2011年12月08日

新種のSNS『LiKINGMAP』のテストユーザー募集とと田舎の旅館や駅などに置いてあるノートの関係について

新しいタイプのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)である、LiKINGMAP(ライキングマップ)のPR用Twitterによると、同サービスがテストユーザーを募集中とのこと。

【LiKINGMAP】
http://www.likingmap.com/

LiKINGMAP_PR
http://twitter.com/#!/LiKINGMAP_PR

「な、なんだよモーラ! 藪から棒に・・・」
(by.コウ・ウラキ:機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY より)

111208_01.jpg
HGUC 1/144 RX-78GP03 ガンダムGP03 デンドロビウム (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY)

と突っ込まれそうだが、LiKINGMAPについては、以前にもご紹介をしたと思う。

新しいタイプのソーシャルサービス「LiKINGMAP」を発見!
http://tadaimani.seesaa.net/article/221294473.html

LiKINGMAPを簡単に説明すると、自分の「好き」なテーマについて書き込みや画像をアップし、それをユーザー間で共有するサービスである。

mixiやFacebookに代表される既存のSNSは「人」を軸に関係を結ぶから、そこには好むと好まざるとに関わらず、多かれ少なかれ人間関係のしがらみが発生してしまう。

その結果として、他者の発言には必ず返事をしなければならないような義務感に襲われたり、発言にリアクションをしなかったために逆上されたり、自分の発言に何の反応も無いことに喪失感を覚えたりすることも少なくない。それが嫌でSNSにログインしなくなっていく、いわゆるSNS疲れを起こした経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないだろうか。

しかしLiKINGMAPは自分の「好き」なテーマが軸なので、既存のSNSよりも煩わしい人間関係のしがらみに悩まされる可能性が低いと私は感じている。まだLiKINGMAPを利用したことが無い人には「好き」をテーマに人が集うという感覚が分かりづらいかもしれないが、田舎の旅館や駅などに置いてあるノートにコメントを書きこむ行為を想像してもらうと良いかもしれない。

見たことがある人も多いと思うが、田舎の旅館や駅などにいくと、古ぼけたノートが置いてあって、そこを訪れた人によって何らかのコメントを書き込まれていたりする。書かれているのは簡単な感想だけかと思いきや、貴重な情報や体験談が書かれていることもある。共通しているのは、その場所に「好き」で訪れた人達によって書かれている点。

そんなノートは、たとえ自ら書き込まなくても、見ているだけで面白い。せっかくテストユーザーを募集中とのことなので、参加してみるのも楽しいのでは?


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




posted by 只今 at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

みんなのプロフィールSP
ブログランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。