2018年08月26日

六本木一丁目『つけめん あの小宮』さんで、驚きを隠せなかったの事

勤め先で同僚たちが、つけ麺のお店が近所に新しく出来た、と話しているのを耳にした。
場所を確認しておこう、ぐらいの軽い気持ちで退勤後に向かってみたら……。

180826_01.jpg
つけめん あの小宮つけ麺 / 六本木一丁目駅神谷町駅六本木駅

テレビ東京の本社ビルでもある複合施設・六本木グランドタワー。それに隣接する商業棟・六本木グランドプラザの1階部分にオープンした(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『つけめん あの小宮』さん。

この店名を見た時、「あの『あの小宮』が出来たのか!」と驚きを隠せなかった。なぜなら『あの小宮』とは、あの有名つけ麺店『つけめんTETSU』を創業した小宮一哲(こみやかずのり)氏が新たにプロデュースしたお店だからだ。私の住まいに程近い都立大学駅にもある同店だが、近場ゆえ逆に訪問の機会を逃していた。なんという僥倖。早速入店することに。

180826_02.jpg
店内の様子

店頭の券売機で食券を購入し店内へ。コンクリート打ちっぱなしの店内はテーブル席のみで、結構な収容人数を誇る。面白いのは、食券をカウンターでスタッフに確認してもらってオーダーして席に付き、注文の品が出来たら食券に書かれた通し番号をコールされるので取りに行く、というフードコートのような仕組みを採用していること。

180826_03.jpg
つけめん+半ライス(850円+120円:税込み)

今回の注文は、お店のオススメを表す券売機左隅メニューである、つけめん。

180826_04.jpg

つけ汁からは魚介系の良い香りが漂い、

180826_05.jpg

冷水で〆られた麺は、表面のツヤの美しさに唸る。

180826_06.jpg

なお半ライスを追加しているが、その理由は後ほど……。

180826_07.jpg

つけ汁は和風のアッサリ味で、粘度の低いサラッとしたタイプ。なので、麺をつけ汁に漬けるというより、ジャブジャブと十分に浸してから啜り込むと良いと思う。麺は小麦の風味が感じられるモッチリした食感の太麺で喉越しも良く、おかげで量的に少ないわけではないのに、あっという間に食べきれてしまう。

180826_09.jpg

そして、つけ麺の食後のお楽しみといえば、つけ汁に割りスープを入れて飲み干すことなのだが、

180826_08.jpg

ここで先程の半ライスを登場させ、つけ汁を投入し雑炊風にして食べるのも乙なもの。

行儀が悪いのは重々承知だが、つけ麺やラーメンのスープって、ご飯に合うんだよね〜♪。同店の割りスープは鰹だしベースなので、それが更に際立つのだ!

皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 11:11| 東京 ☀| Comment(0) | 食:ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

自由が丘『インド食堂 ふたば』さんで人気店化の予感を覚えるの事

災害レベルの猛暑で、最近の週末は思うように外出できない日々が続いた。
そんな猛暑も一息ついたこの日、久しぶりに外食ランチを楽しもうと思ったが、疲労の蓄積により遠出はせず近所でランチを取ることに決め、向かった先は……。

180812_01.jpg
インド食堂 ふたばインド料理 / 自由が丘駅奥沢駅九品仏駅

東急東横線ほか自由が丘駅から徒歩3〜4分、同駅の南口を出て、九品仏川緑道の一本裏の通り、通称「うら通り」沿いにあるビルの2階に店を構える(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『インド食堂 ふたば』さん。

昨年秋のオープンなので、この界隈ではまだ新参。以前は別の名前のインド料理店だったと記憶しているので、経営者が変わった上で改て出来たお店のようだ。

180812_02.jpg
店内の様子

インド“食堂”とネーミングされているが、なるほど明るいトーンで纏められた内装は、本格的なインド料理店というより「インド料理も出す居酒屋・食堂」といった雰囲気。変に本格派感が無いだけ入店しやすいのは嬉しいかぎり。実際、近所のスーパーマーケットで買い物を済ませ、レジ袋を持ったままお店に立ち寄った女性もお客として来店していた。

180812_03.jpg
満腹セット(1200+ドリンクセット150+税=1458円)

今回の注文は、同店のランチメニューではハイエンドとなる満腹セット。

180812_04.jpg

複数(この日は5種類)から3種を選択するカレーに、

180812_05.jpg

サラダ・タンドリーチキン・シークカバブ(シシケバブ)・キムチのような辛い漬物(店内掲示物ではインド風キムチと表記)サフランライス、

180812_06.jpg

そしてナン(とセットオーダーのラッシー)という盛りだくさんの内容。
なおナンとライスはお代わり自由となっている。

180812_07.jpg

入店しやすいからといって侮るなかれ。物の本によれば、同店のシェフは北インドの5つ星ホテルの元シェフとのことで、味も折り紙つき。元がホテルのカレーだからかスパイシーさは控えめで野菜の甘みを中心に味が組み立てられているが、だからといって物足りない感じはまったくなく美味しくいただける。スパイスの効能で食欲が増進されるのか、疲労が蓄積して食欲も減退していたはずなのにナンをお代わりしてしまった。

まだ開店してから1年経っていないので穴場的な扱いだが、もっと多くのメディアに取り上げられて人気店化するのは時間の問題かも。皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 16:50| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みんなのプロフィールSP
ブログランキング