2009年11月29日

銀座『与志万』さんで、季節限定メニューの「かき釜めし」を味わう

牡蠣が店頭に並ぶ季節になった。私は生牡蠣はエグさを感じるので苦手にしているのだが、加熱調理した牡蠣は好んで食べる。昨日、私は比較的リーズナブルに牡蠣料理を食べられるお店に足を運んだ。

091129_01.jpg
銀座 与志万(居酒屋 / 銀座、銀座一丁目、有楽町)

外出先は意外にも(?)日本屈指の高級ランチ街といっていい銀座。東京メトロ銀座駅、もしくは銀座一丁目駅から徒歩数分、東京電力銀座支社の隣にあるビルの、少し奥まったところに店を構える(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『与志万』(よしまん)さん。

091129_02.jpg
店内の様子

夜は焼き鳥などを出す居酒屋であるが、ランチタイムには釜飯を出して好評を博している。私は開店直後に同店に入ったのだが、その後ぞくぞくと入店者が現れ、カウンター席はあっという間に盛況となった。

091129_03.jpg
メニュー

もちろん狙いはメニューの一番上に記載されている、かき釜めし。オーダーを通し、暫く待つ。後から来た他のお客さんたちも、こぞってこれを注文していた。人気メニューであることが窺い知れる。

091129_04.jpg
かき釜めし(とりスープとお新香、デザートつき 980円:税込)

さてお待ちかね、かき釜めしの到着だ!

091129_05.jpg

具はメインである牡蠣のほかは筍と椎茸、そして彩を添えるグリーンピース。立ち上る柚子の香りも素晴らしい。

091129_06.jpg

さっそく、茶碗によそって頂こう。

091129_07.jpg

こんな大粒の牡蠣が、合計で6つも入っている。十分に火も通っており、噛めば牡蠣の美味しさを存分に堪能できる。牡蠣好きにはたまらない味だ。

091129_08.jpg

ダシで炊き上げられたご飯の美味しさも格別。釜で調製するためにオコゲができるのが嬉しい。上手くオコゲを作るコツは釜と接している部分のご飯はあえて掻き混ぜず、少しのあいだ釜の熱をダイレクトにご飯に伝えること。石焼ビビンバでオコゲを作る要領と同じだ。

091129_09.jpg

夜は焼き鳥を主力商品としているだけあって、とりスープも旨し。

091129_10.jpg

釜飯を食べ終わるとデザートが運ばれてくる。黄粉と黒蜜で味をつけた寒天。口直しによい。

かき釜めしは、10月から3月中旬までの季節限定メニュー。ぜひ、お試しあれ。


与志万 [ 焼き鳥、鳥料理 ] - Yahoo!グルメ





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




posted by 只今 at 18:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

みんなのプロフィールSP
ブログランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。