2006年09月03日

『しゃぶ亭 福屋』さんの研究成果を味わおう

060903_01.jpg
東武東上線大山駅南口

東武東上線・大山(とうぶとうじょうせん・おおやま)駅周辺は、東京屈指の大商店街であるハッピーロード大山・遊座大山商店街を有している。

060903_02.jpg 060903_03.jpg
ハッピーロード大山

池袋に近いという地理的条件もさることながら、周辺には区役所・税務署・区立文化会館といった公共役場・施設があることから、こうした賑わいをみせるようになったのだろう。道の両側には昭和の香りで満ち溢れた個人商店が立ち並び、当ても無く散策しているだけでも楽しい。

060903_04.jpg
しゃぶ亭 福屋

そんな商店街の一角に、なんとも敷居の高そうなお店が陣取っている。それがこの『しゃぶ亭 福屋』さん。「しゃぶしゃぶなんて高級な料理、ちょっと縁遠いな…」とお思いの方、心配無用である。

060903_05.jpg
舌代(メニュー)の一部

上に掲載した定食類をはじめ、一品料理やアルコール類も含め、極めてリーズナブルな価格設定となっている。

060903_06.jpg
牛しゃぶ定食

写真は牛しゃぶ定食。注文をうけてから専門の機械でスライスして饗される牛ロース肉が4枚と、白菜&春菊、うどん、ライス、そして冷奴とお新香。写真右奥にある黒と白の壷の中には『しゃぶ亭 福屋』さん特製の甘口ごまダレ、辛口味噌ダレがそれぞれ入っている。

060903_07.jpg
こちらは甘口ゴマだれ

しゃぶしゃぶは詰まるところ湯で煮た食材をタレにつけて食べる料理であり、その味はタレに依存する部分が極めて大きい。そのためタレの味は店の生命線となる。どちらのタレも『しゃぶ亭 福屋』さんが創業以来の研究成果がよくわかる複雑玄妙な味わいで、肉・野菜・うどんのいずれにも良く合う。どちらが好きかは好みの問題だか、しゃぶしゃぶを食べたあと、残ったタレをライスにかけて食べる(笑)ことまで考えると、自分は辛口ダレの方がより好み。


ここまで読んで『しゃぶ亭 福屋』さんにご興味を持たれた方、ハッピーロード大山の…

060903_08.jpg
舌代(メニュー)より

ど真ん中へGO! 


ついでにこんなのも…


posted by 只今 at 05:12| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 食:和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
20数年前、大学に入学して引越しをしたその日に、手伝いに来てくれた父親に連れて行って貰った記憶があります。
値段がどうだったか忘れましたが、しゃぶしゃぶ初体験でした。
Posted by mac at 2006年09月03日 12:03
にぎやかそうな街ですね。
写真を見てたらちょっと行ってみたくなりました。
Posted by 綾花 at 2006年09月03日 22:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

みんなのプロフィールSP
ブログランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。