2011年10月01日

札幌『佐藤水産』さんの海鮮おにぎりを懐かしく思い出すの事

札幌旅行の思い出シリーズも残り僅かとなった。今回ご紹介するのは、ホテル近くのコンビニを除けば私が札幌旅行の間に最もよく利用したお店と言っても過言ではない。

111001_01.jpg
佐藤水産 本店弁当 / さっぽろ駅(札幌市営)札幌駅(JR)大通駅

そのお店とは、JR札幌駅南口から通りを挟んで向かい側にある(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『佐藤水産』さんである。

111001_02.jpg
店内の様子

同店は海産物の土産物をメインに扱っているのだが、私のお目当ては、

111001_03.jpg

おにぎり。朝食に、おやつがわりに、夜食に大活躍してくれた。

111001_04.jpg
左:あきあじ(250円:税込)右:紅鮭(350円:税込)

撮影のため近くにあるパチンコ屋(苦笑)のレストスペースに移動。写真では伝わりにくかもしれないが、なんでも茶碗2杯分のご飯が使われているとのことで、大きさが尋常ではない。コンビニで売られている一般的な個別包装のおにぎりと比べたら一般人と力士ほどに体格の違いがある。

111001_05.jpg

また見た目の大きさに違わず重量もあり、成人男性の私が手の指を曲げてシッカリと保持しないと支え切れないほどなのだ。

111001_06.jpg
写真はあきあじ(秋鮭の意:産卵のために生まれた川の沿岸へ秋に戻ってくる鮭)

それだけ大きなおにぎりだと形を維持するためにカチンカチンに握り固められていても不思議ではないのだが、同店のおにぎりは米粒同士の間には適度に隙間があって、食べるとホロホロと心地よく口の中で崩れていく。そのため大きなおにぎりではあるが思いのほか簡単に胃の中に収まっていくのだ。

そして具の味わいも絶品! なにしろ北海道産の鮭の加工は同店の主力業務だ。良質の素材と確かな加工技術に裏打ちされたその味は、脂分は控えめだが寧ろ鮭の身が持つ本来の味が十分に堪能できる。そしてご飯との相性も抜群でとても美味しい。ああ、こんな記事を書いていたら、また食べたくなってきた・・・。

『佐藤水産』さんの海鮮おにぎりは、新千歳空港の売店でも販売されているので土産として購入する人も多いと聞く。みなさんも味わってみて欲しい。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




posted by 只今 at 15:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

みんなのプロフィールSP
ブログランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。