2009年02月15日

自由が丘『仁松庵』(にしょうあん)さんでいただく、高品質にして良心的価格のランチ定食

諸般の事情により昨日の帰宅は深夜に及んだ。本日は朝から廃人と化しており、ベッドから起き出したのは昼近くになってから。取り急ぎ空腹を満たそうと思ったが、暫く和食を口にしていないことに気づき、無性に和食が食べたくなった。よって、あそこに向かうことにした。

090215_01.jpg 090215_02.jpg
仁松庵 (にしょうあん) (懐石料理 / 自由が丘、奥沢)

自由通りを奥沢駅に向かって進む。緩やかな上り坂の途中で脇道に入ると、古びた木戸と『仁松庵』と書かれた鄙びた木製の看板を発見することだろう(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)。ここが今回の目的地である和食の名店『仁松庵』さんだ。

いかにも値段の高そうな門構えで入店を躊躇してしまう人がいるかもしれない。実際問題、夜ともなればコース料理メインで接待にもよく使われるし、お値段も相応にハイクラス。だがランチであればリーズナブルな定食メニューも充実しているので安心して利用できる。

090215_03.jpg 090215_04.jpg
店内の様子

古木戸を開けると石畳と玉砂利、そして石灯籠が来賓を迎えてくれ、まるで京都か鎌倉あたりの高級和食店にでもやってきたかのような錯覚に陥る。若者の町、自由が丘駅周辺の喧騒とは隔離された別世界――そう、大人の空間がここにある。

開店直後だったこともあり、幸いにも人影は多くなかった。よく気の利く仲居さんによってカウンター席に案内される。注文を通した後、少し待つ。この待ち時間は、ランチメニューといっても作り置きをせず、注文を受けてから調理している証明である。もっともカウンター席から垣間見える板場の様子を観察すれば、それは一目瞭然であったのだが。

090215_05.jpg
焼き魚定食・ぶり照焼(1,000円)

冬の味覚の定番、ブリの照り焼き定食だ。ブリの照焼の他、ご飯と味噌汁、ヒジキの煮物に香の物までついてジャスト1,000円とは嬉しい限り。

090215_06.jpg

照り焼きとは食材に醤油をベースとした甘みのあるタレを食材に塗りながら焼き上げる技法のこと。タレの糖分により食材の表面が光沢――つまり照りを帯びるので、この名がある。なんと艶やかで美しいブリの身であろうか!

090215_07.jpg

じっくりと焼き上げられたブリの身は、身が締まりつつも脂の甘みが感じられ、とても美味しい。個人的には脂分でベタベタの、ただ柔らかいだけの照り焼きよりもこういうタイプの方が好み。

090215_08.jpg

また照り焼きの濃い目の味付けは、ご飯のオカズにピッタリだ。オーダーの際、相手が男性だと仲居さんが「ご飯は多めにしておきましょうか?」と訊いてくれるので、胃袋の状態と相談してOKであれば迷わず「はい!」と答えよう。もちろん女性でも恥ずかしがらずにお願いすべし。

数千円レベルのコース料理も充実している『仁松庵』さんであるが、そのハイレベルな料理を手軽な値段で堪能できるのは嬉しい限り。超人気店なのでコアタイムだと長時間待つことになるから、開店直後などを狙うのがお勧め。皆様もぜひお試しあれ。


仁松庵 [ 和食 ] - Yahoo!グルメ





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 18:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

みんなのプロフィールSP
ブログランキング