2009年05月31日

中野『梅林餃子』さんの名物、扇焼とは?

今回ご紹介するお店は、駅から遠いこともあって今回ようやく訪れる機会に恵まれた…。

090531_01.jpg 090531_02.jpg
梅林餃子(中華料理 / 東中野、中野、新井薬師前)

早稲田通り沿いの、決して繁華街とはいえない一角にポツンと店を構える『梅林餃子』(ばいりんぎょうざ)さん(詳しい場所は上部リンク先参照)。最寄り駅はJRの中野駅か東中野駅、あるいは東京メトロ東西線落合駅のいずれかになるのであろうが、どの駅を起点にしても歩いて10分ほどかかる。

090531_03.jpg 090531_04.jpg
写真左:店内の様子 写真右:メニュー

お世辞にも交通の便がよいとはいえない場所に位置しており、また店内はカウンター席のみという小規模店舗であるが、同店は雑誌やムック本で餃子特集が組まれると頻繁に掲載される実力店。メニューに踊る本格的一品料理の数々を見ても、同店の実力が窺い知れる。

ものの本によれば同店のご主人は中国東北部に位置する黒龍江省チチハル(斉斉哈爾)市のご出身とのことで、餃子のみならず中国東北部の伝統的料理がいただけるのだ。

090531_05.jpg
餃子・炒飯定食(700円:税込)

いろいろ魅力的な料理があったのだが、今回は一番ベーシックな餃子と炒飯のセットを注文した。

090531_06.jpg

まずは店名にも掲げられている餃子。一見すると何の変哲も無い焼き餃子であるが、作り置きをせず、注文を受けてから餡を包んで焼き上げている。単品では5個で300円というリーズナブルな価格設定もありがたい。

090531_07.jpg

本場中国の餃子らしくニンニクは入っておらず、味の構成は肉・白菜・生姜など少数精鋭。中国東北部という寒い地方の味付けだからか塩気が強く、醤油をベッチャリと付けなくても十分に良い味がして美味しい

最初に口にしたとき、神田神保町の名店『スヰートポーヅ』さんの餃子に似た味だと感じたが、そういえば『スヰートポーヅ』さんの餃子も同じ中国東北部の大連で初代店主が学び覚えられた味であることを思い出した。

090531_08.jpg

さて、こちらは炒飯。具は小ネギ(万能ネギ)と炒り卵ぐらいというシンプルさ。

090531_09.jpg

同じく塩気は強いのだが、フンワリとした炒り卵の味わいがアクセントとなっており、全体としては優しい味に仕上がっている。

090531_10.jpg
扇焼(300円:税込)

せっかくなので単品で同店の人気メニューのひとつ、扇焼(おおぎやき ※店内メニューの表記に準拠)を追加注文した。餃子の皮よりも厚めに生成された小麦粉の皮と、餃子の餡よりも肉を多めにしていると思われる餡を幾層にも重ねて焼き上げてある。

090531_11.jpg

本体にシッカリと味があるので、何もつけずにそのまま食べられる。餃子とは一風違った食感と香ばしい風味を例えるのは難しいのだが、中華風ミートパイといったところだろうか。どこの中華料理店でも食べられそうなのに食べられない味なので、一度お試しいただきたい。

前述のとおり『梅林餃子』さんには本格的な一品料理も数多く取り揃えられている。お世辞にも交通の便が良いとはいえないが、折を見て訪れてみてはいかが?


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m




posted by 只今 at 19:20| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 食:中華 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次
Excerpt: 09年6月1日 月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・朝日新聞気になる記事・{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・公共事業・地方分担金・其の1{/arrow_r/}(ここか..
Weblog: 護憲+グループ・ごまめのブログ
Tracked: 2009-06-01 19:40

みんなのプロフィールSP
ブログランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。