2009年08月04日

外川『シュクラン』の名物料理、ロシアンカツとは?

090804_01.jpg
銚子電気鉄道・銚子駅

先ごろ、経営危機を「ぬれ煎餅」の売り上げで凌いだことで話題になった銚子電気鉄道(銚電)。その始発駅である銚子から一両編成の単線電車に揺られ、6.4kmの道のりを約20分ほどで走りぬけ、

090804_02.jpg
銚子電気鉄道・外川駅

その終着駅である外川(とがわ)駅までやってきた。

090804_03.jpg
外川駅構内

そのあまりにもノスタルジックな外観・内装が逆に重宝がられ、幾度となく映画やドラマのロケに使用されている。

090804_04.jpg
シュクラン(洋食 / 外川、犬吠)

さて今回ご紹介するのは、外川駅から徒歩3分ほど、銚電の踏切そばに店を構える(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『シュクラン』さん。店名のシュクラン【shukran】はアラビア語で感謝の意を表す言葉。日本語での「ありがとう」とか「おかげさまです」に相当する。

090804_00.gif
シュクラン紹介ページ

上のサイトによれば、お店のオーナーは外洋航路の商船の船員という経歴をお持ちとのこと。その体験を生かし、独自のメニューも織り交ぜた洋食店を同地にオープン。地元の方に支持され、既に四半世紀が経過したそうだ。

090804_05.jpg
店内の様子

開店直後かつ生憎の小雨模様だったこともあり、入店時の人影は疎ら。しかし私が入店した後、近所の奥様方や学生さんらが何組か訪れていた。

090804_06.jpg
ロシアンカツ(デミソース:単品900円、写真はライスと味噌汁のセットでプラス300円。以上税込)

今回の注文は、メディアにも取り上げられたことがあるロシアンカツ。デミグラスソースとカレーソースが選べるが、基本と思われるデミグラスソースを今回はチョイス。

090804_07.jpg

ロシアンカツとは、キャベツやニンジンの温野菜を肉巻きにしてフライにしたもの。結構手の込んだ料理だ。注文してから出てくるまでに20分ほどかかっていることから考えると、予め揚げておいたものを作り置きしている方式ではないのだろう。揚げたてのフライ料理の美味しさは格別である。食べる前から期待度が急上昇していく。

090804_08.jpg

サクッとした衣と柔らかい肉の美味しさもさることながら、特筆すべきは野菜の美味しさ。野菜が不足しがちなフライ料理でタップリと野菜が取れるだけでも嬉しいのに、熱が通って活性化された野菜の甘みが、フライの衣によって外に逃げることなく、口の中にダイレクトに到達する。しかもシャキシャキした野菜の歯ごたえはキープされているのだ。野菜嫌いな子供にも受け入れてもらえそうなメニューである。

090804_09.jpg

ライスとの相性も良いのが嬉しい。近所の方はテイクアウトもされている模様だ。

外川駅周辺には海水浴場や磯釣りのポイントもある。マリンレジャーなどで訪れた際は、お試しになってはいかが?


シュクラン [ 洋食 ] - Yahoo!グルメ





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 17:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 食:洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次
Excerpt: 09年8月5日  水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・政治はテンヤワンヤ{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・政治関連{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3..
Weblog: 護憲+グループ・ごまめのブログ
Tracked: 2009-08-05 19:24

みんなのプロフィールSP
ブログランキング