2011年11月25日

「結婚したくても、出会いがない」男女が過去最高に(私も含む 涙)



国立社会保障・人口問題研究所の調査によると、18〜34歳の未婚者のうち「異性の交際相手がいない」とする男性が61.4%、女性が49.5%と、いずれも過去最高の調査結果になったとのこと。一方で結婚願望を持つ未婚者は男女とも8割以上に上り、「結婚したくても、出会いがない」という独身者の実態が浮き彫りになった。

独身でいる理由は、18〜24歳では、「まだ若すぎる」など結婚への積極的動機がないことを挙げる人が多かったが、25〜34歳になると「適当な相手にめぐり会わない」が最多となり、男性46.2%、女性51.3%だった。記事によれば「お見合い文化が廃れる中、結婚相手を探す機会が減っている実態があるのではないか」という調査機関のコメントが紹介されている。

かく言う私は、「結婚したくても、出会いがない」うちの一人だ(涙)。寂しい気持ちがあるが、そんなときには

「確かに、私も美人は嫌いではありません。しかし、……妻なくとも武士のつとめは行なえます。拙者は武士として名分の立たぬことのほうを恐れます」
(by.趙雲子龍:横山光輝 三国志 より)

111125_01.jpg
三國志全30巻漫画文庫

といったセリフを思い出して自分を鼓舞している。

しかしこの記事を読んで「なぜ私は結婚しないのか」かと改めて考えた。すると、

1.男女ともに或る程度年齢がいっても独身者である人の割合が増えて世間の目も寛容になっていること
2.金銭的・時間的な余裕が無いこと
3.しかしコンビニなどの発達で一人で生きていく分には最低限の日常生活を十分に送れること
4.自分のライフスタイルが固定されてしまっていること
5.インターネットがあれば他者と交流できるので一人暮らしの寂しさは紛れること


パッと思いついただけでも、これだけある。私は男だが、女性も多かれ少なかれ事情は一緒なのではないだろうか。
なるほど、結婚を焦らない男女が増えたわけだ・・・。

それでも、2で挙げた時間的・金銭的余裕という点が改善されれば、少しは状況が違ってくると思う。少子化対策が叫ばれて久しいが、結局は景気対策が一番の薬かな?


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




結婚したくても出会いが…交際相手なし過去最高
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111125-00000601-san-soci


posted by 只今 at 23:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

みんなのプロフィールSP
ブログランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。