2013年03月24日

有楽町『玉菊』さんで「手間隙に見合う」まぐろカマ焼き定食を味わうの事

このところ肉料理を食べる機会が多かったので、無性に魚料理を食べたくなった。しかし美味しい魚料理を(ここが重要だが)手頃な値段で食べられるお店は案外と少ない。今日は、貴重な「美味しい魚料理を手頃な値段で食べられるお店」をご紹介したい。

130324_01.jpg
玉菊居酒屋 / 有楽町駅銀座一丁目駅日比谷駅

JR有楽町駅の国際フォーラム口(北西側)から徒歩1〜2分、線路伝いに東京駅方面へ向う途中のガード下にあるのが(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)、今回ご紹介する『玉菊』さん。

130324_02.jpg
店外のランチメニュー

夜は居酒屋だが、昼は定食や丼物メニューを提供している。物の本によれば、特に築地から仕入れるインドマグロを用いた定食が人気とのこと。

130324_03.jpg
店内の様子

店内は、ガード下という立地のため細く長〜い。開店時間直後の入店に加え、土曜日の来訪だったので他にお客はいなかった。早速席に着いて、注文を通す。

130324_04.jpg
まぐろカマ焼き定食(800円:税込)

今回の注文は、まぐろカマ焼き定食。カマとは魚の胸ビレ(鰭)あたりの部分で、鎌形なのでカマという。

130324_05.jpg

マグロは広大な海域を泳ぎ回って暮らす回遊魚。その胸ビレは必然的に運動量が多くなるので肉質が良く、さらに脂も乗っている。しかもマグロのカマといえば、中トロやカマトロ・大トロに隣接する部位なのだ。

130324_06.jpg

となれば、美味しさは保障されたも同然! 事実、レモンの絞り汁をかけて食べれば、マグロ肉そのものの美味しさと、よく染みた醤油味の美味しさで身悶えするほどだ。骨から肉を外したり、ほじったりするのに多少の労力を必要とするが、その手間隙に見合う味である。

130324_07.jpg

もちろん、ご飯との相性も抜群だ。皆さんも是非お試しを。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 09:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

みんなのプロフィールSP
ブログランキング