2012年03月17日

渋谷『富士宮焼きそば こころ』さんで、ご当地グルメの雄を満喫するの事

ご当地グルメ・B級グルメブームの立役者といえるのが、静岡県富士宮市のソウルフードである富士宮やきそば。コンビニ弁当やカップ麺にもなったので口にした方は多いと思う。一方で「やっぱり本物を食べてみたい」という方もいらっしゃるのではないか。

しかし諸般の事情により現地まで足を運ぶのは厳しい方も多いはず。そんな皆様のために、今日は東京で富士宮やきそばを食べられるお店をご紹介したい。

120317_01.jpg

富士宮焼きそばこころ 渋谷店焼きそば / 渋谷駅表参道駅



JRほか渋谷駅を降りて宮益坂を登り、登りきったら金王坂の方へ横断。そこから一本裏の通りに入ると見えてくるのが(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『富士宮焼きそば こころ』さん。同店は富士宮やきそば学会が認定する木下製麺所の麺を使用するなどした、同学会正規登録(※)のお店である。

※「富士宮やきそば」は登録商標なので勝手に看板に掲げることはできない。

120317_02.jpg
店内の様子

本日の天候が本格的な雨模様だったこともあり、人影はまばら。しかしテイクアウト用の注文を受けている光景に出くわしたので、土曜日ではあるが需要は思いのほかあるようだ。

120317_03.jpg
ランチセット(やきそば並盛 750円:税込)

今回の注文は、11〜15までのランチタイム限定となるランチセット。その内訳は

120317_04.jpg
並盛・中盛・大盛から選べる、やきそば

120317_05.jpg
サラダ

結構な量があるのが嬉しい、サラダ

120317_06.jpg
玉子スープ

まだ肌寒い季節なのでありがたい、暖かい玉子スープ

120317_07.jpg
ジンジャーエール

ジュース(やきそばへのトッピングと選択式)

120317_08.jpg
杏仁豆腐

デザート(肉ごはんとの選択式)という豪勢なラインアップ。

120317_09.jpg

卓上に用意された魚粉(イワシの削り粉)を適宜ふりかけたら、早速食べてみよう! ラードで炒められた麺は、他の焼きそばとは違うピンとした張りのある食感。また味付けも一般的な焼きそばがソースのみであるのと違い、魚粉や肉かす(豚の背脂や豚バラからラードを搾った後に残ったものを油で揚げたもの。一般的には「油かす」という)が加わっているので力強さがある。具として用いられている、歯ごたえ位のよい細切りキャベツが良いアクセントだ。

現地に足を運ぶの辛くても、交通至便な渋谷であれば来訪のチャンスを作るのは難しくないのでは? 見体験の方も、現地で食べた味が忘れられない方も、お試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




posted by 只今 at 20:48| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

みんなのプロフィールSP
ブログランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。