2010年06月13日

川崎『島田屋』さんで朝からシッカリ食事を取ろう。

朝食を取ることの重要性は方々で指摘されているが、外食で「朝からシッカリ食事を取れる」お店となると、案外選択肢は少なくなるもの。今日は早朝から深夜まで営業している定食屋さんを一軒ご紹介したいので、ご活用いただきたい。

100613_01.jpg
島田屋(定食・食堂 / 川崎、京急川崎)

場所はJR川崎駅のすぐ近くにある『川崎駅前タワーリバーク』という地上22階建てのスタイリッシュで近代的な高層ビルの一階。視界に忽然と昭和の時代にタイムスリップした光景が目に飛び込んできたら、それが今回ご紹介する『島田屋』さん(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)。

ものの本によれば、その昔は「駅から近い一軒の食堂だった」とのこと。駅前再開発のような事情により、このビルにテナントとして収まったと思われる。

100613_02.jpg
店内の様子


私が入店したのは朝9時を少し廻ったころ。小洒落たステンドグラスが照明の傘に用いられ、長々としたカウンター席が配された店内では、既に何人かのお客さんがビールを片手にホロ酔い気分になっていた。

100613_03.jpg
壁に貼られたメニュー

壁に貼られた数々のメニューに書かれる値段は、どれもリーズナブルで普段使いに最適。同店は朝6時から深夜0時(24:00)まで営業しているので、一日三食同店で食事することもできる。

100613_04.jpg
豚汁定食(525円:税込)

早朝ということもあり、数多のメニューから今回選んだのは豚汁定食。盛りの良いライスと大きな椀に入った豚汁、そして納豆・生卵・お新香という構成。

100613_05.jpg

豚汁は「ちょっと豪華な味噌汁」という印象があるが、同店の豚汁は非常に具沢山!豚肉やコンニャクに加え、ゴボウやニンジンなどの根菜類がタップリと入っているため、単なる汁物ではなく「おかず」として美味しく大満足できる逸品だ。

ところで、豚汁から放たれる豚脂と根菜と味噌の香りは、どうして食欲をこんなに刺激するのだろう…。

100613_06.jpg

そんな「食欲を刺激する」豚汁をおかずにすれば、早朝からでも納豆と生卵をかけたライスをガシガシ頬張れる。朝型人間の方はもちろん「朝はなんとなく食欲がなくて…」という方にこそお試しいただきたい。

なお『島田屋』さんは、その外見や内装から接客も大雑把な大衆食堂のように感じられるかもしれないが、クシャミをしたお客さんがいたら店員さんが即座にクーラーを止めるなど、細かい気遣いをしてくれるのも魅力。川崎にお越しの際は、お立ち寄りあれ。


島田屋 [ その他 ] - Yahoo!グルメ





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 19:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

みんなのプロフィールSP
ブログランキング