2009年09月21日

渋谷『麗郷』さんで感じた、大人になった自分

「年齢を重ねることで理解できるようになるものがある」といったことを実感した方も多いのではないだろうか。私も先日、或るお店でそんな経験をすることになった。

090921_01.jpg
麗郷 渋谷店(台湾料理 / 渋谷、神泉)

渋谷駅から徒歩5〜6分、道玄坂を上り道玄坂小路という路地に入ると、ひときわ映えるレンガ造りの建物が目に入る(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)。ここが『麗郷』さん。創業は1955(昭和30)年。渋谷を…いや東京を代表する台湾料理専門店として、かれこれ50年以上、この地で渋谷という街の変遷を見守り続けてきた名店である。メディアにも何度となく取り上げられているので、訪れたことはなくても、このレンガ造りの建物を「どこかで見たことがある」という方も多いことだろう。

090921_02.jpg
店内の様子

久しぶりに訪れたが、テーブル席からカウンター席まで人で溢れている、相変わらずの盛況ぶりに感心する。

090921_03.jpg
メニュー(一部)
※メニューの価格表記が税抜きなので注意

スタッフの方に勧められるままカウンター席に座り、オーダーを通す。注文の品が来るまでの間、カウンター越しに見える厨房で料理人の方々が休む間もなく働く姿に敬意を表していると、

090921_04.jpg
焼きビーフン(840円:税込)

創業当時からのメニューである、焼きビーフンが到着。一見して違いが分かるほど細いビーフンと、モヤシ・ニラ・干しエビといった具材が共に炒められている

090921_05.jpg
店外に飾られているビーフン

この細いビーフンは本場・台湾から直輸入で取り寄せているもの。店外の通りに面した箇所に現物が飾られていることからも、同店がこのビーフンに自信を持っていることが分かる。

090921_06.jpg

ビーフンが細いと他の具材と絡みやすく味も染み込み易いというメリットがある一方で、調理の過程で絡まってしまって団子状になりやすいというデメリットもある。単純な料理に見えるが、これだけ均一でムラの無い美味しさに仕上げるには熟練したテクニックが要求されるのだ。久しぶりに食べたが、変わらぬ美味しさに笑みが零れる

090921_07.jpg
店内に吊るされた自家製腸詰め

そして『麗郷』さんといえば、店内に吊るされている自家製腸詰めが名物だ。これを抜きには同店を語れない!無論こちらもオーダーした。

090921_08.jpg
腸詰め(840円:税込)

腸詰めは注文を受けてから低温の油でジックリと揚げられてから饗される。揚げたことにより発する芳香に、まずはうっとり。

090921_09.jpg

これを白髪ネギ及びパクチー(香草の一種コリアンダーのこと。中国語では香菜:シァンツァイ)と共に、辛子味噌につけて食べる。一般的なソーセージよりも肉が締まっていて、噛むほどに肉本来の旨みが滲み出る逸品。久しぶりに食べたにもかかわらず、当時の記憶がありありと蘇るという、相変わらずの美味しさだ。

さて、久しぶりに『麗郷』さんを訪れて思ったのは、私が若いころに同店を訪れて感じた妙なプレッシャーを今回は感じなかったことだ。同店の、いかにも本格的な外見・内装・メニューから発せられる雰囲気に若年のころは呑まれていたからかもしれない。ところが今回の訪問では、そうした同店の雰囲気が逆に心地よいとすら感じた。私も少し精神的に成長した…ということだろうか。

お断りしておくが、同店は決して「一見さんお断り」のような堅苦しいお店ではない。雰囲気に呑まれることなく、一度は訪れてみて欲しいお店である。






◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




posted by 只今 at 13:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 食:中華 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次
Excerpt: 09年9月21日 月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・JNN世論調査{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・政治の見出し{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3..
Weblog: 護憲+グループ・ごまめのブログ
Tracked: 2009-09-21 16:38

火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次
Excerpt: 09年9月22日  火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 何時もピント外れな論評でごめんなさい。 1・朝日新聞一面と二面{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・郵政{/arro..
Weblog: 護憲+グループ・ごまめのブログ
Tracked: 2009-09-22 17:44

みんなのプロフィールSP
ブログランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。