2011年11月12日

伊勢佐木長者町『和香佐』さんに空きっ腹を救われるの事

とある事情により横浜・伊勢佐木町周辺をブラブラ歩いていたとき、ふと空腹を感じた。近くの飲食店に入ろうかと思ったが、生憎とこの辺りには土地勘が無い。そこで「街の中華料理屋さん」的なお店なら大きなハズレは無いだろうと判断し、ネットで近隣の店を検索。そこへ入店することにした。

111112_01.jpg
横浜中華料理 和香佐 中華料理 / 伊勢佐木長者町駅関内駅日ノ出町駅

目的地は横浜市営地下鉄ブルーライン・伊勢佐木長者町駅の4A出口から大通りを渡った向かい側にある(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『和香佐』さん。

111112_02.jpg
店内の様子

店内は中華料理店らしく赤を基調とした作り。テーブルやカウンター席だけでなく、店の奥には小上がりもあって思いのほか店舗規模は大きい。またカウンターには紹興酒の瓶が置いてあるところなどは、想像したよりも本格的な中華料理店であった。

111112_03.jpg
唐揚げ油淋ソース定食(800円:税込)

空きっ腹で気が動転していたのか、私としたことがメニューを写真に撮っておくのを忘れてしまった。なので料理名と値段はウロ覚えなのでご容赦願いたい。

111112_04.jpg

今にも転げ落ちそうなほど大量に盛られているのは、鶏の唐揚げに艶やかでトロ味のあるソースが掛かったもの。同店では「唐揚げ油淋ソース」と表記している(と記憶している)が、これは中華料理の油淋鶏(ユーリンチー)である。

油淋鶏とは「揚げ鶏の甘酢ネギソースがけ」といった表記をされることからも分かるとおり、鶏の唐揚げに酢と醤油をベースとした甘酢ダレを掛けたもの。刻んだ長ネギをふんだんに入れるのがポイントだ。

111112_05.jpg

酢を使った料理だが酢はそれほどキツくなく、ただでさえ美味しい揚げたての唐揚げをタレの味が増幅し、酢によって後口がサッパリするので、また箸が伸びてしまうという好循環が起こる。そのまま食べても美味しいが、皿に添えてあるマヨネーズをつけて食べても乙な味となる。

111112_06.jpg

ご飯の友としても良いし、またビールの摘みにも良いと思う(私はアルコールを受け付けない身体なので試せないが・・・)。ほぼ偶然に見つけたようなお店であったが、空腹どころか心も満たされたのは言うまでもない。皆様も『和香佐』さんを訪れてみてはいかが?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




posted by 只今 at 10:46| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:中華 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

みんなのプロフィールSP
ブログランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。