2012年04月08日

祝!お釈迦様誕生日(?)の、お花見バスツアーレポート

4月8日は釈迦の誕生日であり、それを祝う「潅仏会(かんぶつえ)」や「花まつり」といった名称で呼ばれる行事が全国各地のお寺で行われている。このお祭りが、日本における桜の開花シーズンと重なるのは、なんとも不思議な一致といえるだろう。

それはさておき、本日の私は、バスツアー好きの父に同行し、都内における桜の名所を巡るツアーに参加してきた。

回った場所は以下の通り。

120408_01.jpg
靖国神社(九段下)

東京の開花宣言の基準となる基準木(きじゅんぼく)がある靖国神社。

120408_02.jpg
播磨坂さくら並木(茗荷谷)

通りの中央と両サイドに120〜30本の桜が植えられた茗荷谷の播磨坂。

120408_03.jpg
上野恩賜公園・不忍池(上野)

オンシーズンの土日には1日で30万人以上の人が訪れる上野恩賜公園。

120408_04.jpg
池上本門寺(池上)

花まつりで賑わう池上本門寺。

120408_05.jpg
目黒川(中目黒)

全長約3.8キロメートルに渡って川の両岸に桜並木が続く目黒川。

このほか、途中でホテルに立ち寄ってのランチバイキングがあった。

自分からアクションを起こさなくても、お任せで方々に連れていってくれるバスツアーは簡単だし楽チンだ。しかしその反面、他のツアー参加者が集合時間に遅れたり、道路事情が悪化したりするとスケジュールが全体的に遅延するし、なにより「勝手気ままに好きなところを好きなだけ巡りたい」私は、自由行動時間に制限が課せられるバスツアーは苦手なのである。

このたび「巡る先が都内オンリーなら、それほど酷い状況にはならないかな」と考え、久しぶりに父の誘いに応じてみた。しかし全体的なスケジュールがズルズルと遅延したり、思っていた以上に自由行動時間が少ない状況に直面し「これぐらいのルートなら自分で計画を立てて回ったほうが効率よかったなぁ」というのが、偽らざる感想だった。

また、いつもなら

「まるで死肉に飛びつく餓鬼の様だぞ」
(by.乙女座のシャカ:聖闘士星矢 より)

120408_06.jpg
聖闘士星矢 聖闘士聖衣神話 バルゴシャカ

と窘(たしな)められるぐらい猛然と挑みかかるランチバイキングも、スケジュールの遅延による疲労の蓄積もさることながら、写真を撮る気が湧いてこない、これといって特徴のないラインアップだったことが、イマイチ感の増大に拍車を掛けてしまった。

ただ今回のツアープラン、骨子は悪く無いと思うので、いつか自分で回るときの参考にしよう・・・。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




posted by 只今 at 21:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

みんなのプロフィールSP
ブログランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。