2010年11月03日

新宿『桂花』さんの太肉麺とジグソーパズル。

※昨日のエントリ内容と一部重複しておりますので、ご了承ください。


昨日「熊本ラーメンの桂花が民事再生法の適用を申請した」との事実を知った私は、大変驚いた。なぜなら私にとって非常に大きな意味を持つラーメン店だったからだ。

桂花は、東京進出によって熊本ラーメンの存在を全国に知らしめた立役者に他ならない。そして私が食べ歩きを趣味とするようになったのは、幼少のころに料理人である父に連れられて訪れた桂花で、東京ラーメンとは全く違う趣のラーメンを食べた時の驚きに端を発している。桂花は、いわば私の食べ歩き人生の原点ともいうべきお店なのだ。

とはいうものの最近はすっかり御無沙汰していた。まさかそんな事態になっていたとは……。私は早々に仕事を片付けると、勤め先を飛び出して新宿へと向かった。

101103_01.jpg
桂花ラーメン 新宿東口駅前店ラーメン / 新宿西口駅新宿三丁目駅新宿駅

テレビ番組『笑っていいとも』の収録場所として知られるスタジオアルタがある新宿アルタビルの近くにある、みずほ銀行横の路地を進むと程なく到着するのが『桂花ラーメン 新宿東口駅前店』さん(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)。ご覧のとおり、猫の額ほどの小さなスペースに建てられている。あの当時からまったく変わらぬ、お世辞にもオシャレとはいえない佇まいであるが、それがまたよいのだと思う。

新宿にはもっと店舗規模の大きい桂花が何店かある。写真を撮る都合も考え、もっと大きいな店にいこうかとも思ったのだが、私が父に連れてきてもらったのは同店。やはり思い出のあるお店に足が向いてしまった。

また民事再生法云々の絡みで、最悪の場合は既に店を畳んでいる危険も覚悟していたのだが、店舗は通常どおり営業していた。聞けば桂花は経営の支援先も見つかっているようなので、店舗の営業については影響が薄いのだろう。

101103_03.jpg
店内の様子(2階席)

1階席が残り1席と客の入りも盛況だったので、急角度で狭苦しい階段を上って2階席に足を運んだが、こちらも残り1席となっていた。また店内での客同士の会話を聞く限り初訪の客ばかりでもないようで、現在もリピーター獲得できていることが窺い知れる。

101103_02.jpg
太肉麺(950円:税込)

注文は同店の名物『太肉麺』(ターローメン)。元は桂花の東京進出を記念して生まれたメニューであることを、今回の訪問で店内の掲示物を見て初めて知った。目を引く特徴としては、チャーシューの代わりに豚の角煮が大きく2切れ入っていることと、大量の生キャベツの葉が具として入っていること。

101103_04.jpg

熊本ラーメンといえば白濁した濃厚トンコツスープ。博多ラーメンほどの強い豚骨臭は感じない。桂花のオフィシャルサイトによれば豚骨だけでなく豚肉や鶏肉もスープの材料に含まれているようなので、その影響かもしれない。さすがに初めて口にしたときほどのインパクトは感じず、また好悪が分かれる味なのは昔のままであるが、それでも美味しいと表現して問題ない味だと思う。

101103_05.jpg

スープの味を受け止めるのは、太いシコシコとしたストレート麺。慣れていなければ「生煮えか」とも感じてしまう食感は相変わらずで、これも好悪が分かれるところ。だが桂花のスープを受け止められるのは、この麺しかないだろう。

101103_06.jpg

トロトロになるまで煮込まれて味の染みた角煮も、パリパリとした歯ごたえと仄かな甘みを感じる生キャベツも、個性的な味、個性的な具という面では相当なものだ。他店のラーメンにそのまま乗せてみても美味しいと感じられるかどうかは謎である。しかし桂花のスープ、桂花の麺との相性は比類なきものがある。

101103_07.jpg
完食!

今回、久しぶりに食べて感じたのは、桂花の太肉麺とは、それだけでは好き嫌いが分かれてしまうクセの強いスープ・麺・具が、ジグソーパズルのピースを嵌めこむように一部の隙間もなく互いのクセをカバーし合うことで初めて成立する作品であることだ。

とても美味しい一杯であり、桂花の看板メニューとして他店に対抗しうる十分な実力を有するのは疑いない。だが、この味はおそらく事前に計算されたものではなく偶発的に産まれた物であり、故にこれに比肩する看板メニューを生み出すのは並大抵のことではないということになる。

聞けば、このたび桂花が民事再生法の適用申請をするに至った要因のひとつに、今夏の猛暑による売り上げの低下があるという。最近のラーメン店が、つけ麺に力を入れているのは夏季の売り上げ低下への対策という意味があるのだが、桂花の場合、売り上げ対策への新メニュー開発に際して、太肉麺に負けないインパクトと売り上げがある商品でなればならないという条件が出てくる。

自社の看板メニューが足枷になるとはなんとも皮肉な話だが、桂花がこれを克服してくれることを期待しつつ、本稿の末尾としたい。


桂花新宿東口駅前店 [ ラーメン ] - Yahoo!グルメ





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m



posted by 只今 at 15:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

みんなのプロフィールSP
ブログランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。