2012年05月25日

急展開!脱走ペンギン捕獲される、の巻

数日前に弊ブログで触れた、今年の3月に水族館から脱走したペンギンについての話は、急転直下の展開となった。

「大脱走」ペンギン、82日ぶり保護…外傷なし(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120524-OYT1T01129.htm
ペンギン保護、サラリーマンのような習性を利用(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120525-OYT1T00386.htm
水質悪かった?保護されたペンギンが結膜炎(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120525-OYT1T00923.htm

24日、東京都立葛西臨海水族園から、同園から3月に脱走したフンボルトペンギンを捕まえたとの発表があった。脱走発覚から82日ぶりの保護となる。同日22時30分過ぎに同園が開いた記者会見では、冒頭に保護された脱走ペンギンが公開された。檻に入れられて怯えてはいたが、

「話をすればわかるんだ、出して下さい! こんな所に入れることないでしょ! ブライトさん! ミライさんでもいいんだ! セイラさん! 来てください! 話を聞いて下さい! リュウさん! セイラさん! 話を! 僕だって言いたいことはあるんだ!」
(by.アムロ・レイ:機動戦士ガンダム より)

120525_01.jpg
RG 1/144 RX-78-2 ガンダム (機動戦士ガンダム)

などと取り乱すことはなかったという。ただし獣医師の診察では結膜炎にかかっていることが判明している。同園では「東京湾の水質が悪かったせいでは」と推測しているといい、2〜3日間、ペンギンに目薬を点眼して治療した上、予備の飼育室に隔離して検疫を続けるとのこと。

記者会見によれば、24日の11時頃、江戸川にかかる千葉県市川市の行徳橋付近の住民から「ペンギンを見た」との情報が複数寄せられた。同園の職員が現場に急行し、16時20分ごろ、河川敷で休んでいるところを近づいたが、気付いたペンギンは川の中に姿を消した。しかし、17時半頃に反対岸に上がったところを、今度はゆっくり距離を詰め、最後は素手で取り押さえた。ペンギンは無抵抗だったという。

それにしても約3ヶ月間も捕獲できなかったことが不思議だが、時速30キロで泳ぐペンギンを海中で捕獲するのは困難とみられていたのが要因の一つだと考えられる。以前の記事でも書いたが、東京湾にはペンギンの天敵となる動物もいないので、悠々自適の生活を過ごせていたのだろう。

しかし結膜炎に罹っていたというのは穏やかではない。東京湾も以前よりも水質は大分改善されたとはいえ、まだまだ所によっては水質に問題があるということか。それを考えると無事捕獲されて良かったと思う。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




水質悪かった?保護されたペンギンが結膜炎
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120525-00000923-yom-soci
posted by 只今 at 23:28| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

[脱走ペンギン]寒がりなやつもいる(追記あり)
Excerpt: まあその、しくしている当事者関連にとっては一大事なんでありましょうが、ニュースネ
Weblog: BBRの雑記帳
Tracked: 2012-05-26 20:29

みんなのプロフィールSP
ブログランキング