15:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

みんなのプロフィールSP
ブログランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。