2012年05月28日

「東京スカイツリーのエレベーター、1週間で2度目の停止」に思う

先週の火曜日(22日)に開業した東京スカイツリー。

開業5日で113万人(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120527/trd12052716540010-n1.htm

来場者数は開業5日目にして早くも100万人の大台を超えるなど、順調な滑り出しを見せている。しかし全てにおいて順風満帆とは言えないようで・・・。

風でまたエレベーター停止 スカイツリー展望台(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120528/trd12052817120011-n1.htm
エレベーターは風に弱い? 決め手は「揺れの大きさ」(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/region/news/120523/tky12052322000030-n1.htm

本日(28日)午後、東京スカイツリーの地上450メートル付近で風速20メートルの強風が観測された。この影響でエレベーターが自動的に減速、停止する可能性があったため、14時20分に展望台を結ぶエレベーター2基を停止させた。その後、風が弱まったことを受けて15時に下りエレベーターの運転を、15時30分に上りの運転も再開させた。

開業初日にも強風の影響で展望台へと繋がるエレベーターの運転が停止になっているが、この一週間で早くも2度目ということになる。確率的には約28%。このペースでいけば年間で100日はエレベーターが止まる計算になる(苦笑)。それは大袈裟にしても、台風のシーズンを迎えたりすれば

「止まって下さーい!」
(by.サツキ:となりのトトロ より)

120528_01.jpg
となりのトトロ [Blu-ray]

と大声で言わなくても運行を停止せざるを得なくなるのではないか。ともあれ、記事を読む限り、不慮の事故で止まってしまったというよりも、大事をとって人為的に停止させているようなのは救い。地上450メートル付近でエレベーターを運行させるなんて圧倒的に経験値が少ないはずだから、最初は色々と問題が起きるとは思う。ノウハウを蓄積して対策を練って、折角やってきたにもかかわらず運行停止、というケースが少なくなるようにしてほしい。

ところで、スカイツリーでエレベーターに乗っている最中に強風などで停止してしまったらどうなるのか? 気になるがスカイツリーの運営会社によると、天望回廊までの間には避難階段につながる7カ所の非常用停止階があるので、エレベーターのゴンドラに取り残されることはないそうだ。ちょっと安心?


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




風でまたエレベーター停止 スカイツリー展望台
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120528-00000583-san-soci
posted by 只今 at 22:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

みんなのプロフィールSP
ブログランキング