2012年05月12日

秋葉原にあるのはメイドカフェだけにあらず。カフェ『issa(イッサ)』さんで豆乳ドリンクとドライカレー丼を味わうの事

しばらくカレーを食べていなかったからか、私は朝からカレーを食べたい気持ちに駆られていた。そのうえ暫く胃を痛めつけるような食生活が続いたこともあって、ヘルシーな料理が食べたいという気持ちもあった。そこで、この2つの欲求を同時に叶えるべく、或る場所に向かった。

120512_01.jpg
イッサカフェ / 岩本町駅秋葉原駅淡路町駅

JR秋葉原駅から徒歩で5分ほど、神田須田町の交差点近くにある(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『issa(イッサ)』さん。五穀米を使った丼物と豆乳を使った創作ドリンクを扱うカフェである。

120512_02.jpg
店内の様子

この界隈には珍しい、白い内装と木目の調度品で構成された小洒落たカフェ。道に面した部分は全て一面ガラス張りとなっており、ブラインド越しに燦燦と入る日差しが心地良い。

同店は先にレジで注文を通し、会計を済ませておく仕組み。会計後、お冷をセルフでコップに汲んで席に着く。暫くすると・・・。

120512_03.jpg
豆乳ドリンク・ブルーベリーヨーグルト(レギュラー 380円:税込)
ドライカレー丼(サラダつき 500円:税込)

注文しておいた料理が到着。

120512_04.jpg

まずはドリンクから。豆乳というと、私は幼少の頃にパックの豆乳を飲んだ際の経験から、独特のクセがあって飲みにくいドリンクという印象があったのだが、こちらは何の抵抗もなく「美味しいブルーベリーヨーグルト」として飲めた。言われなければ豆乳を使用したドリンクとは気づかないだろう。女性はもちろん、お子さんにもお勧めしたい逸品。

120512_05.jpg

そしてドライカレー。ニンジンとカボチャで「顔」が描かれている。こうした遊び心は嬉しい。

120512_06.jpg

もちろん見た目だけでなく味もGOOD。油を使っておらず、そのためヘルシーなだけでなく、ともすれば後口が重くなりがちなカレーをサッパリと食べさせてくれる。ニンジンとカボチャは単なる彩りだけでなく野菜の甘味をカレーに与え、味にアクセントを与えてくれる。ワンコインで済む500円という価格や、成人男性の私でも十分に満足できるボリュームがあるのも魅力だ。

秋葉原でカフェというとメイドカフェを連想してしまう方も多いと思うが、『issa』さんのようなカフェがあることもお忘れなく。一度お試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




posted by 只今 at 21:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

みんなのプロフィールSP
ブログランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。