2010年08月10日

木更津『三好家』さんの豆大福の美味しさは現地に来なければ味わえない?

今週は夏季休暇を取れたのだが、週末に勤め先の用事があったりするため遠出は難しい。そこで東京から2時間ほどで到着する千葉県は木更津で数泊して旅行気分を味わうことに。猛暑だったり雨に祟られたりと天候に恵まれているとはいいがたいが、それなりに満喫している。

今日は、木更津で出会った美味しい和菓子のお店をご紹介したい。

100810_01.jpg
三好家 和菓子 / 木更津駅

木更津駅東口を出て北上、踏み切りのすぐ近くに店を構える(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)のが『三好家』さん。軽食を食べさせる食堂としても営業しているとのことだが、

100810_02.jpg
店頭に並べられた豆大福

なんといっても豆大福の美味しさで地元では知られたお店とのこと。私が訪れたのは午前10時ごろで、まだ個数に余裕があったが、なにしろ午前中には早々に「売切れ御免」となるほどなのだ。

100810_03.jpg

豆大福を2個購入し、駅前のベンチまで移動して腰を下ろす。はやる気持ちを抑えながら、近頃ではめったに見なくなってしまったレトロな紙包みを開ける。すると…。

100810_04.jpg
豆大福(1個130円:税込)

トレイも白いので写真では分かりにくいかもしれないが、手に持ったときにベタ付かないよう大量の片栗粉を身に纏った豆大福が登場だ。

100810_05.jpg

餡は強烈に甘いわけではないが、食後にシッカリとした印象が残る。僅かに感じられる塩気が甘みを増幅させているようだ。また餡を包む餅も普通の大福餅の皮と比べて粘度が高く、モチモチとした食感が心地よい。考えてみれば大福“餅”なのだから餅部分もチャンと美味しくなければ大福餅としての美味しさは台無しだよなぁ…。

ただ餅に混ぜ物をしていないため時間経過による外皮部分の硬化が早いそうだ。それを考えると遠方への土産物には向かず、地元の人が自分で楽しんだり、来客を持て成すために購入するといった用途が主となる。皆様も木更津へ来訪の折には、買い求めて食してみては?


三好家 [ その他 ] - Yahoo!グルメ





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




posted by 只今 at 17:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:スイーツ・パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

みんなのプロフィールSP
ブログランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。