2007年03月11日

『伝説のすた丼屋』で伝説のすた丼を味わう

070310_01.jpg
夜の高田馬場

大学・予備校・専門学校がひしめく高田馬場は、安うまグルメタウンとしても知られる町。

070310_02.jpg 070310_03.jpg

高田馬場駅から早稲田通りを早稲田方面に進み、明治通りとの交差点を過ぎてなお暫く進むと

070310_04.jpg


到着するのが、この『伝説のすた丼屋』早稲田店さん。何が伝説なのかというと、その昔、国立のとあるラーメン屋のいちメニューに過ぎなかった丼物、スタミナ丼が、安くて旨くてボリューム満点だと大評判となって、いつしか“すた丼”の愛称も頂戴し、その後支店をいくつも構える際の看板メニューになったのだとか。

070310_05.jpg
白井ヴィンセント(tvk=旧テレビ神奈川:saku sakuより)

自分は、彼を操る通称“黒幕”氏が「思い出の味」として番組中で語っていたのを聞いたのが最初だったが、それ以外にも数々のメディアでこの話が露出していたので小耳に挟んだ方も多いだろう。その店の系列店がこの『伝説のすた丼屋』早稲田店さんになる。

070310_06.jpg
すた丼(味噌汁つきで580円:税込)

こちらが伝説の“すた丼”。豚肉と長ネギをニンニク醤油をベースとしたタレで炒め、それを海苔を敷いたテンコ盛りのライスの上に乗せる、という文章にしてしまえば非常にシンプルな料理。生卵が別添えで付いてくるので、お好みでかけて食べる。

070310_07.jpg
タマゴをかけた状態

豚肉の旨味とニンニク醤油の香りだけでも十分に箸が進むのだが、意外な伏兵がライスに敷いた海苔。これが丁度喫茶店のアイスクリームに添えられたウエハースのように舌の感覚を一旦リセットするので豚肉の旨味が常に新鮮に感じ取れる。おかげでライスの量は通常でも優に2合分はあろうかと思われるほど大盛なのだが、難なく完食できるのだ。

ちなみに、プラス80円でライス大盛プラス120円で肉増量も可能。つまり200円プラスすればライスも肉も大盛になるし、またラーメンなどとのセットメニューも用意されているが、前述のとおりディフォルト(通常)状態でもかなりの量があるので、注文の際には注意すべし。


地方局のローカル番組だから、知らない人の方が多いだろうなぁ…


posted by 只今 at 06:32| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 食:和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ〜・・昔食べに行った事ある〜!
あのころはスタ丼大盛り食って、2,3時間後にカレー食ったりしてたけど・・今はとても無理だなあ・・(遠い目)
Posted by 記号士 at 2007年03月11日 22:14
>記号士さん
自分も学生のころなら“すた丼”の大盛にラーメンのついたセットぐらい難なく平らげたでしょうが、今はもう明らかに無理です。あのころは若かった…。
Posted by 只今 at 2007年03月11日 22:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

みんなのプロフィールSP
ブログランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。